五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです
(旧ブログ名:喜怒哀楽ハチャメチャ日記)

思わぬ一言

2016年12月28日 10時36分07秒 | Weblog
昨晩の「和穀の会」と「ホクレン」と「JAさすが」との打ち合わせ兼忘年会の続きである。
 
「逢地」の将来について、1つの救済案が出たことは投稿した。
後は、「逢地」として生き残りたいのか、消えてしまってよいのかの判断を、産地が考えて判断するだけ。
 
その話の中で、「えっ」というブランド名が出てきて、正直、かなり驚いた。
それが、「伊万里深山米、いらないかなぁ~と考えていた」という一言。
つまり契約解除を、「和穀の会」が考えていたのである。
 


「逢地」は、自分だけが囲い込んで販売していたという経緯があることから、契約解除も致し仕方ないと思っていた。
しかし、「和穀の会」会員のお米屋にとって、武器となるだろうと思って作った「伊万里深山米」。
それが、一瞬でもカットの対象になっていたとは、夢にも思っていなかった。
 
実際には、なんの問題もなく、そのまま継続されること決まっているが、言葉が出た時には、かなり驚いた。 
ということは、「大丈夫だろう」と安心している、各産地のブランド米についても、現実は、そうとう危なくなっていると考え良い。
 
「和穀の会」の最終ラインナップは、来年初めには結論が出るらしい。
そして、20~30ブランド米は、確実に消えていくことになる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試練 | トップ | 被る品種が危ない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

Weblog」カテゴリの最新記事