仏教を楽しむ

仏教ライフを考えるコラムです。浄土真宗本願寺派僧侶

“無知”が障害者を生み出していく

2017年02月22日 | 日記
障害者に対する差別について「障害者いるので障害をなくそう」ではなく、「障害があるから障害を受ける人(障害者)が生まれる」ということに以前触れたことがあります。

今朝(29.2.22)の『読売新聞』〈教育ルネッサンス〉に「障害をIT機器で補う」という記事がありました。たとえば「読むことが苦手」という学習障害の人には「ペン型の機器で教科書を読み取り、音声を再生する」。


記事を読みながら「そうなんだ」と思うと共に、人々の“無知”が障害者を生み出していくという現実が思われました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『「異教としてのキリスト教... | トップ | 老いを受け入れる努力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。