五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです
(旧ブログ名:喜怒哀楽ハチャメチャ日記)

感謝である

2017年02月24日 10時52分38秒 | Weblog


23日の17時に、日本穀物検定協会から、28年産 特Aランキングが発表された。
 
確か2年前までは、各テレビのニュースが、こぞって取り上げていた。
しかし、昨年と今年は、ローカル局ではニュースとなった所もあったようだが、消費地でのテレビニュースは無かったようだ。
 
各地で開催されている、お米のコンテストやコンクールは、何処の産地や品種が金賞を獲ろうが、ニュースになることはない。
唯一、特Aランキングだけがニュースとなっていた。
 
何となく、蚊帳の外にされてしまった感じで、寂しい気はしているが、正直、これで良いのだと思っている。
 
特Aとなっても、食べた消費者の100人が100人、絶対に美味しいとは言わない。
70:30位だったら、美味しいお米だと考えて良いのだとろうと思う。
 
特Aランキングは、コンテストやコンクールではない。
産地・品種の、その年のお米のポテンシャルを示すものである。
 
なのに勝手に、都道府県・市町村・生産者が舞い上がり、さも凄いことのように言う。
そして、ランキングに出したお米では無いのに、特Aだと言って販売する。
 
結果、「たいしたお米では無かった」「期待外れだった」と、消費者の期待を見事に裏切り、産地・品種の評価を下げている。
 
なので自分は、お米業界には絶対に必要なランキングでありながらも、全てを認めている訳ではなかった。
 
それが、昨年・今回と、報道が無くなったことで、ランキング・コンテスト・コンクールに、ハイのように集っていた考え方に、大きな変化が起きるだろと思っている。
 
30年問題までに、お米業界の全てに、変化を起こす切っ掛けを作ってくれた、穀物検定協会と報道に、感謝である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見た人がいたら | トップ | 特別講師 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事