五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです
(旧ブログ名:喜怒哀楽ハチャメチャ日記)

コメ需要見通し初の800トン割れだって

2012年07月31日 23時37分54秒 | Weblog
今gooのニュースを見ていたら、コメ需要見通し初の800トン割れ(朝日新聞)という記事を見つけた。

内容はと言うと、
コメ離れ進む 農水省の需要見通し、800万トン割れ(朝日新聞) 2012年07月31日 20時00分
農林水産省は31日、7月から来年6月までのコメの需要見通しが798万トンになると発表した。
800万トンを割るのは初めてで、消費者のコメ離れが進んでいる。
最も需要量が多かったのは1963年の1341万トン。
当時は1人あたりの年間のコメ消費量は120キロ近くあったが、最近は60キロを下回る。
パンやめんなどに消費者の嗜好(しこう)が移っているためだ。
少子高齢化も進んでおり、同省は「コメ需要の減退はしばらく続く」(農産企画課)とみている。
というものだった。

今の消費者の動きを見ていれば、この事についは、簡単に予想出来ていたのだが、やはり文字になって表わされると、結構ショックである。

「パンやめんなどに消費者の嗜好(しこう)が移っているためだ」というコメントがあったが、移らしてしまったのは誰のせい?
対処して行かなかったのは誰?

多分「米屋は昔と違って力が無くなっているから」とか「スーパー量販店主導の米流通では、どうにもならない」とか、色々な言い方をするのだろうけど、全ては、ただの言い訳だよね。

いまから、どこまで挽回できるかは判らないが、とにかく全力を尽くしていくしかないだろう。
そうして行かないと、コメの文化は、完全に消えていってしまう事になるだろうから。

コメ業界は、パンや麺業界に負けた。
これによって、完全に「コメが主食」という言葉は無くなった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ササニシキの復活といっても・・・

2012年07月31日 23時22分46秒 | Weblog
日本農業新聞のe-農netを見ていたら、流通業者や消費者から「ササニシキ」を望む声が年々高まっていることを受け、宮城県のJAみやぎ登米は今年度から、「こだわりのササニシキ復活プロジェクト」と銘打って、「ササニシキ」の作付け拡大に取り組んでいる。
「ササニシキ栽培塾」を開校し、販売状況や栽培技術などを研修。今後3年間で2012年産の3倍の約6万俵(1俵60キロ)を目指す。
JA管内でも「ササニシキ」の生産が減少、12年産では560戸が380ヘクタールに作付けし、2万俵を見込む。管内の生産量の4%程度だ。
プロジェクトではこれを、15年産で作付面積940ヘクタール、生産量6万俵に増やすことを目標に掲げる。
生産量の10%程度と想定する。
「ひとめぼれ」に偏った品種構成を是正し、銘柄間のバランスの取れた生産体系を構築、実需からの要請に応えられる産地の確立を目指すのが狙いだ。
「ササニシキ栽培塾」は26日に、塾生約200人で開校。稲の生育状況や米の販売情勢について研修した。
研修では、2年前からJA管内産「ササニシキ」を使う大阪府堺市の食堂「銀シャリ屋げこ亭」店主の村嶋孟さんが「ササニシキとの出会い」と題して講演した。
村嶋さんは「さっぱり感と冷めてもおいしいのがササニシキの特徴。ぜひとも復活させてほしい」と激励した。
JAは今後、生育進度に合わせた講習会や研修会を随時開きながら塾生を拡大。生産者と一体になって作付け拡大に取り組む。(原文のまま)とのことらしい。

日本を代表する品種を復活させようという考え方には賛成できるし、「ひとめぼれ」に偏った品種構成を是正についても賛成は出来る。
しかし、自分としては「遅すぎたのでは」という思いがある。

自分はよく「ササニシキ」について聞かれると
「ササニシキ」は、生産者の栽培技術とこだわりが、ストレートに現れる品種で、朝昼晩の気候を読み、水管理・肥料管理を細かく、タイムリーに育てていかなければならない、とても難しい品種。
よって、週末農業では無理。
そして、既に「ササニシキ」と同じ様に使用できる銘柄米は誕生してしまっているし、炊飯器の機能も、「ササニシキ」よりも新しい銘柄米の方が、上手に炊くようになってしまっている。
さらに、新しい銘柄米の方が、いまの食文化にあっている。
と言っている。

ササニシキに対する動きが、10年早ければ。
せっかくの取り組みに水を差してしまうようだが、自分としては「無理」という結論しか導き出せない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

汗だくで箱から取り出す

2012年07月31日 23時00分01秒 | Weblog
スズノブの店頭は、夏場になると西日が直接差し込んでしまう。
だから、迂闊に店頭にお米などを置いておくと、いらないトラブルとなってしまう事もある。

高知県から届いた新米については、30箱となってしまっていて、その箱からお米を取り出さなければ、店内に運び入れる事が出来ない。
本当なら、日差しが弱くなってから作業をしたかったのだが、それでは新米の品質が、どうなってしまうか判らない。
だから、自分1人で、箱からお米を取り出す作業をした。

お米を数箱から取り出すだけで、作業着はビショビショ。
30箱から全て取り出した時には、作業着は汗を溜めておく事が出来ずに、裾からポトポトと汗が落ち続けるほどにまでに成ってしまっていた。

そのまま乾くまでほっとくことも考えたのだが、それで乾くとは思えない状態だったことから、全てを着替える事にした。

風呂場に行って、作業着を脱ごうとしたのだが、汗で張り付いてしまっているうえに、重たくなってしまっていて、なかなか脱ぐ事が出来なくて参ってしまった。
ようやく脱いで、洗濯機に入れようとしたら、作業着からポタポタと汗が落ち続けていて、ちょっとしたホラーの場面のようであった。

体重計で測ればよかった。
あの時は、何キロ痩せていたのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新米が送られてきたが

2012年07月31日 22時36分17秒 | Weblog
今日の午後、高知県から新米が送られてきた。

契約トラックなどで来ると思っていたら、なんとクロネコヤマトのトラックで届いたのでビックリ。
おまけに、送料だけ着払いで支払うタイプ。

おいおい、聞いていないって。
こんなことは滅多に無いので、手元に6万以上のお金も置いていないし・・・

慌てて自分の生活費で立て替えて、なんとか新米を受け取った。

そこで、いつも問題だと思うのだが、産地によっては、30kgの米袋のままではなく、わざわざ米袋を箱に入れて送る場合がある。
今回も箱に入ってきたのだが、その箱は強度が無く、積み重ねてしまうと箱の角から潰れてしまうというもの。
当然再利用などは出来ないので、そのまま小さく折りたたんで、リサイクルへと回してしまうのだ。

再利用できないものなら、最初から入れないままで送る事は出来ないのだろうか。
お米の袋が入るほどの箱となると、結構大きく、使い道が無いのなら、あまりにも無駄だと思うのだが。

その方が、もっともっと環境に優しくて、エコだと思うし。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いや~本当に取材ラッシュ

2012年07月31日 09時38分59秒 | Weblog
取材が1つ終わったと思うと、即、次の申し込みが来る。
そんな毎日となってしまっている。

もっとも、お盆前は、既に動けない状態となってしまっているので、取材を受けることができるのは、お盆明けからとなってしまう。
だから、既に何社かの取材は出来ないまま、消滅してしまったのだが、まぁ、それも仕方がない。

産地側としては、「なんてもったいない」と思うだろうが、取材が続くと、結構神経使うから、想像以上にクタビレルんだよね。

それに、頑張っている産地なら、まだまだ紹介するタイミングはあるから、そんなに心配しなくてもいいと思うし・・・
頑張っていない産地にとっては、損だけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新ブランド米のデザインを作り始める

2012年07月31日 09時38分41秒 | Weblog
お盆明けから販売予定の「佐賀県・将躍コシヒカリ」と「高知県・南国コシヒカリ」を販売するにあたって、コメ袋やコメ袋に貼るシールなどが必要となるため、それを今日から作り始める。

デザインは、スズノブにのコンセプトである「子供と猫」を使用し、ブランドごとのストーリーを考えて入れていく。

今回は、新しく入ったスタッフが、もとデザイナーなので、大まかにだけ自分が作って、後はプロにお願いしてしまおうと、ズルク考えている。

さてさて、どんなデザインにしようかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はぁ~あぁ

2012年07月30日 23時49分09秒 | Weblog
まぁ~たく、もぉうぅ。

20時ころに、お友達とお友達の親と自分の家族で、近くのレンタル店へDVDを借りに行ったのだが、未だに帰ったてこないんだよねぇ~。
久しぶりに会ったので、積もる話もあるのだろうけど、ちょっと遅すぎやしないかなぁ。
とっくに子供が寝る時間も過ぎてしまっているし・・・

テレビゲームやろうって言ってたから、いない間に練習しておこうとゲームをやっていたけど、あまりにも帰ってこないから、待ちくたびれたし、ゲームも飽きてしまった。

もうそろそろ帰ってくるだろうけど、先に寝てしまおうかな。
それとも、やっぱり待っていようかな。

まっ。いつ帰ってくるか判らないから、ほっとくかぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫たちも遠慮しているようだ

2012年07月30日 10時10分19秒 | Weblog
今まで毎朝、2時、4時、6時と、猫たちの取っ組み合いによって起こされていたのだが、土曜日に家族が帰ってきてから、5時ころに、ちょこっとしたドタバタをする程度と、今までは考えられないほどおとなしい。

知らない人たちではないので、怖がっているということはない。
たぶん、せっかく帰ってきたのに、寝かせないというのも可哀そうだと思って、遠慮しているのだろう。

よって、しばらくすれば、2時、4時、6時に起こされるのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七夕コシヒカリの新米価格が決まった

2012年07月30日 10時00分39秒 | Weblog
朝、JA佐賀に直接電話して、お盆前に入荷する「七夕コシヒカリ」の流通価格を聞いた。

といっても、JAが判るのは、コメ卸問屋に届けるまでの価格だけ。

コメ卸から米屋の価格については、なかなかJAでは把握することができない。
よって、このコメ卸問屋なら、手数料はいくらと判っていることから、それを考慮して、店頭売価などを決めていくのが、一般的。

自分の場合は、JAと直接付き合っていることから、JAから値上がりしそうか、値下がりしそうななどの情報を、前もって聞いているし、付き合っているから判る現状を考慮して、店頭売価の設定などをしていっているのだ。

今年の価格についは、まず想像通り。
よって店頭価格も、妥当な価格となっていると思う。

入荷日は10日となっているのだが、実は台風10号が九州に向かっている。
これによっては、入荷日が遅くなるし、新米の品質にも違いが出てきてしまう。

大雨などの影響もなく、今までほとんど無傷だったので、このまま収穫出来れば良いのだが、最後の最後に不安が出てきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日、新米入荷

2012年07月30日 09時46分57秒 | Weblog
明日の午後になるだろうが、高知県南国市より「南国そだち」の新米が入荷してくる。
量としては、第一便ということもあり30俵(30kg*2袋*30俵)

今までは、佐賀県の「七夕コシヒカリ」が、スズノブの新米第一便であったが、この極早生品種を扱うようになってから、新米第一便は、高知県の「南国そだち」となった。

7月10日の時点では、「出来は良い」と見ていて、「今後の天気によって、全て決まる」という状況だったが、それ以降もトラブルなく明日を迎えることから、お米は期待できるだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

データを上書きしちゃってた

2012年07月30日 00時34分33秒 | Weblog
スズノブのWebShopでは、今24年産米の新米予約を始めている。

昨日、佐賀県の新ブランド米「将躍コシヒカリ」の予約を開始したとき、その新規データの行の下にあった「七夕コシヒカリ」のデータに、間違って上書きしてしまっていたことを、先ほど気が付いて慌てて修正をした。

確か28日の午前中にデータをアップしたから、なんだかんだと、数日間は「七夕コシヒカリ」の予約ができない状態となっていたことになる。

なんて持ったいない。
貴重な週末の予約だったのに。

大失敗をしてしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また榛名湖へ

2012年07月29日 00時35分30秒 | Weblog
夏休みを利用して帰ってきている子供が、榛名湖へ行ってみたいと言うので、今日は家族で榛名湖へ行く事にした。

前回は雨で、ロープーウェイにも乗れなかったし、湖畔の散策も出来なかったので、「今日こそは」と思っているのだが、自分は雨男だから、夕立ちや雷雨等になってしまったりして・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南国コシヒカリの新米予約を始めた

2012年07月29日 00時30分48秒 | Weblog
高知県の南国市から、スズノブのこだわり米ラインナップの1つとして、「南国コシヒカリ」が今年から追加される。

昨年から、「南国そだち」という高知県で誕生した品種は販売していたのだが、その中で「コシヒカリは無いのか」という要望もあった事から、今年の春先に生産者にお願いして、こだわり米コシヒカリの栽培をしてもらっていたのだ。

高知県コシヒカリというと、極早生ということから、品質よりも販売時期が優先されるという事もあり、今までなら品質や食味に疑問を持ってしまう事も多かった。
なので、生産者に直接「こだわり米として作ってほしい」とお願いしていたので、この前圃場を視察した限りでは、大粒で丸く太っていてる米粒を抱いた稲となっていたので、期待できると思っている。

8月中旬から下旬かけて入荷予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5色のオリンピックカラーを見に行く

2012年07月29日 00時21分01秒 | Weblog
東京タワーが、現地時間2012年7月27日(金)から開幕する、「ロンドンオリンピック2012」に出場する日本代表選手にエールを送ることを目的に、日本オリンピック委員会と共同で、27日・28日の2日間、オリンピック・シンボル(オリンピックマーク)に使用されている5色をもとにした青・黒・緑・赤・黄の「ダイヤモンドヴェール」を点灯している事をニュースで見たので、今日の夜、車を走らせて見に行ってきた。

首都高速を走りながら東京タワーを見て、そのまま隅田川の花火を高速を走りながら見ようと思っていたら、隅田川周辺の首都高は通行止めとなっていたため、花火を近くで見に行く事は出来なかったが、走りながらチラチラとは見る事が出来た。

そんな事を首都高でしていると、結局は首都高を1周してしまう事になってしまい、新しくつながったコースを走ったりしたものの、若いころを少し思い出してしまった。

で、結局東京タワーは、首都高速からでは綺麗な写真が取れなかった事から、1度は通り過ぎた芝公園の出口で今度は降りて、東京タワーの下からでは写真が撮りにくい事から、芝公園まで行って、そこで写真撮ってきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島のお米の事前出荷制限、100ベクレル以下は解除だって

2012年07月28日 11時38分55秒 | Weblog
またまたニュースを見ていたら、福島県の申請を受けて、政府が26日、福島県内に設けた事前出荷制限区域での、24年産米の全量管理と全袋検査を行って、放射性セシウムが基準値(1キロ当たり100ベクレル)以下と確認された米について、出荷制限を解除すると発表したと書いてあった。

事前出荷制限区域は、23年産米で、同100ベクレル超~500ベクレル以下の、放射性セシウムが検出された地域など。
原子力災害対策特別措置法に基づき、事前に出荷制限をかけ、栽培者や水田、収穫量などの情報を全て管理することや全袋検査などを行う管理計画を県が策定し、安全性を確保することを条件に出荷を認めたそうだ。

福島県や東北産地には、早く元気を取り戻してもらいたいと思っているが、正直先が見えないのが現実。

消費者も、安全が確認されたから、即購入とは、なかなかいかないようだし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加