西のつぶやき

日々考える事

訃報

2017-04-27 12:34:06 | Weblog
4/26
 昨日、元熊本市議の東美千子様が急逝され、葬儀が実施された。
 先生とは、11年前の、私の初めての選挙の時に、県議は西 市議は東の西東コンビで選挙活動を行った中だ。

 すでに1期を経験していた東さんの、選挙活動のアドバイスは、初めてで何もわからない私にとって、姉貴のような、本当に頼もしい方であった。ダブル当選を果たし、4年間、ともに議会活動をさせていただいた。
 次の選挙では勇退をされたので、コンビは解消となったが、選挙の応援を強力にしていただき、あと二回の私の選挙も当選に向けて力強い声援を頂いた。

 豪放磊落、そしていつも市民目線で、地域の方に頼りにされており、議員を辞めた後も、自治会長、保護司を務められていた。いつも前向きで、ビールがとりわけ好きだった亡き東先生の笑顔が、今でも目に浮かぶ。
 今年の正月には、私の前任の田上県議がお亡くなりになった。いずれもあまりにも若い旅立ちである。

 熊本地震で混乱していたものが、ようやく落ち着きを取り戻しつつある中、大事な方が先だたれることは本当につらい。鶯のさえずりが気持ちの良い、初夏を迎えつつある庭のピンクに咲き誇るつつじを眺めながら、ただただ故人への冥福を捧げるのみである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

震災後1年

2017-04-16 20:16:07 | Weblog
4/16
 本日は熊本地震本震が発生してちょうど一年。
 去年の今日は、本当に大変な一日であったことが、思い起こされる。

 巨大地震が発生したことにも驚いたし、ご飯と水が手に入らない現実に、東日本の震災が今目の前にあることに、信じがたい現実を感じた。
 しかし、県民みんなが、それぞれに歯を食いしばり頑張ったこと、そして、日本はもとより世界各国から多大な支援も受けたことで、本当にスピード感かある復旧復興が進められた。
 結果、熊本の経済は過去にない好景気となっている。

 でも、多大な被災を受けた方が、満足しているかといえば、それはない。追悼式典が行われるここ数日の中で、ずっと苦しみから逃れられない方や、これからの不安に、自らの命を絶った方の報道もあった。
 最後まで、被災を受けた方に寄り添うということは、口で言うほど簡単ではないことは十分理解しているつもりだ。だけど、一歩一歩しかやるしかないと思う。

 今日は地元の消防団で、復興を祈念して地元の神社に祈願祭を行った。今朝の澄み切った春の空気は一年前の惨状がうそのような感覚を覚えたが、もう二度とあのような地震が起こらないことを祈るとともに、地域を守るための消防団の使命を改めて肝に銘じる日となった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本高校入学式

2017-04-10 17:31:07 | Weblog
4/10
 今日から小学校の始業式。朝から久しぶりに、横断歩道での旗振りを行った。いつもの3名のメンバーで、「今年も頑張りましょう」とお互いに激励。
 子供たちは集団登校なので、少し遅めの登校(集団登校でないときには、7時ごろに登校をする子供が結構います。集団登校だと7時30分ごろから、登校が始まります。)
 12日は小学校の入学式があり、またひよこみたいな新入生が来るのだろうなと楽しみです。

 さて、午後は母校熊本高校の入学式に参列しました。昨年の地震で体育館が使えないため、県立劇場での入学式でした。午前中は地震で体育館が使えなかった、第二高校が入学式を行ったということに加えて、雨がひどかったため、周辺は大混雑。新入生の一人がどうやら遅刻したようです。

 厳かな中にも晴れやかな式典は感無量でした。私も41年前は熊本高校の門を、母と一緒に通ったことが、走馬灯のように思い出されました。入試を突破した喜びを家族とともに過ごした時もあったなと式典中は感慨に浸っていました。

 今年の新入生は、地震後の大変な中での受験であったので、ご家族の喜びもひとしおだったと思います。彼らが将来の国や熊本を支えていく「士君子」として成長することを心から期待をします。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年度開始

2017-04-03 17:45:51 | Weblog
4/3
 1日が土曜日だったため、本日から実質の新年度スタートの日となった。
 県庁や市役所でも新入職員の辞令交付が行われていたようだ。

 今年は、県庁も昨年より50人近く採用が増えている。団塊の世代の退職者数が続いているため、職員が減少。加えて、震災対策等により業務は増加。職員の悲鳴が上がる中で、私も議会から職員の確保を訴えたところ。
 若干ではあるが、職員が増が実現できたことは、うれしい限りである。

