Mr.トレイルのオーディオ回り道

「音質アップ」を目的として、
システム全体の「基礎的項目の見直し」に、
重点を置いて試行錯誤や実験をしています。

「音数」(情報量)を増やして嫌な事はない

2017年02月22日 | ピュアオーディオ
ケーブル類の「伝送ロスの極小化」をして来て「嫌な音」を感じたことはない。それよりも今まで聴けなかったサウンドが出て来て、音の表情が豊かになって来る。こうなると「その場を離れたくなくなる」と云う欲求の方が強くなる。そうなると当然食事も忘れて聴きまくりたいと云う事になる。こんな経験も有って良いのではないか?

「情報量が増える」と云う事は、ハイスピードなサウンドでも有る。音楽は「時間の芸術」とも言われている。そうなると当然再生装置も「瞬時に情報量の増減に対応」出来なければならない。情報量が少ない時は少ない音で、多い時は多い音で再現してくれなくてはストレスが出て来る。情報量が多いと音のヌケ・キレ・ノビをストレスなく感じる事が出来ると思う。

「録音したその場の雰囲気」が再現される訳で「リアル」でも有ると思う。「暗騒音」も録音中に誰かが席に座ればきしむ音や立てば椅子がカタンと鳴ったり、咳をすればその咳が聴こえる。それらが「臨場感」に繋がっていると思う。

「情報量」を増やすために「低抵抗」と「ケーブルの断面積」が重要と云っているがそう単純な事ではない。例えば「低抵抗」にしたいなら希少金属類を使った高価な材料を使う必要が有る。しかし、そんな希少金属を「線材」にしている処は少ない。買える価格でと云うなら銀線ぐらいまでが限度だろう。

「断面積」を増やしたいなら「太い単線を集めて」作れば良いが、周波数特性的に「低域オンリー」な特徴を持ってくる。これに音色を合わせた「撚線」を組み合わせて中域や高域の再現を出来る様にすればかなりのハイグレードなケーブルが出来る。実際私はそうやってケーブルを組み合わせて作っている。

ケーブル材のメーカーでも音の傾向が違う。自分は「質感」である特定のメーカー製だけを使っている。そのメーカーの線材は材質が違っても「音の鮮度」と「微粒子」のサウンドを出してくれる。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私のケーブルについての考え方 | トップ | ソース機器の変遷 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
情報量を増やして (蓮華)
2017-02-22 13:47:41
元CD音源から 何%スピーカーから出せるかで 
音が良くなるのであれば
CDはDSDで最大限で10倍膨らませて吸い出せます
HDDにコピーして そこからデジタル出力すればミキサーにしろプリアンプにしても かなりの情報がパワーアンプに伝わります。そこから 適当なSPコードで音を出せば
豊かな音楽になります。
簡単に言うと ダムの水が家庭に 送らせているようなもの 砂漠からは来ない
情報量 (しき(トレイル))
2017-02-22 15:07:54
蓮華様 コメント有難うございます。

「CDはDSDで最大限で10倍膨らませて吸い出せます」が私には理解できません。エネルギー不変の法則から外れています。

ダムの水は電気回路の説明によく使われる事例ですね。
DSD (蓮華)
2017-02-22 17:13:30
DSD変換は私も内容は把握してないです
でも 作ると10倍位のHDDにファイルが出来ます
多分元情報の空き部分を何らかの方法で埋めて音が
歪まない用に仮想してるのかも知れません
でも 吸い出し時 元音源の10倍で出せてるのですから
みんなで渡れば怖くない式で、何割かは失われますが
届く率は高まるでしょう。多分マスター音源は CDの100倍は有るでしょう ならば 大きい方が 良いに決まってます。PCは不完全ですが、耳にはそれなりに聞こえます
DSD (しき(トレイル))
2017-02-22 18:30:07
蓮華様 再コメント有難うございます。

DSDはまだ出て来たばかりで、規格等もはっきりしていませんので、標準化されてから使う様になると思います。

以下のURLに「DSDとは?」で出ています。
http://www.phileweb.com/review/article/201503/06/1551.html

自分が良ければ使ってもいいのでは有りませんか? 私は現状では使いません。
情報量 (かべ)
2017-02-22 18:55:50
いつも楽しく拝読しております。録音方式(テープ、PCM、DSD)に情報量は依存します。その後の再生処理で情報量が増える事は有りません。どの様な方式でも変換ロスを最小限にするのがかオーディオ的アプローチだと思います。ただケーブル等は情報を減らすなら良いのですが(良くないか!)おかしな情報を付帯させてしまう物がある為これが厄介。正確であろうが間違いであろうが情報自体は増えるのでその判断にはやはり経験が必要でしょう。
情報量 (しき(トレイル))
2017-02-22 19:07:20
かべ様 コメント有難うございます。

かべ様の仰る通りだと思います。元データから伝送すれば必ず「伝送ロス」が発生します。

余計な音をわざと付帯させるような事は避けたいですね。
年齢と耳 (westernフリー区)
2017-02-22 22:23:37
情報量も確かに大事ですが…
年齢と共に聴覚は衰えていきますね。これは仕方ないことです。
少し前に耳鼻科で、聴覚テストをしてもらいました(しなきゃ良かった)
みなさん。聴覚テストは止めたほうがいいですよ。
結果を聞いて愕然とします。
まさか、補聴器つけて、オーディオ三昧なんて…
まあ、ほどほどが一番ですよ。
ほどほどが。何事も。
足るを知る (しき(トレイル))
2017-02-23 09:41:49
westernフリー区様 コメント有難うございます。

現在は「足るを知る」境地まで来ました。ここまで来るまでのあがきをブログに書いています。

ある一定のグレードまで上げなければ「足るを知る」事は出来ません。今後はのんびりとやろうという処に来ています。

オーディオ自体「終点の見えない」自己満足な処が有りまっすので、自己満足できる処まで来れば良いのです。「中庸」の理性も必要です。
むずかしいですが (westernフリー区)
2017-02-23 11:35:31
私の機器は、ほぼ、westernelectric系で纏めてます。
帯域が狭く、人の声が聴きやすいからです。
聴力検査の話をしましたが、実は左右の聴力も差が出ていました。
正直、ショックでしたね。
最近は、ステレオも止めてモノラルばかり聴いてます。
その方が気楽で、楽しめます。
これは、誰もがいつかは通る道です。
聴力 (しき(トレイル))
2017-02-23 12:01:26
westernフリー区様 再コメント有難うございます。

WEは電信・電話~トーキーの時代のオーディオ黎明期のメーカーですね。当時は「声」をより明確に正確に届ける事を優先されていた時代だったと思います。その為の投資金額やそれで得た技術は凄い物が有ったと思います。

歳を重ねるごとに人間は「老化」していきますので、いつかは「聴覚」も衰えて行くと思います。実際に息子と試聴をしますと「聴こえ方」が違う様な感想を述べます。恐らく高域端の聴こえ方が年齢で違っているのだと思います。最近はサブシステムの20㎝フルレンジユニットがお気に入りです。多分周波数特性的に上も下も伸びていないのだと思います。聴き易いですね。

コメントを投稿

ピュアオーディオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL