STILL LIFE

近親者への連絡

可聴領域外の音

2017-06-28 | 日記
TさんAI展に行く。

事務処理のAI実用化。
紙というのはなくならないもので、
今までは紙の内容をデジタル化するのが手間で大変だったわけですが
発想の転換で、AIが紙情報を紙のまま扱えるようにした。

これが進んで普及すると、人間は便利になると考えてしまいますが
逆に人間がAIのレベルに合わせて
高度なレベルの意思疎通を色々と諦めるようになると思われる。

お客のクレームでも、ただのストレス解消の理不尽な因縁つけと
貴重な意見とがある。
AIが限られた対応で応対すると知った時、
人間側の方で忖度し、諦めるクレーマーと同じだけの
諦める有意義な情報を持つ人がいる。

配信のデジタルデータの音楽には、
可聴領域以外の"聞こえない"音は入っていない。
けれど、聞こえていなくても、「聞こえている」。
切って捨てられた美味しい大部分を諦めて、
与えられた技術に合わせて、己の能力の方をダウングレードして使っていると
いつか人間の能力自体も質の低い音に慣らされてゆく。

すでにネットに慣れ
音だけでなく、人の微妙な表情の動き、
空気から感情を察するような
高度な能力はスポイルされつつあると思う。
相手の気持ちも自分の感情も、
認識できるのは文字に表せるごく狭い部分だけで
情報の大部分は誰にも伝わらないまま闇に消えてしまう。
それは便利どころか不便極まりない世界。


欧米でウイルスの猛威。
異例の、とっくにサポート終了したXPにもパッチ配布。
日本だけじゃなく、世界規模でまだまだXP使ってるんだなと。
XPが一番使い勝手いいし、それでもう十分だった。
更に新しいシステム自体が要らない。
OSの更新に合わせて新しくシステム作って移行するには、
また大きな費用がかかってしまう。
むしろ今使ってるシステムをずっと使い続けたい。
そう思う人が多いということ。
OS更新に合わせて新しいマシン、新しいソフトを買わせる
ビジネスモデルはもう限界。

ニコニコが自前で作ったドキュメンタリーかなんかのの宣伝で
ジョブズを「マーケター」と呼んでいて言い得て妙だった。
ゲイツは技術者というけど、それもちょっと違うよなあと。
ザッカーバーグにしても、出世したのは技術そのものより
その売り方のほうでは?


CNNの事件。
メディアが政府の転覆を狙っていた
嘘を利用して弾劾に追い込もうとしていた
ひょっとしたらFBI長官とも組んでいた
しかもあんなに人のことをフェイクニュース呼ばわりしていたのに
本当は自分たちがフェイクニュースだと知ってやっていたという
本当は重大事件なのですが、
なにしろマスコミがそういう風に扱わないので
日本人の反応といえば
「CNNはえらい、朝日ならこんなことしたら社員いなくなる」と
見当違いの方へ...
「メディアは信用しない」といったところで
メディアが叩く人を叩き、
豊洲の件も叩くだけ叩いてメディアが伝えなければもうおわり。
騙されないぞ、と言ったそばから流されまくりなのだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プーチンの言う通り | トップ | 政府はつらいよ »

コメントを投稿