西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

エイリアン:コヴェナント  監督/リドリー・スコット

2017年09月15日 18時36分43秒 | 西京極シネマ
【出演】
 マイケル・ファスベンダー
 キャサリン・ウォーターストン
 ビリー・クラダップ

【ストーリー】
宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せた宇宙船コヴェナント号は、植民地の惑星に向かって宇宙を航行する。最新型アンドロイドのウォルターが船の管理を任されていたが、途中で事故が発生。乗組員たちは必死で修復作業に取り組み…

【西京極の評価】
前作『プロメテウス』がエイリアンよりもスペースジョッキーの正体についての映画だったとすれば、今作こそがエイリアン誕生の秘密に迫るお話。既知のエイリアンだけでは今更誰も驚きも怖がりもしないのでリドリー・スコットはどうするつもりなのかというのが見所。従来のSFホラーに新たにミステリーの要素を加えたって所がその回答か?内容は過去のエイリアンシリーズの見せ場の全部乗せ。(「3」と「4」はなかった事になってます…w)シガニー・ウィーバーっぽいキャサリン嬢が活躍しますが、主役はお馴染みアンドロイド役のマイケル・ファスベンダーでした。う~ん、これでもうエイリアンは打ち止めでいいかな。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三度目の殺人  監督/是枝 裕和 | トップ | グレーでいいじゃないか! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宿主 (kossy)
2017-09-16 16:58:56
いつもと違っていたのが
ヒロインが宿主にならなかったこと。
最後のコールドスリープで
やられちゃったよ~てな感じが面白かったです。
また続編が作られる余地がありましたね~
kossyさんへ (西京極 紫)
2017-09-16 17:41:29
コメントありがとうございます。

>いつもと違っていたのが
>ヒロインが宿主にならなかったこと。

わかんないですよ~。
あんな微小な胞子みたいなもので寄生されちゃうんですから。
もう寄生されちゃってるかも…

>最後のコールドスリープで
>やられちゃったよ~てな感じが面白かったです。

まあ、アレは当然の流れですよね。
むしろそうならなかったらオチがつかない。

>また続編が作られる余地がありましたね~

もうエイリアン単体では新鮮味はありませんけどね。
何かもう一工夫二工夫いるとは思います。
TBありがとうございます。 (らしか)
2017-09-17 21:59:58
エイリアンの起源ってそれでいいのか?って気もしましたが、エンタテインメント的には楽しめました。
これで打ち止めじゃなくて、なんかあと1作あるような噂も聞いています。
らしかサンへ (西京極 紫)
2017-09-18 09:34:50
コメントありがとうございます。

>エイリアンの起源ってそれでいいのか?って気もしましたが、エンタテインメント的には楽しめました。

僕はやっぱり何らかの“新しさ”が欲しかったんですよね。
今回はそれがなかった。

>これで打ち止めじゃなくて、なんかあと1作あるような噂も聞いています。

そうみたいですね。
『プロメテウス』と『コヴェナント』の間のエピソードになるらしいですが…
リドリー・スコットが監督するんでしょうかねぇ?
結構なお歳なのに元気だなぁ。
コレじゃない感が、、、 (源之助)
2017-09-18 11:40:26
TBありがとうございました。
エイリアンを作ったのはアンドロイドのデヴィッドであり、彼がおかしくなったのは多分創造主であるピーター・ウェイランドの生に対する執着...
監督的には結局一番怖いのは人間のエゴ、とでも云いたいのでしょうけど、
大多数のエイリアンファンが見たいのはコレじゃないですよねぇw
まあプロメテウスよりは楽しめましたけどw
源之助サンへ (西京極 紫)
2017-09-18 15:19:14
コメントありがとうございます。

>エイリアンを作ったのはアンドロイドのデヴィッドであり、彼がおかしくなったのは多分創造主であるピーター・ウェイランドの生に対する執着...

一作目の『エイリアン』にはそんな設定なかったんですけどね。
単純に宇宙生物の採集だったはずなのに…

>まあプロメテウスよりは楽しめましたけどw

お話としては『プロメテウス』は破綻してましたけど、
新しい試みはたくさんあったと思います。
今回の『コヴェナント』は過去作の焼き直し要素が多くて、ちょっとがっかりしたんですよね。
モンスター (iina)
2017-10-04 09:13:44
エイリアンの造形はプレデターと同様に素晴らしいモンスターです。

