五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです
(旧ブログ名:喜怒哀楽ハチャメチャ日記)

大修正

2017年05月19日 15時31分07秒 | Weblog


朝一番から、佐渡市役所とJA佐渡と、打ち合わせを3時間していた。

「朱鷺と暮らす郷」ブランド力の低下による販売の苦戦。
「朱鷺コシヒカリ」と「佐渡コシヒカリ」のネット販売の氾濫による、消費地ダメージ。
朱鷺認証マークがついた低品質コシヒカリの流通拡大の問題。
全国報道となった、違反コシヒカリの新聞報道の影響。
ブランド価値を失ってしまった「JA佐渡・世界農業遺産(GIAHS)佐渡の郷コシヒカリ」の対処。
今年デビューの「新之助」について。
さらに
「コシヒカリ」ブランドの限界。
消費者の「脱コシヒカリ」の加速。
などなどについて・・・

佐渡市役所とJA佐渡からは、新しい情報は無かった。
よって、修正しようとしても、復活をさせようとしても、新しいブランド化戦略は作れないまま。

何でもかんでも
「朱鷺」。
「生き物」。
「環境」。
「保全」。

使い古されたキーワードばかり。
関心を持つ人も限られてきている。

一番消費地で大切な「品質・食味」等は後回しのまま。
そんなレベルのブランドが、生きていられる時代は終わってしまっている。

なので、「朱鷺と暮らす郷」ブランドが限界となった時の、次のブランドとして産地を助けるために作った「新潟県JA佐渡・世界農業遺産(GIAHS)佐渡の郷コシヒカリ」。
であるが、1度も活かすことが出来ないまま、ブランドとして不成立と言う、救い出せない酷い状況になってしまっている。

新しく作り始めた値域ブランド米は、既に佐渡ブランドを超えた存在となっている。
超えた産地の登場は、消費地にとっては嬉しい存在。
マスメディアとしても取材がしやすい。

「朱鷺」というキーワードは、制約が多くて使い勝手が悪い。
どれが本物なのかと言う、議論も出ている。
色々とありすぎて、選べないという事態にもなってしまっている。

7月までに、果たして修正が出来るのか。
それが出来なければ、佐渡ブランドの必要性は無くなる。

いう事は言った。
危機であることも教えた。
限界についても伝えた。
契約解除となった他産地についても教えた。
解除理由についても教えた。

待ったは無い。
出来ないでは済まされない。
もう自分たちは、産地を甘やかさない。

自分たちの差別化米の販売ルートを守りたいと思うのであるのなら、大修正をするしか、もう道は無い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 右足 | トップ | コシヒカリの限界 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む