 私も、新年度スタートということで、辻立ちを行った。今朝はたいへん寒い朝だったが、日差しはやわらかでやはり春の気配を感じる。あとは、桜が満開になれば一気に春めくことだろう。
 そういえば、今年は桜の開花が大変遅れた。日替わりで天気が変わり、日々気温が上下し、桜でなくても、人間のほうも体調がおかしくなってしまう。私も10年間引いたことがなかった、インフルエンザにかかり、先週は寝込んでしまった。まあ、ようやく体調も戻りつつあるので、今後は飲酒にも気を付けながら体調を維持して、今年度も頑張っていきたいと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川内原発を視察して

2017-03-21 20:57:31 | Weblog
3/21
 本日、民進・県民クラブとインターシップの学生で川内原発の視察を行った。
 私の大学時代の友人や中学時代の友人が、関係者にいたこともあって、すごく丁寧な対応を頂いた。

 現場では、東日本の震災を受けて、安全委員会の指摘のもと、津波等の災害等に対する予備電源の確保やテロ対策に対して二重三重の改善事項に徹底的に取り組んでいることを目の当たりにした。

 川内原発の友人に聞いても、震災前と震災後では、環境整備の力の入れ方は全然変わったとのこと。天災やテロについてもよっぽどのことがなければ、川内原発の安全対策はしっかりしていると感じた。

 もちろん、廃炉対策など原子力政策や将来のことを考えれば議論の余地は多く残されていると思うが、現在、現場で頑張っている職員には頭の下がる思いで視察をさせていただき、今後に向けて有意義な一日だった。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

一般質問を終えて2

2017-03-16 08:47:27 | Weblog
3/16
 16回目の質問を無事終えて、ほっとしている。財政問題に関する質問は熊日でも取り上げてもらった。
 そして、震災後の職員の激務と、定数が確保されていない現状の中で、業務の見直しと職員数の確保を訴えた。この点も執行部の答弁は具体的に出なかったのだが、その後職員数がこれから4年間増やす計画であることが発表された。
 他県からの派遣職員や、任期付き職員の対応もあるが、新規採用職員も前年に比べ増やして採用するということなので、いい結果が出てきているのでほっとしている。
 その他の項目も、少しずつではあるが、課題解決に向けて前進していくのではと、期待する。

 17回目に向けて、またいろいろな問題を収集して、次回の質問にとりあげていきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一般質問を終えて

2017-03-08 18:05:55 | Weblog
3/8
 昨日、私の16回目の議会質問登壇であった。
  内容は
   1 震災後の行財政運営について
     (1)財政の見通しについて
     (2)職員定数について
   2 県庁内のプレミアムフライデーの取り組みについて
   3 地域医療構想における公立病院のあり方について
   4 路線バスの運転手の確保について
   5 義援金の配分について(要望)
   6 肥後の石工の復活について(要望)
 1時間の質問時間で、県民の皆さんからの話を伺った事例も織り交ぜての、質問をさせていただいた。

 本当であれば、要望事項についても、質問をさせていただきたかったのだけれども、担当部署として、答弁をするには困難という理由で、要望とさせていただいたが、質問終了後、同僚議員や傍聴者の方から「質問にするべきだったのでは」という意見を多く頂いた。そういう感想を頂ければ、私としては、やりがいがあったと思う。

 さて、毎回、質問の翌日には、熊日新聞で県議会の模様が取り上げられるが、1日3人の質問の中で、すべてが取り上げられるわけではない。過去の15回の質問でも取り上げられなかったことは、結構ある。
 今回はどうだったかなと、朝刊を手にして、県議会掲載の4ページ目をめくろうとした瞬間、なんと1ページ目に記事が掲載されていた。「おーこんなこともあるのか」と感動。

 議会でも、先輩議員から「1ページ目に掲載されるのは、めったにないこと。よーやった」と言葉をかけていただき、素直に嬉しかった。
 もちろん、このことで奢るつもりは毛頭ないものの、今後の励みとなるのは間違いない。また、次回の質問に向けて頑張っていきたいと思う。

 そして、6問の質問をするに至った過程においては、様々な方との出会いの中で、ざっくばらんに現場の意見を聞かせていただいて、そのやり取りの中で質問に至ったものが結構ある。2か月ぐらい前は、「質問する項目がないなー」とぼやいていたが、よくしたもので、直前になっていろいろ、案件が舞い込んでくる。執行部とやり取りをしながら、ことの難しさを知らされることは多いものの、困っている人のために役に立てればと思う。

 議員活動は辛いことも多いが、今回の質問は議員としての充実感を味わった質問となった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議会質問に向けて

2017-03-03 18:19:01 | Weblog
3/3
 本日は、ひな祭り。我が家もひな人形を飾らなければならないが、今年は忙しさのあまり飾りそこなってしまった。
 というのも、今、県議会が開会中であるが、今回、私も16回目の質問登壇となっているのでその準備に手を取られてしまっているからだ。。

