西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-  監督/中村 義洋

2016年02月01日 18時59分33秒 | 西京極シネマ
【出演】
 竹内 結子
 橋本 愛
 滝藤 賢一
 佐々木 内蔵助

【ストーリー】
ミステリー小説家である私に、読者の女子大生・久保さんから自分が住んでいる部屋で変な音がするという手紙が届く。早速二人で調べてみると、そのマンションに以前住んでいた人々が自殺や心中、殺人などの事件を起こしていたことが判明。久保さんの部屋で生じる音の正体、そして一連の事件の謎について調査していくうちに、予想だにしなかった事実がわかり…

【西京極の評価】
原作の読後感がそのまま映画でも再現されています。飛び上がるようなあるいは思わず叫ぶような怖さは皆無ですが、観終わった後なんとなくゾクゾクする怖さがあります。竹内結子と橋本愛の淡々とした演技と、彼女らが取材して回る先の人たちのごく自然な対応が物語にリアリティを与えています。わずかにあるショック映像はややチープですが、それを除けば僕の期待通りの想像力に訴えるホラー映画に仕上がっています。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信長協奏曲(のぶながコンツ... | トップ | ブラック・スキャンダル  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
残穢(ざんえ)‐住んではいけない部屋‐ (佐藤秀の徒然幻視録)
リング再起動? 公式サイト。小野不由美原作、中村義洋監督。竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介、山下容莉枝、成田凌、吉澤健、不破万作、上田耕一。原作者 ...
残穢 -住んではいけない部屋- (あーうぃ だにぇっと)
残穢 -住んではいけない部屋-
「残穢(ざんえ)ー住んではいけない部屋ー」第28回東京国際映画祭 (ここなつ映画レビュー)
コンペティション作品。今年はコンペに邦画が3本も出品された。その内の1本がコレ。ホラーは嫌いじゃないジャンルなので、結構いそいそと鑑賞に行く。偉そうに言うと、よくできた作品だった。もちろん怖かったが、怖さの内容が謎解きの体で解かれて行くので、引き込まれる...
残穢【ざんえ】 ‐住んではいけない部屋‐ (だらだら無気力ブログ!)
コレはコレで結構怖い。
残穢‐住んではいけない部屋‐ (Akira's VOICE)
はい、これ震えます。  
[映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・予告編からして、恐さが尋常じゃなく思えた。 その恐怖は、驚かしの他に、心に染みる…ジワジワとくるロジック重視が感じられた。 私はホラー映画が苦手である。 でも、この作品が気になった。 一人で見るのは怖いので、甥っ子を誘う。 すると、何故か...
映画 『残穢 ―住んではいけない部屋-』 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画   子供が宙を見つめている画面は、とても怖い。   ひとりだけでも怖いのに、3人の子供が宙を見つめているのは   ホラー的に説得力がある描写だと思う。     &nb...
映画感想『残穢【ざんえ】‐住んではいけな... (見取り八段・実0段)
大きな音で驚かしたり映像ばーーんと出したりせずに、淡々と過去を辿る事で芯からゾッとする秀逸Jホラー!★★★★(5点満点)詳しい感想記事はこちら→映画@見取り八段 『残穢(ざん...
残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋− ★★★★ (パピとママ映画のblog)
人気作家・小野不由美の第26回山本周五郎賞受賞作『残穢』を竹内結子と橋本愛の主演で映画化したホラー・ミステリー。奇妙な音がするというマンションの住人からの投書をきっかけに、その原因究明に乗り出した主人公たちが繰り広げる調査の行方と、やがて明らかとなる驚愕...
残穢 ざんえ ‐住んではいけない部屋‐ (我想一個人映画美的女人blog)
小野不由美による第26回山本周五郎賞受賞の同名ホラー小説を 「予告犯」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督が映画化。 部屋でする、着物をひきづるような音。それは、はじまりにすぎなかった。 小説家の「私」に、読者である 女子大生の久保さんから届いた....
「残穢―住んではいけない部屋―」過去に起きた出来事を調べた先にみた事件に巻き込まれた人たちの過去の出来事の悲劇を知る事件簿 (オールマイティにコメンテート)
「残穢―住んではいけない部屋― 」は引っ越した部屋に何かがいるという問い合わせを受けたホラー小説家がその部屋以前の家の事を調べていくとある事件の過去に辿り着いていくスト ...
『残穢 住んではいけない部屋』を丸の内ピカデリー1で観て、心霊実話テイストの到達点だふじき★★★★(ネタバレ的) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★この年になって心霊実話テイストで長編映画を見れるなんて思いもしなかった。内部に『呪怨』を取りこもうとしている攻撃的な内容が凄い】 原作未読。 ...
残穢―住んではいけない部屋― (映画的・絵画的・音楽的)
 『残穢―住んではいけない部屋―』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)竹内結子と橋本愛が出演するというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭では、「Mさんが未だ小学生だった時のこと。九州にあるKさんの家に泊まったことがあった。小さな家だった」と、...
残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋― (いやいやえん)
【概略】 「自分の部屋から奇妙な音がする」という読者からの手紙を受け取った小説家の女性が、そのマンションに秘められた過去の真相に迫っていく。 ホラー 怪現象が起き......
「残穢 -住んではいけない部屋-」 (或る日の出来事)
そんなに直接的には怖くない。ほとんど。