西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

寄生獣  監督/山崎 貴

2014年12月14日 19時56分03秒 | 西京極シネマ
【出演】
 染谷 将太
 深津 絵里
 阿部サダヲ(ミギー:声)
 橋本 愛

【ストーリー】
海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一に寄生するが、脳を乗っ取ることができずに右手に宿る。自身の肉体にパラサイトが寄生して驚がくする新一だったが、彼をミギーと呼んで共生するうちに奇妙な絆を育むように。やがて、彼の通う高校に教師・田宮良子に寄生したパラサイトやって来る。それを発端にほかのパラサイトが次々と出現し、新一とミギーに襲い掛かる。

【西京極の評価】
岩明均の原作コミックを読んだのは…もう十数年前。イイ感じで記憶が曖昧で思い入れも薄い。そのせいか、とっても楽しめました。原作を巧く端折ってテンポアップさせ、CGと実写の馴染みも良い。そもそも『寄生獣』ってCGとの相性良さそうだし。染谷将太が巧いのはもちろんだけど、東出昌大クンのキモい笑顔が印象的。軽妙な阿部サダヲのミギーでグロ描写を中和したところも良かった。来年4月公開の完結編が楽しみです!

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像/特撮 ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆★★

余談:
ここまで巧いCG表現をされると2016年公開予定の国産『ゴジラ』の監督は…CG・白組と山監督で決まりだね、と予想してみた。

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明治天皇という人  松本健... | トップ | 予想通り »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東出君が (sakurai)
2015-01-19 10:52:15
めきめきいいですよね。
最初、こいつなんだ?と思ったけど、本人が真面目なせいか、いい役者になってきました。
話のかけらも知らなかったので、結構楽しめました。
sakuraiさんへ (西京極 紫)
2015-01-19 22:11:59
東出くん、良かったですね。
どっか一本ネジが外れた感じが。

完結編では今度は北村一樹がやってくれそうです。

ところで東出クン、
今年のNHK大河で久坂玄瑞を演ってますが、
なんだかいきなりからラブコメっぽくてヤバい感じです。
大河ドラマっぽくない…
帰省中 (iina)
2015-05-04 08:40:14
テレビに放送された「寄生獣」を見ましたが、奇抜な着想をSFXを使って映像化してました。
完結編も面白そうですね。

「今、寄生虫」 は、ホントは「今、帰省中」とした積りが誤変換でしたが、他にも次のような誤変換もあります。(^^ゞ
「取引先に行ってきます」 と 送ったつもりが 【鳥引き裂きに行ってきます】 と誤変換 。

iinaさんへ (西京極 紫)
2015-05-04 09:08:49
コメントありがとうございます。

>「今、寄生虫」 は、ホントは「今、帰省中」とした積りが誤変換でしたが、他にも次のような誤変換もあります。(^^ゞ

なるほど~(笑)

>「取引先に行ってきます」 と 送ったつもりが 【鳥引き裂きに行ってきます】 と誤変換 。

あ、そりゃ怖い…(^^;)
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2016-10-02 22:57:21
まだ完結編を観ていないので評価はできませんが
とりあえず今作が実写化できるようになった
今日のCG技術の発展は素直に嬉しく思います。

キャストの演技力にはさほど文句は無いのですが
染谷将太と深津絵里の二人が
見栄えとしてもうちょっと身長が欲しいな~とは思いましたね。
ONE OF THE BROKENサンへ (西京極 紫)
2016-10-03 21:32:30
いつもコメントありがとうございます。

