西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q  総監督/庵野秀明

2012年11月21日 23時48分40秒 | 西京極シネマ
アンノ、バカァ?!
【声の出演】
 緒方恵美 (碇シンジ)
 林原めぐみ(綾波レイ)
 宮村優子 (式波・アスカ・ラングレー)
 坂本真綾 (真希波・マリ・イラストリアス)
 三石琴乃 (葛城ミサト)
 石田 彰  (渚カヲル) 

【ストーリー】
碇シンジが深い眠りから目覚めると、そこは見知らぬ戦艦の中だった。戦艦の艦長は葛城ミサトであり、何者かと戦闘状態に入っていた。その闘いの中で死んだはずのアスカの生存を知り、喜ぶシンジ。しかし戦闘終了後、アスカから聞かされた事実はシンジを混乱させる…

【西京極の評価】
やっちゃったね、庵野サン。せっかく前作「破」で終結に向けて整えたはずのお膳立てを、まさかのちゃぶ台返し。ネルフの人間関係もすべてご破算にしてリブートですか…。期待していたマリの人間的バックボーンを描くエピソードもなく、ただ淡々と「破」で積み上げた設定がバラバラに崩されていく様を2時間たっぷり見せつけられました。「もう、何が何だか訳が分んないよ!」ってシンジくんの気持ちになります。ネタバレになるのでこれ以上は書けませんが、果たしてファイナルとなる「:||」で収まりがつくのだろうか?“:||”の“:”が単なる区切りの記号ならば“||”は曲の終わりを示す記号になるが、“:||”が一体とみればその記号の意味するところは反復記号。果たして…

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像/特撮 ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆★★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北のカナリアたち  監督/阪... | トップ | 期待の新連載! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何か (sakurai)
2012-11-28 14:15:13
起こったんでしょうかね。
噂では、大震災の影響があった!とかで、ぶっ壊した!!!なんてこともあるんでしょうか。

さっぱりとんと話の流れを把握できてなかったもので、見直したりで、話の筋がやっとつかめてきました。
もう一回見に行く気はないでしょうが、TV放映のころまで、自分の中で咀嚼したいと思います。

マリさんのバックボーン知りたいです。
なんであんな古い歌ばっかり知ってる・・・?
sakuraiさんへ (西京極 紫)
2012-11-28 20:15:24
ポジティヴ庵野とネガティヴ庵野が
一定の周期で巡って来る様です(苦笑)
以前劇場版として公開された「Air/まごころを、君に」も
かなりネガティヴでしたね。

今回の「Q」、何回観ても解らないものは解らないと思います。
ご安心ください、僕も解ってません。
考え方 (京極)
2012-12-07 01:47:51
ようやく都合を付けて鑑賞してきました。

エヴァは「序」から5年いやTV版の小学4年から長い付き合いになりますが「Q」を鑑賞して家に着いた時に悲しい涙が溢れるぐらい本当にこれ以上はネタバレになるのでかけませんが涙が出るぐらいにやらてました…
本当になんとも言えないです。
この5年間はなんだったのかですよね…

さてこの間のコメントなんですが実は過去3年間役者の勉強をしていてもうしていませんがどうしても役者目線で邦画を観てしまう癖があり純粋に楽しめなくなってしまいました。
また子供の頃から洋画一家だったので派手な演出に慣れてしまった事もあります。

アニメや特撮はすんなり楽しめるのですが。
自分としてはホント邦画を楽しめなくなった自分が残念な奴になってしまったのが残念で仕方がありません。
ただ相棒は面白いですよね今度の伊丹さんのスピンオフも楽しみです。
この間のコメントについて本当に申し訳ございませんでした。
京極さんへ (西京極 紫)
2012-12-07 23:26:20
ご覧になられましたか、「Q」。

庵野監督って
「俺はお前らオタクの期待するモンを撮ってんじゃねぇ!
 俺は自分の撮りたいモンを撮ってんだよ!」
って感じなんでしょう。
「破」でまんまと裏をかかれた訳です(苦笑)

話は変わって…
前回の京極さんのコメントにキツめのレスをつけたのは、
すべての映画を観た訳ではない個人的な印象を
一般論や総論に置き換えるのは良くないのでは、と
思ったので、そう書きましたが、それ以外に他意はありません。

「相棒」、僕は劇場版を一作だけ観ましたが、面白かったです。
TVシリーズは僕は観ていませんが、好きな人は周りに結構いますね。
トラックバックありがとうございました (iron_june )
2012-12-15 22:14:38
ちゃぶ台返しならぬトラックバック返しをしようとしましたら。
やり方を完全に忘れてしまっていたので、お礼のコメントに参りました。

「アンノ、バカア?!」
って、そういう意味ですか。もしかしなくても。

私も「何が何だかわからないよ…」状態でした。
次作も見に行く予定ではありますが、
伏線や説明なしの状況をどのくらい回収してくれるか、
怖いもの見たさ、のような気分です。
「ホビット」は、「エヴァ」に比べたら、親切な映画でした。でも、生臭さでは負けていないかも、です。
iron juneサマへ (西京極 紫)
2012-12-16 00:21:06
コメントありがとうございました。

はい、「アンノ、バカァ?!」はアスカの台詞「アンタ、バカァ?!」にかけております(^^)
ただ、それほどネガティブな批判の意味ではなく、
庵野サンに「またやられたナ」という自嘲の意味で…です。
あの方はどこかでファンやマニアを狙って裏切ろうとしますもんね。
どんな裏切られ方をしようとも、どうせ次も観るんです。

「ホビット」生臭いですか。
また3部作ですからね~。
完結まで2年半かかるみたいですもんね。

あ、もしトラックバック返していただけるのでしたら
このサイトのトラックバックPing-URL
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/3954431d6ee71a1313380e6c18d4fd0c/84
をご自身のブログの記事の編集ページのトラックバックURL記入欄にコピペして記事を更新して頂ければOKです。
トラックバックありがとうございます。 (仁那)
2012-12-16 09:25:32
トラックバックありがとうございました。
Qは意外な展開でしたね。
庵野さんらしいというか……。
仁那さんへ (西京極 紫)
2012-12-16 09:44:50
コメントありがとうございます。

庵野さんらしい…まさにそんな内容でしたね。
前作「破」があまりにもストレートなエンタメになっていたので
油断しちゃいました(苦笑)

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

38 トラックバック

[『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観た(2観目)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆一日に2回 同一作品を劇場で観るというのは、館内入れ替え制のなかった、中学校の時に見た「キャノンボール」以来だ。  今回は、朝一に観て、午後をゆっくりと過ごし、レイトショーで観た。  朝に続いて、館内は完フル状態だ。  昔と違うのは、座席の数以上の客...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (そーれりぽーと)
観る映画のジャンルの幅を広げようと冷めた目で観始めたこのシリーズ。 1作目で何も感じなかったのが、2作目は2回も劇場に足を運ぶほど面白くなって、今回の3作目は心待ちにしてました!マジで。 初日早朝の回で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観てきました。 ★★★★...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO. (こう観やがってます)
映画館とか久々だったわ。 そんなわけで感想など。 以下ネタバレありまーす。 ちなみに巨神兵はスルーします。 新世紀エヴァンゲリオン (13) 【プレミアム限定版】 (カドカワコミックス・エース)(2012/11/02)貞本 義行商品詳細を見る
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.evangelion.co.jp/ テレビ、マンガはところどころ、序と破は鑑賞済み。 タイトルの『Q』とは、『Quickening』のことで、胎動という意味だそうだ。 本シリーズは4部作の予定だから、言葉どおりなら『出会い』『恋愛』『妊娠』『出産』とい....
映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年11月20日(火)。 映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」。 原作・脚本/庵野秀明 総演出/鈴木清崇(タツノコプロ) 色彩設定/菊地和子(Wish) 美術監督/加藤浩(ととにゃん) CGI監督/鬼塚大輔、小林浩康 撮影監督/福士享(T2スタジオ) キャラ...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (Akira's VOICE)
何これスゴい。 見応えたっぷりで圧巻。  
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q/(同時上映) 巨神兵東京に現わる 劇場版 (カノンな日々)
“新劇場版”シリーズ4部作の第3弾です。最初の予告編の鮮やかな色彩の線のみで描かれたピアノの演奏が何を意味していたのかヱヴァンゲリヲン初心者の私にはさっぱりわかりません ...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (佐藤秀の徒然幻視録)
タンパク質が足りないよ 公式サイト。庵野秀明原作・総監督、摩砂雪、前田真宏、鶴巻和哉監督。(声)緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子。ヱヴァンゲリヲン完全初心者の記。まあ、19 ...
映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q YOU CAN (NOT) REDO.』 (健康への長い道)
 公開週末の興行収入記録(オープニング記録)で、『海猿』を抜いて今年の№1となった『ヱヴァQ』。『海猿』が金曜日公開で金・土・日の3日間での記録だったのに対し、『ヱヴァQ』は土曜日公開だから、2日間の記録。・・・凄い。  今日も平日だというのに、新宿バルト...
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」みた。 (たいむのひとりごと)
嫌悪感こそないけれど、良い意味でしっかり裏切ってくれた「Q」。正直な感想をいえば「新劇場版はどこへ行こうとしているのだろう?」といったところで、この「Q」は何度観ても、どんなに考えても、おそらく明確な
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 (こねたみっくす)
これぞヱヴァンゲリヲン!いやエヴァンゲリオン! いよいよ最終目的地に向けて着陸態勢に入った新劇場版シリーズ。とんでもない興奮を味わえた前2作からの期待を見事に裏切り、 ...
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」:謎は完結篇につづく (大江戸時夫の東京温度)
本日公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を新宿ミラノ1で観ました。この劇場、ヱ
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (だらだら無気力ブログ!)
もうね、何が何やら。ただ映像と音楽は素晴らしいの一言。
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 (beatitude)
『ヱヴァ:Q』観てきたよ~劇場へ足を向けたのが久々でした。10月にロイヤルバレエ中継映像観に映画館へ行きましたが、あれは映画というより舞台。9月末に行った『るろ剣』以来ですw下の娘と夕方待ち合わせて行ってきました。(ホントは学校帰り、制服でそんなとこ行っち...
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 再びディスコミュニケーションへ (はらやんの映画徒然草)
前作から3年半ぶりの公開となった「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の新作です。 初日の
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 (NAOのピアノレッスン日記)
~YOU CAN (NOT) REDO~ 2012年   日本映画   (2012.11.17公開)配給:東映       上映時間:120分総監督:庵野秀明監督:摩砂雪/前田真宏/鶴巻和哉原作:庵野秀明脚本:庵野秀明キャラクターデザイン:貞本義行メカニックデザイン:山下いくと...
エヴァンゲリヲン 新劇場版Q  感想【ネタバレ】 (明善的な見方)
見てきましたので感想 ネタバレ含む
感想:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 (穴にハマったアリスたち)
「エヴァ」だと思って見に行ったら「ナディア」だった。というのが序盤の感想。 ■ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q あれから14年後。 なんやかやでサードインパクトが起こっていた間、意識昏倒していたシンジ君。 目覚めた彼が見たのは、しっちゃかめっちゃかになった世界で...
エヴァンゲリオン新劇場版:Q (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画      ◆エヴァンゲリオン シリーズ    前作から14年後の世界でしたが   話が飛び過ぎて何だかわからないのは   エヴァンゲリオンシリーズ特有...
No.330 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (気ままな映画生活)
社会現象を巻き起こした庵野秀明監督によるオリジナルアニメーション「新世紀エヴァンゲリオン」(1995~96)を、新たに4部作で描きなおす「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ第3 ...
エヴァンゲリヲン新劇場版:Q (チキチキたきちゃん冒険記)
(2012年)やられた感満載です。置いてきぼりにされました。そー来るかー!!!!序、破、とシンジが格好良かったのですが、今回久々の鬱々シンちゃん。そらまあ、誰も何も説明してくれんし、殻に籠るわ。そんなシンジの殻を割るのがカオル君なわけなのですが、いや~...
日本映画「ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q」庵野秀明のアニメです。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆     アニメ好き ☆☆☆☆ 予備知識なしに、評判だけで見に行った。 このアニメは、すでに「新世紀エバンゲリオン」として、製作済みの作品のリビルド(再構築)版の、「ヱヴァンゲリオン新劇場版」、その2作目で、更に続編があるという。 予備...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (ネタバレなし) (青いblog)
社会情勢を反映したものでした。 難解ではなく、深く考察する必要もないほど、むしろわかりやすすぎるだけに、<後期宮崎監督>を感じてしまいました。 かつての庵野監督は、自分の問題を世界の問題とすり...
ヱヴァンゲリヲンQ (迷宮映画館)
天地真理って・・・。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (にきログ)
さて、映画を見たのは先週なんですが今更ながらに感想です 私自身はエヴァは旧アニメ旧劇場版は大学時代に1度、序・破も1回見たぐらいですね なので熱狂的なファンの人に比べたらあまり深い部分まで見ることは出来ていないとは思いますが 何だかんだ言いつつ見たので...
■ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第287回「これから彼らはどこへ向かうのでしょうか?」 この作品のブログを書くときに必ずお断わりすることがあります。私はこの作品の熱狂的ファンではありません。かつて観た劇場版のあまりの出来の悪さに「なんだ?この作品は?」と思いました。そんな作品が改めて...
ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q (secret boots)
評価点:75点/2012年/日本/120分 総監督:庵野秀明 サードは起こった。全く新しいシリーズになったことを、受け止めるしかない。 「破」から14年後、幽閉されていた碇シンジ(声:緒方恵美)奪還に成功した葛城艦長(声:三石琴乃)率いるヴィレは、ネル...
映画 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 (向う岸)
allcinema 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 シンジ君にきちんと説明していれば、全てが丸く収まったのでは。 子供に責任を押し付けておいて、彼にガキだの大人になれだの勝手なことだ。 サードインパクトだフォースインパクトだと、世界の終わりの大安売り。 映像....
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 (prisoner's BLOG)
冒頭、いつのまにかずいぶん前作との基本設定が飛躍していて、しかもシンジ君は意識を取り戻したばかりで誰が何を相手に戦っているのかさっぱりわからないまま、30分くらい戦闘が続く。ここで完全に置いてけぼりをくってしまってあとは派手な視覚効果をぼんやり眺めて過ご...
エヴァンゲリオン新劇場版:Q見てきました。 (晴読雨読)
以下、エヴァの感想ではありません。(若干あるけど) 連想、妄想です。 エヴァは、旧約聖書、新約聖書をもとにしているのは、 「使徒」などの言葉からもうかがえるけど、 「ファーストインパクト」「セカンドインパクト」など、 世界の滅亡と戦う激しい戦闘がある一方で...
映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」をやっと見た!~劇場で (David the smart ass)
あけましておめでとうございます。 今年は、かれこれ13年ぶりに年賀状を出しました。祖母が亡くなってからずっと出してなかったのですが、父の三回忌を終えて、何か心境がかわったのかもしれません。母も...
『 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 』 (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
実は 私は TV放映を 全く観ていない ヱヴァンゲリヲンの 素人です。 どこが いいのか? 何が そんなに騒がれているのか? 登場人物も 設定も 全く知らない ずぶの素人です。 ・・・ ですが 我が家の 夫や息子のファン熱に侵され 前作の 「 破 」 を 観....
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (マイ・シークレット・ガーデン vol.2)
京都議定書 やっと観に行って来ました~またレディスデーに^^v 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 2012年日本制作 企画・原作・脚本:庵野秀明 監督:庵野秀明 摩砂雪、前田真宏 鶴巻和哉 総監督:庵野秀明 シンジは一度死んでしまったのでしょうか? ・・の...
ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q あははは。。。よくわからん。。。ついてけない。。。。 (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=3】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる16本目の鑑賞、その日は夕方から妻とレミゼラブルを見るんやったけど、朝一に観た「綱引いちゃった!」と夕方のレミゼラブルの間に時間をつぶすために妖怪人間ベムの次にこれを鑑賞。 もともとエヴァは見たことがなくて....
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (墨映画(BOKUEIGA))
「二人のシンクロから 何が生まれたのか」 テレビシリーズの流れから大きくシフトしていった前作。 激動の感があり、非常によかった! その流れから、期待が高まるというもの。 しかし…。 あまりにも変化に飛びすぎて分からなくなってきた。 そして謎だらけのまま終...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO. (銀幕大帝α)
2012年 日本 105分 SF/アクション 劇場公開(2012/11/17) 総監督:庵野秀明 監督: 摩砂雪 前田真宏 鶴巻和哉 エグゼクティブプロデューサー:庵野秀明 原作:庵野秀明 脚本:庵野秀明 キャラクターデザイン:貞本義行 声の出演: 緒方恵美:碇シンジ 林原...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO (Sato's Collection)
見ました。 目が覚めた碇シンジは拘束されていた。 綾波を助けた日から14年が経過していた。しかし、そこは以前に記憶していた世界とは違ったものになっていた。 葛城ミサト、赤木リツコ、アスカ達は二度とエヴァに乗ってはいけないと言う。 真実を知るためネルフに向か....
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q TV版+巨神兵東京に現わる 劇場版 TV版 (のほほん便り)
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 」までが、雰囲気だっただけに、思いっきりぶっ飛びましたね。舞台も思いっきりワープしちゃったし、ほとんど、パラレルワールドの感。賛否両論の否の方が多かった(でも、少数派だけど絶賛派も)のも、納得いく気がしたのでした。「破」に...