西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ライフ  監督/ダニエル・エスピノーサ

2017年07月26日 23時18分19秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ジェイク・ギレンホール
 レベッカ・ファーガソン
 ライアン・レイノルズ
 真田 広之

【ストーリー】
世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。やがて地球外生命体に翻弄され、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは…

【西京極の評価】
SF仕立てのサバイバルホラー、僕の大好物です♪ストーリー展開といい、無重力を活かしたエイリアンの造形といい、ラストといい、期待通り。後半一時間はほとんど手に汗握りっぱなし。『エイリアン』第一作目と似たシチュエーションですが、当時に比べて観る側のリテラシーがアップしている分、新しい見せ場も各所に用意されていて、この手の映画はまだまだ開拓できる余地が残っているなと感じました。ISS内部の構造がイマイチ把握出来ないのが難と言えば難ですが、その分日本代表・真田広之が存在感アピールしているのと、いつもなら悪人・変人役のジェイク・ギレンホールがイイ人役を巧く演じていたので高評価です。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像    ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ... | トップ | あなたの人生の物語  テッ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宇宙飛行士 (kossy)
2017-07-27 05:19:07
国際宇宙ステーションの日本人宇宙飛行士といえば、
若田さんとか思い浮かべますが、
もうかなりの日本人が参加してるんですね。
真田広之という日本人がいる状況も、
かなりリアルな設定なのかも・・・
kossyさんへ (西京極 紫)
2017-07-27 20:07:23
いつもコメントありがとうございます。

最近のハリウッド映画には中国資本が入っているせいか
やたらアジア人といえば中国人が起用されてましたから
久し振りに日本人俳優、それもきちんと英語で演技できる
真田広之が起用されてて嬉しかった。

今回は無重力表現はワイヤーだったらしいので
元JACの真田さんはお手の物だったみたいですね~

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ライフ (ネタバレ映画館)
火星人といえばやっぱりタコだろ!タコ!
劇場鑑賞「ライフ」 (日々“是”精進! ver.F)
生命体の生存本能、恐るべし… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201707080000/ チャイルド44 森に消えた子供たち [ トム・ハーディ ]
ライフ(Life) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 「デッドプール」のライアン・レイノルズ、「サウスポー」のジェイク・ギレンホール、「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」のレベッカ・ファーガソン、「ウル......
「ライフ」、火星から採取された生命体が突然暴れだして、SFサスペンス映画! (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞) 宇宙映画好き ☆☆☆★ PG12 グロい画面も 世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結、火星で採取された地球外生命体の細......
ライフ (セレンディピティ ダイアリー)
ジェイク・ギレンホール主演。国際宇宙ステーションという密室内で、火星で採取した未知の生命体と格闘することになった宇宙飛行士たちの恐怖を描いたSFスリラー。「デンジャラス......
映画「ライフ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/7/9、109シネマズ木場。 7番スクリーンは121席と木場では下から3番目。 どのスクリーンでやるかは、劇場支配人の「読み」とが垣間見れて面白い。 * ジェイク......
「ライフ」 (ここなつ映画レビュー)
極めて王道を歩むSF作品。宇宙船内からラストに至るまで(と言っても作中ほぼ9割が宇宙船内での話なのであるが)、正しいSFを見せていただいたという気持ちになる。そしてもしかし......
『ライフ』 カルビンによる殺人劇場 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 監督は『チャイルド44 森に消えた子供たち』などのダニエル・エスピノーサ。  キャスト陣はジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズなどと結......
ライフ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『デンジャラス・ラン』『チャイルド44 森に消えた子供たち』などのダニエル・エスピノーサがメガホンを取ったSFスリラー。国際宇宙ステーションを舞台に、火星で発見された生命......
「ライフ」:後味わりー (大江戸時夫の東京温度)
映画『ライフ』は、ベン・スティラーが世界を旅する作品じゃなくてですね、ありていに
『ライフ』を109シネマズ木場7で、『銀魂』『パワーレンジャー』をユナイテッドシ...... (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
◆『ライフ』 ▲この酸素スティックがオタ芸で振り回す棒みたいである。 五つ星評価で【★★★★嫌いになれない】 「そんなんおかしいやろ」 「あほちゃうか」 みたいな物を......
「ライフ」☆6人の侍 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
たった6人の密室劇。 6人全部が主役。 特に近年、中国寄りだったハリウッドも、ここはどうしたってサムライ真田広之の起用が必須だったわけね☆ かなりの存在感で見事な英語を......
ライフ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(P) 自己主張しないジェイク・ギレンホールに映画もそれなり。
ライフ (だらだら無気力ブログ!)
見応えあって面白かった。
17-219「ライフ」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
やつは生き残るために俺たちを殺す  国際宇宙ステーション(ISS)では、473日間も滞在しているアメリカ人医師デビッド・ジョーダンをはじめ6名の宇宙飛行士が活動していた。 ......
「ライフ」 (prisoner's BLOG)
「エイリアン」みたいに密閉された宇宙船の中で宇宙生物に人間が追われる恐怖を描く作品だけれど、「ゼロ・グラビティ」ばりの無重力状態の描写を絡めたところが視覚的に新味、ふ......
ライフ (風に吹かれて)
その生命体を隔離せよ 公式サイト http://www.life-official.jp 監督: ダニエル・エスピノーサ  「デンジャラス・ラン」 「チャイルド44 森に消えた子供たち」 世界各国から
『ライフ(2017/アメリカ)』('17初鑑賞76・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 7月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:40の回を鑑賞。 字幕版。
【映画】『ライフ』そいつを地球に持ち帰ってはヤバい (アリスのさすらい映画館)
ライフ(2017)アメリカ 原題:Life 監督:ダニエル・エスピノーサ 脚本:レット・リース/ポール・ワーニック 出演:ジェイク・ギレンホール/レベッカ・ファーガソン/ライア......
ライフ(2017) (映画的・絵画的・音楽的)
 SFの『ライフ』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだなと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、星がたくさんある宇宙空間を小さなカ......
ライフ(2017)**LIFE (銅版画制作の日々)
 人類の夢も未来も砕かれる その<生命体(ライフ)>は 人間を餌に進化する――。 MOVIX京都にて鑑賞。よくあるパターンですが。生命体は結構リアルでした。そのあたりは上手......
LIFE (かこぶろ。)
宇宙ステーションの窓から見える宇宙の風景以外は、全てがセットで作られていて 船内の装置やコンピューターもちゃんと反応するので、役者はどのスイッチがどう反応するのか全部......