西のつぶやき

日々考える事

通常国会終了

2017-06-18 11:18:52 | Weblog
6/18
 本日で、2017年の通常国会が終了した。冒頭では、安倍首相が、法案の内容を丁寧に国民に説明して…と余裕のスタートであったが、その後、様々な問題、議員の失言が続き、首相自身も真っ青の国会終盤。

 その審議中で様々な疑問点は明らかとされず、公文書の存在がいかに適当にされているか、また官僚や国会議員が安倍さんのほうにしか向いていないことが、明白となった。それに逆らった通報者は、トカゲのしっぽ切り、いやこれから弾圧を受けていくことになるのではないかと想像される。

 とどのつまりが、共謀罪法案の強行採決。しかも考えられないような委員会中間報告などという手段で・・・。
 日本という国は、民主主義の模範の国ではなかったのか。平和を実現するために世界をリードする国ではなかったのか。小中学校の義務教育ではそのように教えられ、子供たちもそのことをしっかり受け取り、平和大使やいじめ撲滅の行動をしっかりと実践している。

 しかし、国民の代表者が集う国会では、核拡散防止条約も批准しない、原発削減にも消極的、地球温暖化防止協定からも撤退。国連の特別委員からの警告も無視。政府は北朝鮮国や韓国、中国を批判しているが、日本政府そのものが、世界から、指をされるような国になっていることに危機感を感じる。

 選挙の結果といわれれば、それは認めなければならないが、そうであるならば、今後の選挙で、安倍一強体制を止めるために、選挙で勝たなければならない。今は、有権者も怒りをもっていると思われるが、時が経てば、忘れてしまうのだろう。先日は、共謀罪法案成立を受けて廃案に向けた集会を開いたが、これからこのような地道な活動を続けていくことが、私たち政治に携わる者の責務だろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪は成立するのか | トップ | 6月議会終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL