Mr.トレイルのオーディオ回り道

「音質アップ」を目的として、
システム全体の「基礎的項目の見直し」に、
重点を置いて試行錯誤や実験をしています。

私の目指すサウンド

2017年04月24日 | ピュアオーディオ
私の目指すサウンドは、一貫して「生演奏の雰囲気のあるサウンド」を目指しています。何処に行っても「電気仕掛けのサウンド」を感じてしまいます。サブシステムやサブサブシステムでは、私のシステムでも「電気仕掛け」のサウンドだと思います。

「生演奏の雰囲気のあるサウンド」とは「ただの音」です。普通一般に皆が会話したり、外界の騒音を聴いている、太鼓が面前で轟いている・・・そんな自然の音を出したいと願っている。ただの音はとてつもなく情報量が多い。又ダイナミックレンジも大きい。風圧を出すために振動板の面積もいる。

エネルギー感のない音の時にはエネルギー感が無く、音数が少ない時は少なく、多い時は多く・・・とその時のソースの状況で「自然」に聴こえる様なサウンドを目指している。

「電気仕掛けの音」は情報が多くても少なくてもお構いなしにある一定のエネルギーが出ている。情報量が少ない時は何とか対応できるが、情報量が極端に多くなると頭打ちになってしまう。太鼓でも目の前でたたかれると「風圧」を伴って聴こえてくるものです。シンバルもバチで叩けばその振動が鎮まるまでは音が出て来る訳で、それが一瞬で止まってしまう様なサウンドでは「自然の音」に近いとは言い難い。太鼓の音等「風圧」に音が載って聴こえているのに風圧を感じず音だけが聴こえるのも「自然な音」とはかけ離れている。

だからと云って、メーカー純正品にその様な性能を持ったスピーカーなど在りはしない。そうなると当然自作で挑むしかない。しかし、個人の知見や資金力、作業力・時間には自ずと限界が有る訳で、100%達成はまず無理な話。個人でやる以上、家庭の事情にも配慮しながら、家庭で混乱を引き起こさない様に務めてやらなければならない。でなければ持続する事は難しい。我慢する所は我慢してステップアップを図る準備だけはして置く必要が有る。

「ローマは一日にして成らず」・・・ですね。少しづつ自分の求めるサウンドに近づけて行く努力をしていくしかない。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JBLのユニットの音質 | トップ | 落ち着いたらMD機の音質比較... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スゴいですね! (森林浴)
2017-04-24 12:22:52
具体的にどのような音質アップをされてるんですか?
スゴい興味があります。
ブログの掲載されている、オリンパスが映ってる写真はサブ?サブサブ? システムでしょうから、メインシステムの写真が是非、見たいです!
パラゴン? ハーツフィールド?
わくわくしてきました!
ご期待に沿えず・・・ (しき(トレイル))
2017-04-24 12:51:01
森林浴さん コメント有難うございます。

ご期待に沿えず申し訳ありません。現在のメインはオリンパスシステムです。
他にRCA箱D130×2+#375HL90他のシステムとSP-707J+HL89他のシステムを持っています。それぞれ別の処に在ります。
全て同じ対策を施しています。ただ対策内容は控えさせていただきます。あまりにも多岐に判りますので・・・。
メールしました (SEED)
2017-04-24 21:37:16
よろしくお願いいたします
返信しました (しき(トレイル))
2017-04-24 21:56:42
返信を2通しました。

コメントを投稿

ピュアオーディオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL