やあよのブログ

コツコツと詩を書いています。楽しく読んでいただければうれしいです。

恥ずかしいけど純情

2017-07-27 10:06:16 | 日記
はじめて 逢ったときは キミから
「オジサン、オジサン」と クスクスと からかわれた

キミのほうが 年上なのに 可愛い笑顔
若い身体に チラチラ 胸元に脚に 目が行っちゃう

初対面 キメてきたのかな シフォンのオーガンジー
ティアードが 揺れてる 花柄の 綺麗な スカート

今まで ろくに 恋したことが なかったなんて
自分でも 信じられない モテないね 僕
遅くに 出逢った キミが初恋 過去が 消化される
ただ 愛してる 愛してる キミの 可愛さに
いくつになっても 男はコドモ 恥ずかしいけど純情

いくつになっても 男はコドモ 恥ずかしいけど純愛

キミの愛を 信じたい いつまでも 変わらない愛を
僕だけを 見つめてて すべてのことから 守るから
他の男に 抱かれても キミは 必ず 帰ってくるさ
この恋は 必ず キメる 僕の 恋愛の 初勝利
キメてやる

キメてみせる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷たい夏 | トップ | 女の子の素顔 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。