STILL LIFE

近親者への連絡

ミクロな話

2017-08-09 | 日記
JDIが工場閉鎖するとニュース。
ソニー、東芝、日立の液晶部門を統合した会社。
閉鎖は主に海外の工場で、3000人ほど。
日本の石川県の工場も閉鎖し、従業員は近隣に分散させると。
外国企業の出資を受け入れる。中国企業が株主になる。

海外の工場をまず閉鎖、解雇するということは
言い換えれば、日本の企業から見れば外国人は切りやすいからで
それは外資からみれば、日本人は切りやすいということでもある。
外資になれば、国内の日本人労働者の解雇も加速する。


工事現場で働く労働者が人手不足が深刻なので
待遇改善して、社会保障への加入を業者に義務付け、
若い人が働きやすいようにすると。
でもねえ、ほとんどが大卒になっちゃったら、
大卒の子が工事現場で働こうと思うかしら。
工事現場でいいお給料で働かせられるなら、
大学には入れる必要ない。
むしろ大卒のアイデンティティは邪魔になる。
そんな仕事が本当は多い。

今度はクロマグロ漁獲制限。
資源保護の漁獲枠が獲り終わってしまったから。
サンマも、資源量減少で過去最悪の漁獲量=高値になる見通し。
従来庶民向けの安い魚だったのに
外国も獲るようになって、日本が譲歩しなければならなくなった。

外国の漁獲の多くは日本への輸出に回され、
日本人は輸入品を買えば買うほど、外国にお金を払うことになる。
お金は外へ出て行ってしまい
国内を還流せず、自分たちは貧乏になってゆく。

このまま譲歩し続ければ庶民はサンマを食べられなくなる。
それは「サンマを食べる」という自由を
外国にひとつ奪われるということ。
自由に競争させたら、消費者も自由に選べるようになるかというと大違いで
自由を外国に渡さなければならなくなったというだけ。
その分日本人の自由は削られ、不自由になってしまった。
パイの量は限られているのです。
漁獲枠が減るとは、日本の漁師さんの本来の儲けを
外国に譲ることであり、漁師さんが怒るのは当然のことである。

中国、インドで、ブータンの国境付近で緊張が一ヶ月以上続いているらしい。
幸せの国じゃなかったの。

終戦記念日が近づいて、
また戦争の番組が増えるのだけど
「怖がらせ」ならもういいと思う。
戦争は怖いもの、といくら強調して恐怖を刷り込んでも
実際に戦争はなくならなかった。
恐怖はただ思考停止させるだけ。
戦争を起こさないのに本当に必要なのは、恐怖心ではなく政治力。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性は生まれつき | トップ | 神戸港 »

コメントを投稿