 3月7日 11時からの予定だ。

 代表質問もあり、他議員との質問事項も重なることが多く、執行部も大変だと思いながらも、自分なりの質問を作り上げていかなければならない。
 今回は、震災後の復旧復興予算を受けての、今後の財政運営の見通し等を中心にしながら、公共関係の質問をしていきたいと考えている。

 お時間のあるかたは、是非とも議会の傍聴に来ていただければと思います。

 さて、国会でも都議会でも、利権やなんやで大変なことになっている。政治判断なのか口利きなのか、議員の関わり合いに国民の目が向けられている。
 私は、議員というのは、支持を頂いた方の思いを実現するために、代弁者として発言し、行動をしていくことが任務であり、行政をはじめ関係者や関係団体と課題解決に向けて喧々諤々やっていくことだと考えている。

 自分のためではなく、人様のためにと思ってやっていても、時と場合、見方を変えれば、特定のヒトや団体に便宜を図ったということになるのだろうか。議会質問も、突き詰めるとその延長になってしまうこともあるのかもしれないが、「市民のため県民のため」と理解を得られるような、公平公正公明な発言と行動に徹するしかないと、考えている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本城マラソン大会

2017-02-20 08:22:11 | Weblog
2/19
 本日熊本城マラソン大会が、素晴らしい天気の下で開催された。
 復興祈念ということで、13000人もの参加があったことは、素晴らしいことだ。

 私も走ることはできないが、毎年、ライオンズクラブとしてのボランティア活動に参加している。今年も熊本菊南ライオンズクラブから11人の参加となった。うち二人は私の議員研修の学生二人に協力してもらった。

 彼らにとっては、初めての経験もあってか、一生懸命に取り組んでもらったことを感謝している。私たちのボランティア担当は30キロメートルの給水業務で、作業は、思った以上に大変た。

 それでも、走ってくるランナーに声をかけて、間近に応援できるのは、このボランティアのいいところではないだろうか。
 前半戦は、スピード競争のため、必死で、水のコップを取りに来る。だから、取りやすいようにコップの間隔は結構広げている。それでも取り切れずに、コップが散乱してしまうこともしばしば。

 後半は、ゆっくりとお互い声をかけながら。中には、「水を頂きます。」とすこぶる丁寧に取っていく方が結構おられる。きっと、会社や家庭でも礼儀の正しい方なのだろうと、つい想像してしまう。

 「みず」「みず!}と駆け込んでくる方は、相当疲れている方。「あと少し頑張って!!」と思わず声をかけてしまう。

 様々な服装で、アピールして走るランナーも相変わらず多い。今年目立ったのは、熊本城をかぶって走るランナー。また相変わらず古い漫画キャラクターの方も多い。(パーマン、009、仮面ライダー等々)
 サラリーマン姿で、革靴のランナーも3人ほどいた。PPAPはもちろんたくさん走っていた。

 でも、みんな楽しそうに走っている姿は、ほほえましくなってしまう。この熊本城マラソンは、熊本市の初春の行事として、すっかり定着した感がある。これまでも雨の日はなかったと記憶しているが、これからも明るい大会になってくれればと思う。そして、熊本市や県の復興につながることを心から祈念する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4HクラブOB会

2017-02-06 08:41:18 | Weblog
2/6
 先日、4HクラブOB会が開催された。4HクラブとはHANDS(技術)、HEAD(頭脳)、HEALTEH(健康)、HEART(心)の4つの頭文字をとった農業後継者の学習集団である。
 30年ほど前は、県下に1000人を超える会員がいたが、現在は150名程度になってしまった。(ただ熊本県では、新規参入者や農業関連企業就職者が増えている実態もある)

 この間の関係者、農業後継者と農業改良普及員4H担当職員100名近くが集まりOB会開催にこぎつけた。本当は昨年の5月に予定していたが、地震の影響で伸びていたもので、中止も考えられたが、復興の起爆剤にしようと集まったものである。
 私も歴代の指導者の一人として、花束をいただき感激であった。
 懇親会では、今はよきお父さん、お母さん、そして立派な県を支える農業経営者である彼らも、盃を交わせばあっという間に30年前に戻る。楽しいひと時であった。また、現場の苦労話もしっかり受け取った。これらは常任委員会の中でも議題としていきたいと考える。

 さて、昨日は県下で荒尾市長選、宇城市長選、多良木町長選、大津町議選が開票された。荒尾市、多良木では新人が勝利し、宇城市も接戦であった。結果を受けて有権者の期待通りの政治が実現できることが一番だと考える。

 東京の千代田区では小池旋風が健在であることを示した。政治が動き出しているような気がする。利権に胡坐をかく政治ではなく、有権者、社会的弱者を大事にする政治に代わっていくことを心から望む。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加