五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです
(旧ブログ名:喜怒哀楽ハチャメチャ日記)

表の顔と裏の顔

2013年01月31日 19時32分59秒 | Weblog
もう一つ、日本農業新聞e農netに「TPP、公約を順守 経済政策でも攻防 代表質問で首相 (2013年01月31日)」という記事があった。

内容は以下の通り
安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が30日、衆院本会議で始まり、第2次安倍内閣発足後の与野党論戦が本格化した。
安倍首相は環太平洋連携協定(TPP)交渉参加問題について「聖域なき関税撤廃を前提とする限り、交渉には参加しない」と明言。
衆院選公約に掲げた自民党の基本方針を重ねて強調した。

安倍氏が、首相として国会でTPP交渉参加問題についての考え方を示したのは初めて。

自民党の高村正彦副総裁の質問に答えた。高村氏は「自民党は自由貿易体制を志向してきたが、TPPは参加のハードルが高い」と懸念を表明。
同党の公約と「国益にかなう最善の道を求める」とした自公連立合意との整合性を含め、TPPへの基本認識を聞いた。

日本維新の会の平沼赳夫国会議員団代表は「話し合いには参加すべきだが、農業問題を含めて国益に関する重要な検討課題がある」と安倍首相に見解をただした。

安倍首相は公約を順守する考えを強調し、「これまでの協議の内容、TPPに参加した場合に生じ得るさまざまな影響などを含め、しっかりと精査・分析した上で国益にかなう最善の道を求める」との方針を説明した。

年央にまとめる政府の成長戦略で安倍氏は「政府が強力に関与し、一丸となって実行することが活力ある民間投資の誘発につながる」と強調。取りまとめを待つことなく、首相自身が判断して矢継ぎ早に具体策を実行に移す考えを示した。高村氏の質問に答えた。

・首相・官房長官TPP発言要旨

TPPに関する安倍晋三首相の29日のテレビ報道番組での発言要旨と、菅義偉官房長官の30日の記者会見での発言要旨は次の通り。

▽安倍首相

司会=来月訪米し、オバマ大統領と会談する際、TPPに言及するのか。

首相=自民党の選挙公約は「聖域なき関税撤廃を前提条件にする限り、交渉参加はしない」。
公約を破ることはない。
そもそも、関税自主権を失うのは駄目だ。
しかし、国益を守ることができ、聖域なき関税撤廃はないということになれば、参加していくことになるが、まず今までの事前交渉を検証している。
どんな影響が出るか精密な分析を今までしていないので、各省庁に分析させている。
その結果を見ながら判断したい。

司会=夏に参院選を控え有権者は選挙前に判断材料を欲しいと思っている。

首相=当然、選挙の前に、いろんな争点を隠していこうという考え方はしない。
選挙の前に基本的に方向性を示していきたい。

▽菅官房長官

記者=安倍首相が昨日、TPPに関し参院選前に方向性を示したいというような発言をした。
政府として、対応が変わっていくということか。

官房長官=総理の発言は自民党の公約を前提としたもの。
スタンスは変わっていない。
TPPに参加する場合はさまざまな影響が出るので、精査分析した上で国益をかなえていくという、従来の方針は変わっていない。

記者=前政権時に知り得た情報について、国民に情報開示するのか。

官房長官=国と国との交渉なので、公開することはないと思っている。

記者=一部報道で、2月の日米首脳会談で米国政府に関税撤廃の例外を認めるよう要請すると政府が方針を固めたとあるが、事実か。
前政権の「包括的経済連携に関する基本方針」を安倍内閣は踏襲するのか。

官房長官=日本から(米国に)要請している事実はない。
前内閣の基本方針をそのまま踏襲することもない。
基本方針ははっきりしている。
聖域なき関税撤廃を前提とするTPPに限り、交渉参加はない。

記者=参院選の前に参加の可否を判断し、参院選に臨む考えはないのか。

官房長官=昨日の総理の発言は、選挙公約に言及した上の話。
(聖域なき)関税撤廃を前提条件とする限り、交渉には参加しない。

記者=聖域とは現時点でどのような分野、品目なのか。

官房長官=聖域なので(言えない)。

記者=TPPの結論を得る時期はいつか。

官房長官=判断時期は決めていない。
決まっていないのが現実だ。

記者=訪米しオバマ大統領に会う時、安倍首相は自民党の政権公約である基本的な考えを伝えるのか。

官房長官=どういう会談になるか分からないが、米国も自民党の公約はよく分かっているのではないか。
というもの。

表の発言では、選挙公約を守るときれいごと。
でも、裏の勉強会では推進させる勉強。
さてさて、どっちが本音なのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TPP参加で地方活性化? 農林議員ら困惑だって

2013年01月31日 19時27分02秒 | Weblog
日本農業新聞e農netを見ていたら「TPP参加で地方活性化? 農林議員ら困惑 自民経済再生本部講師陣は推進派 (2013年01月31日)」という記事あった。

内容は以下の通り
安倍晋三首相の肝いりで政府が新設した日本経済再生本部。
一方、自民党内にも、高市早苗政調会長を本部長とする日本経済再生本部がある。
党側の同本部は、参院選の公約策定に向けて「地方経済の活性化を中心に議論する」というすみ分け。
だが会合に招く講師に、環太平洋連携協定(TPP)推進派の学者や外資系企業の出身者が続き、農村部選出の議員は困惑している。

党側の本部は昨年10月に設置。衆院選までに勉強会を4回開いたが、その際も講師はTPP推進派が多かった。
安倍政権発足に伴って政府に同本部が置かれ、党側の本部は主に地方経済再生に向けた議論の場に衣替え。
4月にも取りまとめるため、これまでに2回の勉強会を開いた。

だが1回目の講師、一橋大学経済研究所の深尾京司教授は国際経済学が専門で、TPP交渉推進や規制緩和の必要性を主張した。
2回目の講師、モルガン・スタンレーMUFG証券のロバート・フェルドマン氏は民間企業の農業参入の完全自由化、農業委員会の廃止、民間団体であるJAの“民営化”など「農業革命」が必要だと指摘した。

この人選に「地方経済の活性化どころか、壊しかねない話だ。地方の実態を知らない人を呼んでどうするのか」と、農村部選出のある議員は憤慨する。
2月1日の次回勉強会の講師も、外資系コンサルタント企業「A・T・カーニー」の日本代表・梅澤高明氏。
やはりTPP推進派とされる人物だ。

政府の同本部の下に設置した「産業競争力会議」でもTPP参加や構造改革推進の提案が相次ぐ。

ある農林議員は「政府が暴走しないよう止めるのが党の役割。
このままでは一緒になって暴走だ」と懸念。
「前回の政権では、経済財政諮問会議や新自由主義的な政策が有権者の怒りを買った。安倍首相は、不人気な政策まで『取り戻す』必要はない」と語る。
というもの。

昔も今も、このやり方は変わらないんだ。
ヤッパリ進歩が無いな。

でも、勉強会の度に、こういう発言ばっかり聞かされていると、頭がマヒしやすいんだよな。
悪く言えば、洗脳だものな。

農林議員は、踏ん張れるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メールの返信はしておかなければ

2013年01月31日 18時44分31秒 | Weblog
1月後半から、「日本全国放浪の旅」という感じになっていて、あっちに行ったりこっちに行ったりの状態が続いてしまう。

地方に行ってもメールが受信できるようにと、とっくにスマートフォンに変えてあるので、しっかりとPCメール・Eメール・Cメールなどの受信できるが、膨大な量となると、確認は出来ても、流石に返信はしきれない。
なので、今日中に返信出来るメールについては、全て返信してしまった。

しっかし、結構返信するのあったな。
返信をさぼっていたわけではないのだけれど・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

収録内容をほとんど知らず

2013年01月31日 09時57分19秒 | Weblog
これからNHKの収録となる。
そのため、何度か日程などの連絡はしていたのだが、実はどんな内容の収録になるのかについては、ほとんど聞いていないのである。

そんなんで大丈夫なのかいな?
と言われてしまいそうであるが、いつも事前に打ち合わせしても、その通りに収録したことが無いので、それからすると大した問題ではない。
テレビ局に誘導されて、話す内容がぶれてしまう事もない。
よくNHKは、話す内容を誘導したがるけど、それつられることも無いし、逆に、何度も言われると、この性格だから、意地でも言わなくなってしまうしね。

でも、失敗と言えば、この前発売された週刊誌だろうな。
最終チェックさせてもらえなかったから、納得できない部分があったからな。

やっぱり雑誌などについては、チェックさせてもらえるところとだけ、付き合った方がいいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おはよーニャンコ

2013年01月31日 07時45分49秒 | Weblog

リリは、レイアウトボードの上がお気に入り。
フクは、タンスの上がお気に入り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「攻めの農林水産業推進本部」設置だって

2013年01月30日 17時56分59秒 | Weblog
もう一つ、日本農業新聞e農netに「攻めの農林水産業推進本部」設置 制度、戦略 検討へ 農水省 (2013年01月30日)という記事があった。

内容は以下の通り
農水省は29日、林芳正農相を本部長とする「攻めの農林水産業推進本部」を省内に設置した。
自民党が衆院選公約に掲げた農地への多面的機能を評価する直接支払いの具体化や、担い手確保、農産物の輸出拡大対策などの強化が主なテーマで、与党と調整しながら議論を本格化させる。

安倍晋三首相が林農相に「攻めの農林水産業」の展開を指示していた。
その第一歩となる2013年度予算案が同日閣議決定されたことから、推進本部を設置することにした。
同推進本部は両副大臣・政務官や幹部職員で構成しており、6月をめどにまとめる政府の成長戦略などへの反映を目指す。

林農相は会合の冒頭、「多面的機能の制度点検と、国内外の市場開拓・付加価値の創造のための具体的な戦略を車の両輪として成果をあげていく必要がある」と強調。
「地方農政局や研究機関など地方機関の力もフル活用して現場の宝を発見して、磨いていくことが大事だ」と、積極的なアイデア提案を幅広く呼びかけ、現場重視で検討を進める方針を示した。
というもの。

「多面的機能の制度点検と、国内外の市場開拓・付加価値の創造のための具体的な戦略を車の両輪として成果をあげていく必要がある」って言うのはいいけど、どうやって進めるの?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

攻めの農業 実現へ 重点事業に“3本”柱

2013年01月30日 17時47分20秒 | Weblog
日本農業新聞e農netを見ていたら、「攻めの農業 実現へ 重点事業に“3本”柱 13年度農林水産予算案 (2013年01月30日)」という記事があった。

内容は以下の通り
2013年度の農林水産予算案は、安倍晋三首相が掲げる「攻めの農林水産業」を実現するための事業を盛り込んだ。
農産物の輸出拡大対策・経営多角化、農業農村整備事業の復元、経営所得安定対策(戸別所得補償制度)を3本柱に据える。

・農産物消費拡大 国内外の販路強化

「攻めの農林水産業」の一環として、農水省は農産物の輸出と国内需要の拡大に力を入れ、国内外で消費対策を行う。

輸出拡大の目玉となるのが、新規事業の「日本の食を広げるプロジェクト」で40億円を計上。
国産農産物の消費拡大を地産地消、全国展開、海外展開の各段階で支援する。

民間団体が事業を応募し、採用した団体にかかる費用の2分の1を助成。
生産者や消費者の提案など、現場の発想を踏まえた事業や多様な事業体、モノやサービスと結びついている事業を優先して採用する。

具体的には、地域でメニューコンテストなどを行って商品開発する例や、農産物の販売先を全国に広げるための国内のネットワーク化、海外の見本市への出展などだ。

日本貿易振興機構(ジェトロ)を活用した「輸出倍増プロジェクト」には11億円を計上。
12年度から1億円増やした。輸出のための相談・アドバイスなど、川上から川下までの総合的なサポート体制を構築。
輸出企業の発掘・育成のためのセミナー、海外バイヤーを招いた商談会なども行う。

・農業基盤整備事業 強靱化狙い大幅増

自民党が掲げる「国土強靭(きょうじん)化」の旗の下、農業の基盤整備予算は、前回の自民党政権末期を超える水準を確保した。
12年度補正予算と13年度予算を合わせると農業の基盤整備予算は5902億円。
民主党政権下で大幅に削減された予算を、麻生政権下を超える水準まで復活させ、強固な農業基盤をつくる構えだ。
施設整備のための「強い農業づくり交付金」も12年度補正予算と一体で前回から増やした。

基盤整備予算は、民主党への政権交代後の10年度から「農業農村整備事業」と「農山漁村地域整備交付金」に分け、用途などを分かりやすく区分けした。
ただ、同交付金の所要額は、地方自治体が一定の裁量で自由に使える「地域自主戦略交付金」(一括交付金)に繰り入れたため、単独の交付金としては12年度予算での計上は96億円だった。

強い農業づくり交付金は、事業仕分けによる削減や一括交付金への繰り入れで減り続け、12年度予算は21億円。
13年度は当初予算で比較すると約10倍の244億円を計上した。
これに加え12年度補正で215億円を措置。計459億円の対策とした。

この他、新規就農・経営継承対策は、現場の需要の高まりを受け約100億円増の239億円、補正予算も99億円を措置した。
農地集積推進事業は前年同額の165億円とした。

・経営所得安定対策 現行策の基本維持

経営所得安定対策には総額7186億円を計上した。
現場の混乱を避けるため、基本的に前政権の戸別所得補償制度を維持し、各種単価もそのままにした。
関連施策と位置付ける中山間地域等直接支払交付金、農地・水保全管理支払交付金は前年度を上回る予算を確保。
2014年度からの新たな制度づくりに向け、15億7000万円の調査費を新たに計上した。

経営所得安定対策の柱は三つの直接支払交付金だ。予算規模はそれぞれ、畑作物が2123億円で前年度と同額。
転作を対象とした水田活用は2517億円で前年度比10.2%増。米(固定部分)が1613億円で16.4%減とした。
各交付金の単価、販売農家や集落営農を対象にしている点は、基本的に前政権の戸別所得補償制度と同じだ。

米価が下落した際に補填(ほてん)する米価変動補填交付金(変動部分)は84億円で71.5%減。
収入減少影響緩和対策(ナラシ対策)は724億円で0.2%増だ。
関連対策のうち、中山間地域等直接支払交付金は284億6000万円で9.8%増。
農地・水保全管理支払交付金は281億6000万円で14%増。
環境保全型農業直接支援対策は26億4000万円で前年度と同額だ。

新たな制度づくりに向けた調査費15億7000万円は、農業の多面的機能を評価した「日本型直接支払い」、新たな経営所得安定制度を中心とした「担い手総合支援」の制度設計に活用する。
多面的機能の発揮に必要な作物、地域別の農業生産活動、集落共同体の資源保全管理活動の実態などを把握、分析し、制度設計に役立てる。
というもの。

金額ばかりが見えているが、内容については、なんとなく、まだ見えてこない。
ヘソ曲げてみると「お金はあげるから、後は、自分たちでなんとかしろ」って見えてしまうな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田県で講演して

2013年01月30日 17時16分14秒 | Weblog
秋田県での講演をして感じたことは
消費地と産地の、危機意識の違いが大きすぎている事。
「あきたこまち」という怨霊に取りつかれてしまっているという事。
新しい品種への期待度が低すぎている事。
などなど、上げれば切りがない。

自分は講演の内で「あきたこまち」を、こってんぱんに叩いている。
というより、「あきたこまち」をそこまで、落とし込んでしまった秋田県に対して叩いた。

秋田県立大学生物資源科学部 生物環境科学科地域計画学研究室 中村 勝則繊先生は、「聞いていて、くやしいと思った」と言っている。
自分としては、そう思ってもらいたくて、怒ってもらいたい、奮起してほしいと思っていたので、それからすると、自分の思いは伝わったのだろうと思う。

「あきたこまち」は
「コシヒカリ」⇔「あきたこまち」⇔「ササニシキ」
というように、日本の品種としては、無くてはならないもの。
誰が食べても「マズイ」という人はいない。
好みが合わないという人はいるが・・・
自分としても、好きなお米の一つである。

だからこそ「特売品」になりやすい。
しかし、それでは産地は潤わないし、生産意欲も下がって行ってしまう。
その十数年間のしわ寄せが、今だと考えてよい。

産地からすると、もう一度「あきたこまち」を復活させたいという思いは、誰でも持っている事だろう。
しかし現実として、それはもう時期として遅く、復活することは出来ないといってよいであろう。

だからこそ、生まれて来る「あきた96号」「あきた97号」を待っているのだ。
それブランド化を期待しているのだ。
しかし、そう簡単ではないのは、秋田県の人たちも判っていた。

なので自分は、秋田県に対して、とんでもない、そして壮大な計画を提案した。
この計画が、万が一でも実行できたとしてら、多分とんでもない現象が起こるだろう。
お米の大復活が出来るかもしれないのだ。

しかし、そのためには、秋田県のブランド化に対する考え方や、消費地の勉強、他産地の勉強が必要となる。
秋田県は出来るだろうか。

昨日の講演を聞いて、JAやまもとの若手生産者で構成される「青年部」が、勉強に来たいと言ってきた。
自分としては、嬉しい限り、即OKをした。


各地域を守り、将来を支える、担い手の皆さんへお願いする。

厳しい
辛い時だ。
地域の衰退は止まらない
応援してくれる人も減り続けている。
限界を感じるときも頻繁にあるだろう。
諦めたくなるときはあるだろう。
それでも
決して諦めるな。
絶望するな。
どんなに苦しくても
今は踏ん張れ。

各産地が蘇るよう
自分たちも
諦めないで動き出している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人事異動かぁ。きっついなぁ

2013年01月30日 16時13分04秒 | Weblog
人事異動はどうにもならないことなのだけれど、産地にとっては一番危ない年に、何でやるんだろうと、自分は嘆いている。

このブラント米は、今年が勝負の年。
ブランド米としてのイメージは、まだシッカリとあるのだが、実際に足元は崩れ始めている。
このまま、だましだましの状態で販売を続ければ、今年の新米の時には、ブランド米の地位から落ちてしまうだろうと思える。
よって、今年の秋までに、完全に体制を固めて実行するようにしてほしいと考えていた。

そこへきての人事異動。

人事異動をしても、担当がシッカリとやれれば、全く問題ないという人も多いだろうが、そうではない。
ブランド化をしている最中に必要なのは、担当の「経験値」。
担当の実力がいくらあっても、どんなに頭が良くても、これだけはどうにもならない。

新しい担当の経験値が上がるまでには、新米時期となるし、ブランド化の崩壊も進んでいく。
新しい担当者には期待しているが、大丈夫かな?
今回失敗すれば、次に生まれる品種は、もうデビューできない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニャンコたちもストレス

2013年01月30日 13時56分15秒 | Weblog
自分が、あっちに行ったり、こっちに行ったり。
人もたくさん来るし。
早く寝たと思ったら、徹夜続きももある。

そんな自分を見ているからだろう。
ニャンコたちも、強烈なストレスになっているようだ。

昨日も、今朝も、そして今も、ゴエッてやっちゃうんだよな。
それも2匹とも。

こればっかりは、慣れとくれといっても・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

左足は長引くな

2013年01月30日 09時44分54秒 | Weblog
正月明けに怪我をした左足。
見た目的には、紫色もかなり薄くなっているので、回復しているように見える。
しかし、やはり長時間立っていたり、同じ姿勢でいたりすると、左足の筋が悲鳴を上げてくる。

靭帯は切らなかったものの、やっぱり激しい勢いでぶつかっことから、伸ばしてしまったりしているのは確実なようだ。
今日も、歩いたりするときに痛みがあることから、足は湿布だらけ。

これから産地に頻繁に行くのに、これはきついな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おはよーニャンコ

2013年01月30日 07時48分16秒 | Weblog

今朝は、ちょっとした事件が。
フクが輪ゴムで遊んでいて、パチンとなって、逃げていった。
どうやら痛かったみたいだ。

リリは、気にせず食事中。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

携帯がオカシイ

2013年01月29日 23時01分02秒 | Weblog
なんで、どうして?

なぜ今頃になってメールを受信しているの?
送られてきたメールは27日のものだよ?

こんなこと初めて。
参っちゃうな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後一時間、飽きた

2013年01月29日 20時14分51秒 | Weblog
ムーも読みきってしまった。
新幹線のなかで、二回寝た。
それでも、後一時間だって。

飽きたぁぁぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田駅に戻ってきた

2013年01月29日 16時44分23秒 | Weblog
16時まで、つまり会場の限界まで、伝えたい事を、思い切り辛口で話していた。

講演については、東京に帰ってからという事にして、今は駅でノンビリ。

雪、ずっと降っているな。
除雪しても、除雪しても、切りがないものな。
大変な年だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加