五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです
(旧ブログ名:喜怒哀楽ハチャメチャ日記)

米袋

2017年03月15日 17時54分23秒 | Weblog


お米が売れないという事は、米袋メーカーも苦戦する。
米袋が売れないという事は、新しい米袋も誕生しない。
新しい米袋が誕生しないと、米屋は独自の米袋を作成することになる。
そうなると、米袋はもっと売れなくなっていく。
 
完全な悪循環。
これを正常に戻すことが出来るのか。
 
自分の店では、米袋もブランドシールも、既に全てがオリジナル。
メーカーの袋を使うのは、真空パックなどに限られてしまっている。
 
これから更に、産地ブランド米は増えていくことだろう。
地域に限定することで、おのずとお米の生産量などは少なくなる。
だからこそ、既製品を使いたいところなのだが、他の産地とデザインが重なってしまうかもしれない。
それを避けようとすると、既製品の米袋は使えなくない。
 
既成デザインの需要は、これからどうなるのだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福井新聞 | トップ | バタバタ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事