続々とエイリアンが世に出ると、本家本元が更に想像を膨らませたくもなることでしょう。そんな新シリーズといった印象でした。

エンタテインメント的に面白かったですが、アンドロイドがエイリアンを生み出すのは遣り過ぎではあります。でも、本作は『プロメテウス』より面白かったです。

iinaサマへ (西京極 紫)
2017-10-04 21:37:03
コメントありがとうございます。

>エンタテインメント的に面白かったですが、アンドロイドがエイリアンを生み出すのは遣り過ぎではあります。

僕もエイリアンはてっきりエンジニアが創ったのだと思い込んでました。

>でも、本作は『プロメテウス』より面白かったです。

僕は…『プロメテウス』の方が好きなんですよね~。

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事

23 トラックバック

エイリアン:コヴェナント (ネタバレ映画館)
なぜ「カントリーロード」?
「エイリアン:コヴェナント」産まれるよ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[エイリアン:コヴェナント] ブログ村キーワード “巨匠”リドリー・スコット 監督が世に放つ、シリーズ最新作。まだまだ続くよ!「エイリアン:コヴェナント」(20世紀FOX)。エイリア......
エイリアン:コヴェナント (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 最後のアンドロイドがウォルターだったら
エイリアン:コヴェナント★★★・5 (パピとママ映画のblog)
リドリー・スコット監督による「プロメテウス」の続編にして、79年製作のSF映画の金字塔「エイリアン」へと繋がるSFホラー。地球を後にした宇宙船コヴェナント号のクルーたち......
エイリアン:コヴェナント (だらだら無気力ブログ!)
いやぁ『プロメテウス』の続編だったとは。
「エイリアン:コヴェナント」@TOHOシネマズ日本橋 (新・辛口映画館)
 公開初日、夜。TCXスクリーンを構えるスクリーン7。劇場が広すぎて全体的にどの位の客入りかは不明だが、私の周りは満席、男性客が多い。
映画「エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)』(公式)を公開初日(9/15)に劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら55点にします。 なお、『エイリ......
『エイリアン:コヴェナント』 (こねたみっくす)
「カントリー・ロード」から「ヴァルハラ城への神々の入城」へ。 嗚呼、勿体無い。エイリアンの起源を描くことばかりに注力しちゃって、本当に楽しみにしていた恐怖要素が全然物......
エイリアン:コヴェナント (あーうぃ だにぇっと)
エイリアン:コヴェナント@ユナイテッドシネマ豊洲
エイリアン:コヴェナント (2017) ALIEN: COVENANT 122分 (極私的映画論+α)
 さて!生き残るのは誰でしょう?(爆)
[映画『エイリアン:コヴェナント』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画『エイリアン:コヴェナント』TVCM60秒(サッカー編) ☆・・・まあまあでしょうか?  エイリアンのスペックは、作品を重ねることに付加されていくので、もう、何でもあ......
エイリアン:コヴェナント 感想 (源之助の日記)
9/15公開のエイリアン:コヴェナントを先程(9/16午前)鑑賞してきました。 端的に言うと、、、 微妙な出来だった前作プロメテウスを見た上で"わざわざ"映画館まで見に行く(地雷を...
『エイリアン:コヴェナント』('17初鑑賞105・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月15日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。 2D:字幕版。
17-276「エイリアン コヴェナント」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
暇な手は地獄の仕事場だ  人類初の大規模移住計画により、新たな植民地となる惑星オリガエ-6を目指して2000人の入植者とともに地球を旅立った宇宙船コヴェナント号。船の管理は最......
「エイリアン コヴェナント」、エイリアン3部作の2作目 (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞) シガニー・ウィーバーさんのエイリアンを端緒として、 本作は、前作「プロメテウス」の続編。 元祖「エイリアン」のその元をたどる映画。 地......
「エイリアン:コヴェナント」Alien:Covenant (2017 20世紀FOX) (事務職員へのこの1冊)
オープニングの、ウェイランド社の社主(ガイ・ピアース)とアンドロイド(マイケル・ファスベンダー)のやりとりにすべてがこめられている。 白い部屋。スタインウェイのピア......
「エイリアン:コヴェナント」 (或る日の出来事)
ファスベンダー×ファスベンダー。
映画「エイリアン:コヴェナント」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/9/23、109シネマズ木場。 8番スクリーン。 本当は中央通路直後のE列が良かったのだが、列中央が埋まっていたので、 中央通路前のC列を選択した。 そのため、や......
エイリアン コヴェナント (Rain Rain Drops)
前から楽しみにしていた「エイリアン コヴェナント」を観た。リドリースコット監督だしなあ、とわくわく楽しみにしてたわりには情報知らずで、5年前の「プロメテウス」の続編だ......
エイリアン:コヴェナント (映画と本の『たんぽぽ館』)
人の心を持たないアンドロイドが、未知の生物と出会ったがゆえに・・・ * * * * * * * * * * さて、先に「プロメテウス」で予習もしたところで、 いよいよ......
エイリアン (もののはじめblog)
コヴェナント<THX方式> 本作のキャッチコピーは「絶望の、産声。」 エイリアンを時系列に並べると、   『プロメテウス』(2089年-2093年)   『エイリアン』 (2122年)   『......
『エイリアン:コヴェナント』『僕のワンダフル・ライフ』『スクランブル』『アナベル...... (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
ユナイテッドシネマ豊洲括りで4本まとめてレビュー ◆『エイリアン:コヴェナント』ユナイテッドシネマ豊洲10 ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★★頭が悪いのでお気......
エイリアン・コヴェナントを観た。 (マシンblog)
マイケル・ファスベンダー主演?、リドリー・スコット監督作品。 宇宙船の乗組員が、いつもどおりおバカで最高! 未知の惑星に初上陸なのに、ほぼピクニックかよレベルの装備......