西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語 総監督/新房昭之

2012年10月25日 01時29分56秒 | 西京極シネマ
【声の出演】
 悠木 碧  (鹿目まどか)
 斎藤 千和 (暁美ほむら)
 喜多村英梨(美樹さやか)
 野中 藍  (佐倉杏子)
 加藤英美里(キュゥべえ)

【ストーリー】
キュゥべえと契約し、魔法少女となったさやかは、信念を貫き他人のために戦おうと決意するが、無茶な戦いに身を投じ、破滅へと向かっていく。雨の中、しめやかに行われたさやかの葬儀。うつろな目をして家に戻り、自分の部屋で一人悲しみに暮れるまどかのもとに現れたのはキュゥべえだった。さやかたちの死について冷たい口調で語るその姿に、さすがのまどかも怒りを感じる。そんなまどかの態度が理解できないキュゥべえは、自分たちと人類がこれまで共に歩んできた歴史を語るのだった。やがて、最強の魔女“ワルプルギスの夜”に挑み、深手を負ったほむらの前にまどかが現れる。一つの願いを携えてついにキュゥべえと契約することを決意したまどか。魔法少女となる者の運命を全て知った彼女は、果たして何を願い、どんな決断を下すのか…

【西京極の評価】
14歳の少女にしてやられたって感じです。そんな救済方法を思いつくなんて…ムリでしょ?と思う反面、じゃあ大人なら出来るのか?男の子なら出来るのか?…やっぱり14歳の女の子が決断するからこそリアリティがある。利害損得に縛られる大人になる前であり、かつ生命を守り、育みたいという母たり得る存在、それが14歳の少女なのでしょう。まどかの自己犠牲、ほむらのメガネっ娘などなど“萌え”要素はいろいろありますが、やはり魔法少女のシステムを論理的に構築したところが素晴らしい。どうやらこの物語は3作目も作られる様で完結していません。それゆえ現時点での評価を☆4つにしましたが、日本アニメの歴史の大きなターニングポイントになる作品かもしれません。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像/特撮 ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クタクタです | トップ | 10/25 第36節 徳島ヴォルティ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうそう (sakurai)
2012-10-30 07:26:23
中学生に託さなければならないほど、この世は情けないのか・・・と思ってしまった。
そんなことを、うちの高校生息子に言ったらば、14歳と言うその時期にしかない半端ないエネルギーが大事なんだと語られました。
なにはともあれ、こんな世界があるってのがわかっただけでも収穫でした。
三作目は見ます。

モンテは、撃沈です。最初だけでしたねえ、勢いは。
サンガは、やっぱさすがに力がありますわ。
でも、するっと上がれないのは、ニ位だと納得いかないですよね。
sakuraiさんへ (西京極 紫)
2012-10-30 20:01:29
コメントありがとうございます。

高校生の息子さんのおっしゃる通り、
14歳の女の子というのがリアリティ。
僕もこの世界観には脱帽です。
もちろん来年公開予定の新作も観ようと思ってます。

モンテ苦戦してますね。
ウチもそうですが、残り2試合全力でいかないと
目標には届かないと思います。
がんばりましょう!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★“絶望と悲しみに打ちひしがれた魔法少女たちの魂に救いはあるのか?” 人を魔女から救い幸せにするといいながらも、幼馴染の恭介が親友の仁美と付き合ったり、肉体と魂が切り離されてしまったことなどに絶望したさやかは、もう報われることのないと希望を失って...
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語」 感想 (attendre et espérer)
「かなえたい未来があった。たとえ、自分を騙してでも。」 危うくスルーは日常茶飯事。 …はい、というわけで前回に引き続き、「劇場版まどマギ」観に行ってまいりました。 今回は日中用事があったの...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語 (真・天文台)
監督:宮本幸裕 脚本:虚淵玄
[『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ 『まどか☆マギカ』と『ヘルター・スケルター』って、ちょっと似てなくない?   ・・・そのタイトルの韻のふみ方も含めて、作品の印象が・・・、さぁ。    ◇  前編(クリック!)を観てからと言うもの、頭の中で、この作品のことしか考えられないで困ってい...
『劇場版魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語』 (こねたみっくす)
だって魔法少女は夢と希望を叶えるんだから。 まさか総集編でここまで涙を流すとは思いもしませんでした。でもこれこそがこの作品の唯一無二の魅力。鹿目まどかの暁美ほむらの友 ...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語 (だらだら無気力ブログ!)
後編もとてもイイ出来だったと思う。
劇場版『魔法少女まどか☆マギカ【後編】』観てきました!【新編】の予告もあって大満足! (キャラソニ!)
どもども!Z-inです。 劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』【後編】永遠の物語が本日公開されました! 前編の失敗を踏まえ今回は前もって予約をしてきました! かなりギリギリでしたがなんとか初回に...
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』 幸せを感じる秘密 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  正義の味方とその仲間たちは、決して死ぬことはない。その思い込みを裏切って、主要キャラがあっさり命を落としていく。  敵は悪玉、主人公たちは善玉という当たり前の区別さえも、...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 (迷宮映画館)
さて、お話の続きは・・・
劇場版魔法少女まどか☆マギカ 前編・後編 (Some Like It Hot)
■「劇場版魔法少女まどか☆マギカ 前編始まりの物語」(2012年・日本) ■「劇場版魔法少女まどか☆マギカ 後編永遠の物語」(2012年・日本) 総監督=新房昭之 声の出演=悠木碧 斎藤千和 水橋かおり 加藤英美里 深夜アニメで放送され、萌えな絵柄とは...
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』をかなり前にシネリーブル池袋1で観て日本のアニメはゲロを吐くほど素晴らしいよふじき★★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★★凄いけど、向かう先はどこなのか、どこでもいいのか】    テレビシリーズ未鑑賞。 いわゆる一見さんである。 が、今回の前後編二作品は一見さん観賞 ...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語 (銀幕大帝α)
2012年 日本 109分 ファンタジー/ミステリー/アドベンチャー 劇場公開(2012/10/13) 総監督:新房昭之 監督:宮本幸裕 アニメーション制作:シャフト 原作:Magica Quartet 声の出演: 悠木碧:鹿目まどか 斎藤千和:暁美ほむら 水橋かおり:巴マミ 喜多村英...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語  (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 新房昭之、宮本幸裕 声の出演:悠木碧、斎藤千和、水橋かおり、喜多村英梨、野中藍、加藤英美里 【解説】 緻密な構成と唯一無二の世界観でファンや識者からの称賛を集め、第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を筆頭に数々の賞を受賞した深夜アニメ...