皇居の落書き

ここに書いてあることを,検証することなく信じてはいけません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

皇室典範改正は、強行するべきではない。

2005-11-21 00:17:03 | 皇室の話(2)
平成17年11月18日(金)、中野ゼロホールで開催された「皇室典範改悪阻止『草莽崛起』国民大会」に、筆者も顔を出してきた。

現在、男系男子にこだわっている人たちというのが、一体どういう人たちなのか、また、どういう思想を有しているのかを知りたかったからである。

このことの収穫は、確かにあった。
そして、皇室典範改正は、強行するべきではないという実感を、改めて持った。

上記、会場で行われた主張には様々なものがあったが、大きな共通点として、皇室論というよりも、国家論であるように感じられた。
ただ、これも少々厄介なところがあって、彼らに言わせれば、このような主張こそが正当な皇室論ということになるのであろう。

「国体」という概念がある。
これなどは、天皇と国家とを一体のものと見なす概念であり、伝統的に皇室論といえば、国体論的なものが多いわけだから、国家論的な皇室論というのは、それほど不自然な話ではないのである。

さて、「皇室論」という概念自体にこだわっていてもあまり意味がないのであるが、筆者が女系容認を述べる際に念頭においていた皇室論とは、具体的な存在としての皇室に関するものであり、そのような皇室と自らとの関係を問題にしたものであった。

このように、具体的な存在としての皇室と自らとの関係ということで考えれば、「男系」という継承原理が、皇室を大事だと思う気持ちにおいて不可欠ではないというのも、当然の帰結といえようか。

一方、国体論的皇室論、すなわち抽象的な存在としての皇室と国家との関係を問題意識にする場合には、男系という継承原理は、かなり重要なものとなる。

無数の日本人全体の象徴として在らねばならないのであるから、誰もが納得せざるを得ない権威というものが必要となるのだろう。

具体的な個々の皇室の方の有り様といった人格では、やはり、どうしても、割れてしまうのかもしれない。
非人格というか、人格を超越した要素を持ち出した方が、安定するのかもしれない。

そして、この人格を超越した要素であるが、日本においては、これは、歴史・伝統ということになるのであろう。
それは、日本人が、歴史・伝統に対して素朴な信仰心を有しているが故である。
自分の親が信じていたこと、先祖たちが大事に守っていたものを守りたいという、素朴な感情であり、そして素朴であるが故に深く根付いたとも言える、日本人の気質であろう。

そこで、改めて、皇室典範に関する有識者会議の一連の動きを見てみると、やはり、記者会見でも何にしても、木で鼻をくくったような姿勢が、あまりにも多すぎた。
日本人の素朴な信仰心、気質を逆なでするような対応が、あまりにも多すぎたと思う。

筆者としては、男系が途絶える際にも皇室は存続して欲しいと思うし、具体的な存在としての皇室をあっさりと切り捨てるような男系維持論には、やはり反対である。

しかし、今や、有識者会議の女系容認ということは、日本人の素朴な信仰心、気質と対立するものであるという構図が、すでに生まれ、確立されつつあるようである。

皇室が、なぜ125代にもわたって存続してきたか。
それは、日本人の素朴な信仰心、気質と合致するものであったからであろう。

この際、皇室典範改正の強行は、避けるべきである。
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女系「容認」と言うのはよく... | トップ | 皇室典範に関する有識者会議... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【皇室典範】“男装の麗人天皇”認めることで全会一致 (bogusnews)
資料写真: ベルサイユのばらサントラ「薔薇は美しく散る」 →この商品をAmazonでチェック 小泉首相が主催する私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之氏)は21日、最終報告書の基本方針をまとめた。問題になっている天皇の皇位継承権については.
Y染色体 (気ままな日記(TBFree,LinkFree))
 先頃から皇室の継承順位の事で女系も認めるという話が出ているが、女系ではずっと引き継がれていたY染色体がなぁっっ・・・・ と思ったことがあったんですが、今日のニュースにもその件についてのコメントがありました。http://www.sankei.co.jp/news/051130/morning/3...