Mr.トレイルのオーディオ回り道

「音質アップ」を目的として、
システム全体の「基礎的項目の見直し」に、
重点を置いて試行錯誤や実験をしています。

お宅訪問でまず聴くポイントは?

2017年05月06日 | ピュアオーディオ
最近はネットが繋がったおかげで「お宅訪問」でオフ会をされる方が増えています。自分でシステムを作って、そのサウンドグレードがどの辺にあるのか?や、もっと良くする為には何が足りないか?・・・等、サウンド向上の為に行かれる方や、使ってある機器の方に興味が有って、実物を見てみたい・・・とか・・・。その人、そのタイミングで目的はそれぞれだと思います。

自分の場合は「ある音のグレード」をまず真っ先に確認します。音のバランスがどうのや、使っている機器がどうの・・・とかは後回しです。私の真っ先にチェックする内容は「そのシステムの出来」を決定付けるポイントです。

そのポイントを良くする為にはやる事が決まっています。(方法も色々有るので一つとは限らない)けっして「メーカーオリジナル」の状態では「出せない」・「出ない」サウンドです。さて何でしょうね?。そこが良くなくては決してサウンド自体のグレードが上がらない処です。その要因が音にすぐに出て来ます。私は真っ先にその音を確認します。多分色々なメーカーの研究者も判っていない事かも知れません。一般的なシステムでは「出ない音」でも有るからです。しかし「自然の雰囲気の音」にするには非常に重要なポイントです。

私のシステムでもCDラインが最も優秀で、MDやチューナーラインではグレードが下がります。対策のレベルが違うので致し方ない事です。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« システムを完成させるまでが... | トップ | 感じることは出来る »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最高峰 (レインマン)
2017-05-06 10:35:45
当方での最高峰ラインはTELEFUNKEN M15 マスターテープラインですね。
コンパクトディスクは・・・
余り誉められたものじゃありませんね。
SP盤のmonauralが百倍いいと思います。
ソースの種類 (しき(トレイル))
2017-05-06 10:53:19
レインマンさん コメント有難うございます。

別にソースの音を云々している訳では有りません。たまたまソースラインで差が有っただけの事でその理由も当然分かっています。同じ対策をすればグレードは揃えられます。

どんなソースも比較すればメリット・デメリットが出て来る筈です。モノラルSPの良さも判りますが、録音時間が5分程度では音質以外の面で不具合も多いです。

CDも「対策」や「技術」次第でかなり変わります。メーカーオリジナルでCDを聴くなら当然グレードダウンするでしょうね。

コメントを投稿

ピュアオーディオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL