Mr.トレイルのオーディオ回り道

「音質アップ」を目的として、
システム全体の「基礎的項目の見直し」に、
重点を置いて試行錯誤や実験をしています。

JBL#4311BWXがやって来た

2017年07月14日 | ピュアオーディオ


先日、某オクでつい落札したJBL#4311BWXが入荷しました。外観は綺麗との事であったがイマイチですね。40年前の製品に外観の綺麗さを求めるのは酷か?・・・長い間使ってなかったのか?おかしなバランスで鳴らしてあったのか?左右の音量バランスが狂っています。取り敢えずの「音出し確認」です。



ユニットはスコーカーが片側コーン破れを修理して有ります。おまけにセンタードームが潰れています。これは、予備機が有るので交換すれば良いでしょう。エンクロージャーも片側は、私も経験した「運送トラブル」の為と思われる傷が有ります。余りにもそっくりな傷です。これも修正して有りますが、完全補修は出来ませんね。

サランネットは前オーナー手作りのモノで、触っただけでぐらぐら壊れてしまいそうな代物でした。こちらは前回の純正予備サランネットが有りますので即交換しました。一応見てくれ的には何とかなります。



サブシステムのアンプ群です。D208システム用にサトリのアンプを当て、#4311用に管球プリ+SONY SRP-P2070を当てました。SPケーブルが無かったので、前回テストしたスーナーケーブル(青紫色)に急遽Yラグを半田付けし当てました。

しばらくはこのままFM放送を流しっ放しにして、「目覚め」させましょう。少なくとも左右の音量バランスが取れるくらいは・・・。(現在はプリアンプのバランスで対応) 
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自宅システムでアナログプレ... | トップ | やはり2段積み上げは怖い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピュアオーディオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL