仏教を楽しむ

仏教ライフを考えるコラムです。浄土真宗本願寺派僧侶

広葉樹林を増やして防災を

2017年07月12日 | 日記
『産経新聞』(29.7.12)投稿欄に次のような投稿が掲載されていました。

広葉樹林を増やして防災を
          元会社役員馬場愽喜68

 九州北部の豪雨で犠牲にし、なられた方々のご冥福を心からお祈りします。
 今回の大水害の映像を見ていて、私は流木の多くがスギであることに気付き、複雑な思いがしました。天災だから仕方がないと片付けないで、土砂崩れの原因をよく突き詰めることか大切だと思います。
 何年か前にテレビで、針葉樹林と広葉樹林の大雨に対する耐性を比較した番組を見たことがあります。広葉樹林は根張りがしっかりし、落ち葉でできた腐葉土が雨水をよく吸収するため、なかなか表土が流出しませんでした。一方、スギ林では雨水が沢のように流れ出し、広葉樹林よりもかなりもろく、最後は大崩れしてしまいました。
 あまり用途のない国産スギは、災害に備えて伐採し、広葉樹への転換を進めるべきではないでしょうか。紅葉も楽しめるし、花粉症対策にもなります。国民的議論を深めるときだと思います。(埼玉県熊谷市)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このハゲー | トップ | 感謝ということ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。