STILL LIFE

近親者への連絡

蓮舫さん

2017-07-11 | 日記
蓮舫氏の戸籍問題。
手続きが済んだのだろうか。
本人ケジメのつもりかな。とりあえず周囲の人の信用を取り戻すために。

差別に繋がるというのはまあそうだと思う。
今までの日本であれば。
そういう人たちの念頭にあるのは在日朝鮮韓国人のことで
実際に民進党の議員にも何人かいる。
既に何代か過ぎ、もうルーツの国にはコネクションがないことが前提だけど
もし外国に何か便宜を図っていればやっぱりそれは問題だと思う。
アメリカだって、トランプの息子がロシア側と連絡とったことがある
というだけであれだけ売国奴扱いされる。

戸籍というより、本人がどこに帰属意識があるかが問題で
それは戸籍を見てもわからない。
究極、戦争になった時どっちの陣営につくかという選択で
もし台湾と日本で戦争になった場合、
やもすると台湾に情をかけてしまい、
台湾の被害が少なくなり
日本にとっては不利になる選択をしないかどうか
この人は絶対にしないという信用が必要なのだ。
正直ちょっとわからない気がする。
あるいは、大陸と台湾で戦争になった場合
その選択が日本にとって不利になるとしても
台湾の援護のために日本の軍隊を出兵させてしまうかも知れない。
日本の命運を、台湾に賭けてしまうかも。
どんな状況になろうと絶対に台湾に肩入れしない
というのはあり得ないと思うんだな。
だって親が台湾人で、自分のルーツだもの。
太平洋戦争時の日系人だってルーツは捨てきれなかった。

もし蓮舫氏を支持するなら、それは日本人としてではなく
台湾とのロビーとして捉えるべきと思う。


憲法で保証された平等の理念を守れと。
浮世離れした理念を取るか、現実を取るか
天皇の退位を許した国民だから、当然現実を取るでしょう。
憲法を守らなければいけない理由がもうなくなるんだから。
法律を守れというのだけど、その法律は本当なら
自分たちのその時々の都合に合わせていつでもいくらでも変更できる
その程度の代物なのです。
自分たちには、本当はそれだけの強大な力がある。
その力を用いて、自分の運命は自分で決めなければならない
お上に運命を委ねるのではなく
それが民主主義の厳しさなのだった。
でも、昔の人はみんなそれをやってのけてたんだよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 従業員と経営者 | トップ | 自動車のために »

コメントを投稿