>とりあえず今作が実写化できるようになった
>今日のCG技術の発展は素直に嬉しく思います。

そうですね、最近は何でも出来る代わりに、
ちょっとやそっとの映像では驚けなくなっているという事もありますが…

>染谷将太と深津絵里の二人が
見栄えとしてもうちょっと身長が欲しいな~とは思いましたね。

原作コミックのイメージには近いと思ったので
僕はその点気になりませんでした。

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事

41 トラックバック

寄生獣 (Akira's VOICE)
面白いが、性急で勿体ない。  
寄生獣 (Break Time)
今朝は、朝から雨模様で・・・
寄生獣~ミギーってスマホ? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。岩明均原作、山崎貴監督。染谷将太、深津絵里、橋本愛、東出昌大、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信、大森南朋、池内万作、豊原功補、オクイ シュージ、山中崇、 ...
寄生獣 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。人体に寄生しながらほかの人間を食らう生物パラサイトたちを相手に、そのうちの1匹を右手に宿した高校生が壮絶な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは、『永遠の0』などの山崎貴。主演...
映画「寄生獣」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『寄生獣』 (公式)を先日、試写会にて鑑賞。なお、原作も関連書籍は未読、テレビアニメも未見。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー ある晩、海辺に“パラサイト”と言う小さな...
寄生獣 (映画好きパパの鑑賞日記)
 岩明均の90年代の人気漫画を実写映画化。山崎貴監督らしく手堅く仕上げており、ホラー系が好きな人だったら見て損はしないかと思います。ただ、人を食べる生物の話なので、グロが苦手な人はご注意を。  作品情報 2014年日本映画 監督:山崎貴 出演:染谷将太、深津...
No.461 寄生獣 (気ままな映画生活)
謎の寄生生物と共生することになった高校生・泉新一の数奇な運命を描いた岩明均の伝説的人気コミック「寄生獣」実写映画化した2部作の前編。ある日、人間の脳を乗っ取って肉体を操 ...
寄生獣/染谷将太、深津絵里 (カノンな日々)
岩明均さんによる同名人気コミックを『永遠の0』の山崎貴監督が実写映画化した2部作構成のSFアクション・ムービーです。作品の存在というかこのタイトルだけは知ってましたがどんな ...
『寄生獣』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「寄生獣」□監督 山崎 貴□脚本 古沢良太、山崎 貴□原作 岩明 均□キャスト 染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本 愛、東出昌大 ■鑑賞日 11月29日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆...
寄生獣 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:山崎貴 出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、池内万作、オクイシュージ、山中崇、大森南朋、余貴美子、豊原功補、北村一輝、國村隼、浅野忠信 【解説】 1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。....
寄生獣 (2014) 109分 (極私的映画論+α)
 まさかまさかの十三大橋&阪急電車(笑)
寄生獣 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 人が未開の生物に乗っ取られ人を食べる凶
寄生獣 前編 (単館系)
寄生獣 ユナイテッド・シネマ浦和 11/29公開 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に 擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。 そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一(染谷将太)に寄生するが、脳を乗っ取ることが ...
映画『寄生獣』★〇〇的に何かと暗示的な流血パニック(>_<) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164017/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   あらすじ→ ウィキ (映画は少し異なる)     今回は“前篇“で、完結編に続きます。     ...
「寄生獣」:完結篇を早く観たい (大江戸時夫の東京温度)
映画『寄生獣』を試写会で観ました。これ、なんと前後編のうちの前編なんですよね。そ
寄生獣 (だらだら無気力ブログ!)
これ、二部作だったのか!?
『寄生獣』 (2014) (相木悟の映画評)
ついに登場、日本産ホラー・エンターテインメント、前編! 賛否両論うず巻く人気漫画の映画化市場に、屈指のクオリティを誇る一本の登場である。 本作は、『月刊アフターヌーン』他で88~95年にかけて連載された伝説の同名漫画の映画化企画、2部作の第1部だ。原....
[映画] 寄生獣 (12時間Blog)
実写版「寄生獣」を川崎109シネマズにて観て来ました 今回は山崎貴監督作品恒例の、英文字タイトルにはなっていないんですな……以前にどこかで、「寄生獣-parasite-」的なタイトル表記を見た気がしたんですが、気のせいだったかな(^0^;) 東京国際映画祭で先行公開され...
「寄生獣」、右手を寄生獣に占拠された高校生の大奮闘 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ SF青春映画&漫画好き ☆☆☆☆ 謎の寄生生物と共生することになった高校生・泉新一の数奇な運命を描いた岩明均の伝説的人気コミック「寄生獣」の映画化。(連載終結から20年が経つ、一時はアメリカに映画化権があった) 寄生生物(パラサイト...
「寄生獣」 (ゆっくり歩こ。)
待ってました! 山崎監督、VFXたくさん! 染谷将太主演 予告でいろんなシーンを観てしまったせいで新鮮味には欠ける部分もありましたが ミギーが笑えて面白かった  ペットみたいな動きで可愛い気もしてくる 寄生された田宮良子  ものすごーーく冷静で恐ろ...
寄生獣 (花ごよみ)
