おばちゃんの映画と本の備忘録 

いつ何を読み
何を観たかの記録
+雑記


ストリート・オーケストラ

2017-03-30 05:28:26 | レンタル・テレビ
舞台はブラジル

バイオリニストのラエルチ(ラザロ・ハーモス)

小さい頃から神童と言われ

家族からも期待されて

サンパウロ交響楽団のオーディションを受けるが
緊張して手が震え演奏できずに落ちてしまう

家族に仕送りもできず
家賃も滞納するほどお金に困ったラエルチは
スラム街の学校で
バイオリンを教える仕事を引き受ける

しかしそこは屋根もない教室
生徒たちはやる気もなく
楽譜も読めない 楽器の持ち方もわからない

帰り道
二人組のギャングに銃を突きつけられて脅され
バイオリンを弾いてみろと言われる

ラエルチは素晴らしい演奏をして感動させ
その場を逃れた

その噂はあっという間に子供たちにも広まり
恐ろしいギャングを黙らせた音楽の力に驚き
そのおかげで練習にも熱が入るようになる

めきめきと上達する子供たち

しかし校長から
次の演奏会で最高の演奏ができなければ
学校は存続できないかもしれないと言われる

ラエルチは土曜日も特訓しようとするが
子供たちはいろいろな家庭の事情を抱えていた

子供の一人VRが関わっているギャングの親分から
パーティーで演奏してくれと言われる
そのための猛練習
VRの借金を減らすためだった

そんな中
サムエルは州交響楽団のパート首席奏者の
オーディションを受けることになり
もし受かったらあまり練習には来られないと
生徒の一人サムエルに話すと
見放すのかと言われる

直後
VRが後ろにサムエルを乗せてバイクを運転
走っている時
警察の取り締まりに引っかかる
逃走するVR
追いかけるパトカー

サムエルは止まるように言うが
盗難車なんだとそのまま逃げていると
警察が発砲
サムエルに当たり
死んでしまう

無抵抗な子供を撃ったということで
住民が暴徒化

街は警察と住民のにらみ合いとなる

どうやって収まったのか?

ラエルチはオーディションに合格
しかし子供たちのことが気になって
練習に身が入らない

子供たちは予定していた演奏会を
サムエル追悼の演奏会にしようとしていた

ラエルチは
やっぱり子供たちを見捨てることができず
指導しに来てしまう

演奏会は大成功

そして交響楽団の演奏会でも
ラエルチは見事な演奏をする

客席には子供たちが
カードで22枚のチケットを買って・・・

さんざん悪いことしてきたVRのカード
これって本物か不安になる

エピソードの中から気になったものを
いくつか

主役のラエルチ演ずる大物俳優ラザロ・ハーモスは
自分もスラム街出身だったそうで
本当はラエルチの友人役だったのに
自ら希望してやらせてもらったそうな

スラム街の本当の姿を描くため
子供たちはサムエル以外は
演技経験のない子供たちが
オーディションで選ばれた

人々が暴動を起こすシーンは
数年前に実際に起きた
警察と住民の争いをもとに描かれていて
その時のエリオポリスの住民は
トラウマが残っているので
エキストラはエリオポリスから連れて行った

そのシーンが始まると
撮影していることを忘れて本気で警官役に
向かっていった

作中
練習曲に私の大好きなパッヘルベルのカノンが使われていて
音楽は世界中どこでも共通なのだと
再認識しました

サムエル死なせなくてもいいのに
誰も殺さないでほしい

でもそれがないと暴動も起こらず
薄っぺらい作品になってしまったでしょうか・・・


満足に楽器が弾けない人を指導する

その傍ら大きな楽団のオーディションを受ける

「オケ老人」思い出します
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーバー・フェンス | トップ | キングコング 髑髏島の巨神... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レンタル・テレビ」カテゴリの最新記事