STILL LIFE

近親者への連絡

運転中の会話

2016-11-02 | 日記
ポケgoやりながら運転していた人がついに人を轢いた。
会話に夢中で小学生に突っ込んだというニュースも。

この前車検の代車に付いていた機能で、
スマホを繋げてハンズフリーで電話できるというのがあった。

本当にわかってないのか、便利に負けて目を瞑っているのか
どっちなのかよく分からないのだけど、

ラジオや音楽を聴くという一方向の行為と
電話や会話というこちらから反応を返す必要のある双方向の行為では
脳の中でメモリを占める割合が全然違うのだ。
反応を返すというのは、ものすごく頭を使う作業で
同じように大量に処理速度が必要な視覚処理の方が容量を取られて疎かになる。
反応を考えている間、視界に映ってるものに意識が向いていないなんてことは
毎日常に経験していること。

だから運転中テレビやゲームが見られないのは当然として、
会話も危険なのだ。ハンズフリーとかいう問題じゃない。
運転手の脳のワーキングメモリが満杯になって、
処理が追いつかなくなるから問題なのだ。
「俺は大丈夫」ではない。誰でもそうなの。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大切なことの取捨選択 | トップ | グローバル競争顛末 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。