STILL LIFE

近親者への連絡

自動車のために

2017-07-12 | 日記
しんぶん。
ボルボ、2019年以降発売の全車種、EVかHVにするって。
サムエルソンCEO
「この発表はエンジンだけで走る車の終わりを意味する」と。
ガ〜ソ〜リ〜ンで動く車が〜♪(ckb)
日本の自動車産業って生き残れるのかな。




EPAで関税の撤廃する代わりに、
政府は打撃を受ける国内生産者を支援する。
支援するくらいなら最初からEPAしなきゃ良かったのにね。

チーズは、現状でも国内市場のシェアは欧州産が国産を上回る。
原料の生乳はほとんど北海道産。
輸入品が増えると生乳がだぶついて価格が下落
酪農家の廃業が加速しかねない。
酪農家の所得を安定させるための補助金上積みなどを検討と。
豚肉についても、「輸入品が増え、販売価格が下がる」(畜産関係者)。
畜産農家が赤字になった場合、9割を補填する対策を
既にTPP対策で法制化済み。

デフレっていうのは、この
「輸入品が増え、国産の販売価格が下がる」ことが要因。
円高で日本製品が海外で売れないことが原因ではない。
むしろそれは結果に近い。
そもそも日本製品が海外で売れなくなったのも円高のせいではない。


"在来種"が負けるのは分かっているのに輸入品を受け入れる。
それもこれも、自動車とのバーターのため。
ボルボはスウェーデンの会社だけど、
EUは域内の自動車メーカーが有利な法制度を作った上で
日本の自動車の関税撤廃してるんじゃないのかね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮舫さん | トップ | 欧州のEV »

コメントを投稿