五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです
(旧ブログ名:喜怒哀楽ハチャメチャ日記)

責任

2017年08月09日 09時53分05秒 | Weblog


「お米なんて、どれを食べても同じ」と、多くの消費者が言う。
そんなことはあるはずがない。
なのだが、どうしても、そう言われてしまう。

原因は、どこにあるのか!

やはり、マスメディアに問題があるのだろうとは思う。
しかし、お米のことを知らないマスメディアが、勝手に報道している訳ではない。
色々に人たちに質問などをして、少しでも正しい情報を伝えようとはしている。

ということは!
質問を受けている。
取材を受けている側に、問題があるのではないだろうか。

お米の味や特徴は、炊飯器の違いだけではなく、研ぎ方によってもかなり違ってしまう。
そして、「どれも同じ味」という多くの消費者は、お米の研ぎ方を間違えてしまっている。

誰だって「美味しいお米を食べたい」という思いは持っている。
なので、マスメディアが報道している、色々な研ぎ方を真似してくれている。

なのだが、五ツ星お米マイスターであっても、研ぎ方は統一されておらず、研ぎ方はバラバラ。

自分が全否定しているザルを、いまだに使い続けるマイスターもいる。
精米技術や品種特性を学んでいない事を、自ら日本中にさらけ出してしまっているようなものだろうと思う。

報道の中では、自分も他のマイスターも、「五ツ星お米マイスター」という肩書は同じ。
消費者は、肩書が同じであれば、やはり信用してしまう。

なのだが、報道ごとに研ぎ方がバラバラで、どれを信用してよいかが判らない。
だから、自分なりにバラバラな研ぎ方を繋ぎ合わせて、1つにしてしまっている。

まさかと思うだろうが、お米の研ぎ方トラブルで、これが一番多いのだ。

こんな状況では、美味しいお米は食べてもらえない。
美味しいお米が判らないのだから、お米を食べようという感覚は無い。

美味しいお米を食べさせるのが、マイスターの役割。
お米の研ぎ方という、基本情報つにいては、統一したいものだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キッコーマン のっけ丼 | トップ | 獣害 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事