西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

エル ELLE  監督/ポール・バーホーベン

2017年09月29日 22時40分12秒 | 西京極シネマ
【出演】
 イザベル・ユペール
 ロラン・ラフィット
 アンヌ・コンシニ

【ストーリー】
ゲーム会社の社長を務めるミシェルはある日、自宅で覆面の男性に暴行されてしまう。ところがミシェルは警察に通報もせず、訪ねてきた息子ヴァンサンに平然と応対する。翌日、いつも通りに出社したミシェルは、共同経営者で親友のアンナと新しいゲームのプレビューに出席する。

【西京極の評価】
久々に観るバーホーベン監督作。底意地の悪い映画を撮らせれば右に出る者なしのバーホーベン。ただのレイプ・リベンジ映画な訳はないと思ったら案の定。レイプは単なるプロローグ。そこから出てくる、出てくる、人間の汚い裏の顔のオンパレード。こんな流れでどんなオチがつくのやら…と思っていたら…あ、これ以上はネタバレになるので言えない、言えない。イヤミス好きの方なら楽しめるハズ。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進コロコロ・・・ | トップ | ドリーム  監督/セオドア・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
エル ELLE (あーうぃ だにぇっと)
エル ELLE@有楽町朝日ホール
「エル ELLE」:ハネケほどの毒はなくて・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『エル ELLE』は、久々のポール・バーホーヴェン監督作。でも現在79歳の人
エル ELLE (Some Like It Hot)
■「エル ELLE/Elle」(2016年・フランス) 監督=ポール・バーホーベン 主演=イザベル・ユペール ロラン・ラフィット アンヌ・コンシニ シャルル・ベルリング ●201......
「エル ELLE」☆正しい隣人の愛し方 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
原作が凄いのか、監督が凄いのか、女優が凄いのか… 確かに言えるのは、フランス映画なのが成功のカギだったことと、このミシェルを演じたイザベル・ユベールの醸し出す雰囲気が......
ネタバレ感想「エル ELLE」 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ハラハラドキドキ、どうなるのか?と、サスペンスを楽しませてもらったけど、見終わってみると、???な映画でした。
「ELLE」 (ここなつ映画レビュー)
イザベル・ユペールが凄い。どう凄いかというと、どうもこうもなく凄い。それでは身も蓋も無いのでこう言おう。強い女…だがしかし常に芯の部分では孤独にしか生きられなかった、......
ショートレビュー「エル ELLE・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
彼女の本当の姿とは。 予告編から期待したものを、良い意味で裏切られる。
 覆面男に襲われたた主人公が、犯人を探し出そうとするうちに、周りの男たちが怪しく思えて疑心暗鬼......
『エル ELLE』 倒錯した精神性 (Days of Books, Films )
Elle(viewing film) ポール・ヴァーホーヴェン監督の悪女ものとい
「エル ELLE」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:ELLE)物足りない出来だ。監督がポール・ヴァーホーヴェンだから、もっとエゲツなく、もっとセンセーショナルに盛り上げて然るべきだったが、彼もトシを取って丸くなっ......
エル ELLE (ネタバレ映画館)
ココアのバンホーテンと間違えやすい
エル ELLE (rambling rose)
独り暮らしの自宅で覆面男に襲われたミシェル。その後、何事もなかったかの様に振る舞う彼女の元に犯人からと思われる不気味なメールが届き・・