にしぶの日記

昼間は お洒落に彩る秋の自然美を愛で
秋の夜長 今宵は何をするかな?
にしぶ 秋の夜長はエロ狼に変身かぁ~(>Д<)

夢で会ったひと

2017年07月29日 22時56分31秒 | 日記
にしぶの見る夢は、話の内容や設定などがめまぐるしく変わることがほとんどです

昨日見た夢は、最初は以前勤務していた役所でのこと

実際の勤務場所は小さい事務所だったけど、なぜか役所の本庁にある各課ほどの大きなスペース

登場人物は、にしぶが勤務して最初の上司と同僚数人、ほかには初めて見る名前も知らないひとがたくさん

違和感はなく、これから進むであろう話に関係があるんだろうとしか思わなかった

上司から朝開口一番、昨日の市民から受けた暴言の顛末を聞かれた

相手からは、にしぶが罵声を浴びせ暴力を受けたと苦情があったそうで、ことの顛末を説明した

すると、同行した同僚が昨日の怒りを堪えながら、こちらが受けた罵声の内容やバケツの水をぶっかけられたことなどをフォローしてくれた

その相手は本庁では有名な“クレーマー”で、上司はこちらに非がないことを知りたかったようだった

イライラしたので、外でタバコを吸いに入り口に向かうと・・・???

あれ??? ここにロッカーあったよな? 今朝上着を脱いでロッカーに入れたよな? そのロッカーどこ行った? こんなものあったか???

すでにさっきまでの場面とは一瞬で全く変わっていた

ほんの10メートルほど先にあった職場がさらに遠くになって、なぜかその場所は飲食店のテーブル席が・・・

後ろを振り返ると、ちょうどいい感じのカウンター席がありオシャレなカフェに変わっていた

にしぶの夢は、突拍子もなく場面や登場人物、時代背景や時間などが変わることはいつものことだから

1つ違ったというか思いがけなかったことは、カウンター座っていると入ってきたお客さんの中ににしぶが好きな女の子がいたんだよ

なぜかみんながカウンター席に座り、隣にはにしぶの好きな女の子

少し話をしていたら、みんなが気を利かせたのか奥のテーブル席に移っていて、店員までも気を使っていたように、気がつけば2人だけになって他愛のない話しをしていたよ

自然とお互いの周りの雰囲気が変わって、まるでどちらからでもなく“告白”をするようないい雰囲気に

この雰囲気のまま、にしぶの気持ちを告白しちゃえぇ~って思っていたら、突然に目が覚めてしまった

えぇ~ こんなええとこで目が覚めるかぁ~?普通ぅ??? なぁ~

って、イラっとしても仕方ないし、すぐに寝ても夢の続きなんて見られないし

にしぶが好きなひとと会えなくなってからかなりの時間が経つけど、夢の中で会えたからよかったと思います

夢の中のように、以前と変わらず、やさしく、きれいで、元気にしていることを願うだけですね

ひさしぶりに、どこかに置き忘れていた、甘酸っぱくて、胸がキュンとする、悲しくも儚く切ない感情を思い出したよ

とくに、エロい夢ほど思うように自由には見られないけど、ときには甘酸っぱく、胸キュンな夢もいいかな?

さてと、今夜はどんな夢が見られるのか? それは寝てみてからのお楽しみぃ~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年お初の麩まんじゅう | トップ | 上のコメント変えてみたぁ~♪ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL