五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです
(旧ブログ名:喜怒哀楽ハチャメチャ日記)

「いちほまれ」戦略

2017年04月21日 10時35分40秒 | Weblog


4月19日に「いちほまれ」という名称が付いた、福井県の「越南291号」。

20万種の中からの1品種。
107,652件という、膨大な名前の応募件数。
コシヒカリを超える「ポストこしひかり」。
コシヒカリを生んだ、福井県の新品種。
だと言えば、判る人も多いだろう。

この「いちほまれ」は、「コシヒカリ」と比べて、食味官能評価・食味値・炊飯米の白さ・艶が上回っている。
つまりコシヒカリを超えるポテンシャルは、完全に持っている品種だという事である。

ターゲットは関東消費地・東京。
日本中の産地の人が集まっている。
全ての品種が集まっている。

そこに戦いを挑む。

中途半端な戦略では、1年も持たない。
失敗をしたら、復活は出来ない。

なので、「いちほまれブランド化戦略」の第一歩は、生産者の認定と出荷基準の設定だろう。

生産者を認定。
・高品質・高食味コシヒカリの生産実績。
・土づくり指針に基づく土づくりを実践。
・農業生産工程管理(GAP)を実践。

出荷基準を設定。
・検査等級1等。
・玄米タンパク含有率6.4%以下。

さらに、早い時期に集荷・保管も検討しなければならないだろう。

つまり、「いちほまれブランド化戦略」の第一歩は、米作りに対する考え方がシッカリとしていて、実力のある生産者によってスタートするということになる。

「俺の米は旨い」「俺は頑張っている」は、通用しない。
勝手な考え方も行動も、一切認めない。

福井県の将来のための品種。
1つの失敗も許されない。

なんでもそうだが、最初が肝心。

だから、誰もが作れるものであってはならない。
ハードルは高く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漫画を | トップ | 着いた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む