岩明均のコミックを 山崎貴監督が実写映画化。 2部作の前編です。 試写会で見ました。 主演は染谷将太。 深津絵里、橋本愛、東出昌大らが共演。 人間の脳を乗っ取り寄生し、 宿主に擬態。 そして他の人間を食う生物パラサイト。 脳を奪うことに失敗したその中の1匹の...
寄生獣 (映画的・絵画的・音楽的)
 『寄生獣』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)2部作の前半に過ぎないということで躊躇しましたが、まずは見てみようと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の主人公・新一(染谷将太)は、母親(余貴美子)の女手一つで育てられてきた高校生。  ある日、彼の...
「寄生獣」☆漫画実写化の成功例 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
漫画原作を実写化すると、「まあまあ」とかは存在せず、「超いい♪!」か「駄作」のどちらかになってしまうのが常。 この映画は、その中でも歴史に残るよい出来栄えなんじゃないかな。
「寄生獣」人間と融合した先で知った人間感情と誰かを守るための防衛本能と共存できると知ったパラサイト同士の弱肉強食の戦い (オールマイティにコメンテート)
「寄生獣」は岩明均原作の寄生獣を映画化した作品でパラサイトが人間の脳を乗っ取り人を食う事件が頻発し、その中で脳を乗っ取られず右手にパラサイトが寄生した青年がパラサイト ...
寄生獣 (そーれりぽーと)
劇場予告編が、あまりに原作漫画と完全に同じカットの連続で、期待が膨らんでいた『寄生獣』を公開日の朝イチで観てきました。 ★★★★ 何度も原作を読んでいる程大好きな漫画の映画化だけど、上映時間の問題を考慮した上で、ファン目線で真正面から受け止めて観ても、...
ミギーに会いに行ったのさ。ヽ(*´∀`)ノ~「寄生獣」~ (ペパーミントの魔術師)
ぶっちゃけキモい、エグい、はさっぱりわやなんですけども バイハとドラキュラだけは見るというひとが どーにかこーにかこれ見れたのは多分 ミギーのおかげ。(爆) ほとんどモンスターズインク。(;´∀`) 予告でも相当笑わせてくれたけど、主人公と会話してるシー...
寄生獣 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。謎の生物「パラサイト」が突如出現。人間に寄生し脳を乗っ取り社会に溶け込みます。その内の1匹が高校生の新一に寄生しようとするが失敗し、仕方なく右手に寄生。ミギーとして新一と共存することになり・・・。原作は読んだことないんですが面白かった...
「寄生獣」 対照的な二人 (はらやんの映画徒然草)
前日に「神さまの言うとおり」を観てしまったため、ちょっと既視感があったなあ。 最
■寄生獣 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第365回「ある一定のクオリティを維持することには成功したが・・・」 12月に入ってすぐに体調を崩してしまい、ブログを更新することができない状態でした。風邪をひくと治りが遅いのは、それだけ年を取ったということでしょうか?そんな状況に陥る前に鑑賞済みだっ....
映画 寄生獣 (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:映画館  原作はアフタヌーン誌で89年から95年まで連載されたコミック。自分は連載当時アフタヌーンを読んでいたので前半くらいはリアルタイムで読んでいた記憶があるけどもうはっきり内容は覚えてなかったです。  もっといわゆる”テレビ局系映画”のノ...
「寄生獣」 (元・副会長のCinema Days)
 退屈せずに終わりまで観ることが出来た。もっとも、本作は“パート1”であることは鑑賞前から承知していたので、これ一本で完結していなくても腹は立たない(まあ、それを知らなかったら少しはムカついたかもしれないが ^^;)。時間潰しにフラリと映画館に入って向き...
映画「寄生獣」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/12/31、109シネマズ木場。 年末の休暇を利用して怒涛の4連発でやっと最低ノルマの年間50本に到達しました。 またもスクリーン5。F列を選択。 観客のほぼ全員が成人男性でした。 **    染谷将太、橋本愛、余貴美子、国村隼、東出昌大、深津絵里...
寄生獣 (迷宮映画館)
役者ってすごいなあ~と。
寄生獣 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:山崎貴 原作:岩明均 脚本:古沢良太、山崎貴 日常は、ある日とつぜん、食べられた。 原作既読。 とはいえ、読んだのが20年くらい前になるので、記憶はうっすら。 むしろ、最近やっている深夜アニメで展開を補...
寄生獣 (銀幕大帝α)
2014年 日本 109分 ホラー/SF/ドラマ PG12 劇場公開(2014/11/29) 監督: 山崎貴 『STAND BY ME ドラえもん』 原作: 岩明均 脚本: 山崎貴 主題歌: BUMP OF CHICKEN『パレード』 VFX: 山崎貴 出演: 染谷将太:泉新一 深津絵里:田宮良子 阿部サダヲ...
寄生獣 (本と映画、ときどき日常)
監督 山崎貴 出演 染谷将太     橋本愛     深津絵里 寄生獣(パラサイド)が人の脳に入り込み侵略。 そんな中、右腕だけに寄生した寄生獣。 人間との共存…。 半寄生獣と寄生獣の戦い。 半人間と寄生獣の戦い。 人気コミックの実写版映画化。 ストー...
映画 『寄生獣』 (向う岸)
寄生獣 Blu-ray 通常版(2015/04/29)染谷将太、深津絵里 他商品詳細を見る allcinema 『寄生獣』 地上波放送で鑑賞。 思ったよりも面白かった。 父親が死別していたりと長編の原作の設定を 上手に変更して映画に収めている。 省略の仕方が上手い。 寄生生物の攻撃が...
今、寄生虫なんだ  (もののはじめblog)
           【今、帰省中なんだ】 と 送ったつもりが誤変換 。  只今、「寄生獣」公開中
寄生獣 (いやいやえん)
【概略】 普通の高校生・泉新一は人間を捕食する新種の寄生生物(パラサイト)に突如襲われた。新一の脳を奪うことに失敗したパラサイトは、右手に寄生してしまい…。 SF 原作は言わずと知れた漫画界の傑作。私も持ってて集めてましたもん。深いメッセージ性と心理...
寄生獣 (シネマ日記)
先日テレビ放映があったので見ました。原作はまったく知りません。漫画がとても面白いということで原作のファンの方はこんなんじゃない!と思った方もいるのかもしれませんが、映画(しかも前編だけ)を見た感想としては単純に面白かったです。新一染谷将太の脳を乗っ取る...
寄生獣 (映画と本の『たんぽぽ館』)
寄生か、共存か * * * * * * * * * * 連載完結から20年を経て映画化されたという本作。 公開時はパスしてしまいましたが、 すでに後編を上映中の今、やっと拝見しました。 これは、その20年前でなく、 CG技術がしっかりと進化した今になって映画化...