Mr.トレイルのオーディオ回り道

「音質アップ」を目的として、
システム全体の「基礎的項目の見直し」に、
重点を置いて試行錯誤や実験をしています。

DN-H4600Nの取り扱い進捗 その2

2016年09月18日 | ピュアオーディオ
今日は1時間ほど触れる時間が出来たので、いろいろ触って見ました。「IN PUT」がデジタルでしたので「入力」不具合で録音出来ませんでした」が前回までの進捗



今日は入力をデジタルからアナログに変更が出来、実際にインジケーターがステレオで動くことを確認しました。モニター画面の一番上の2本のインジケーターが緑色で動いています。4chのマシンですので、ステレオの場合、上2段になります。



CD1枚分をCFカードに「録音」して見ました。無事に「録音」は出来たみたいですが、「再生」が出来ません。OUT PUTとボリュームレベルがおかしい?様だ。



このマシンのSW類の反応は非常に「とろい」のです。今まで使って無かったので接点が悪く反応が鈍いのか?元々のSWやソフトが鈍いのか判りませんが、いずれにしても反応が遅い。

触るに付け、どうも「SET UP」の頃がどうも鬼門の様だ。SWの反応が鈍い事とどうやったらセットアップで項目毎に変更出来るのか?が分からない。ボタン類も数が限られているので、なかなか思う様にセット出来ません。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 非回転系のメモリーを使った... | トップ | DENON DN-H4600Nで初めて録音... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピュアオーディオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL