おばちゃんの映画と本の備忘録 

いつ何を読み
何を観たかの記録
+雑記


花戦さ

2017-06-10 17:06:21 | 映画 2017年
時は戦国
京の中心・六角堂に
池坊専好(野村萬斎)という花僧がおりました

出世も名誉も興味なし
何よりも花を愛する“けったいな”この男
人々の幸せと世の安寧を祈って、花をいける日々を送っておりました

花戦さHP

豊臣秀吉の暴君に対して花を生けることで
意見を言った専好の物語

印象に残った点

この時代
生け花はお寺でお坊様が教えていたこと

千利休が切腹したわけ

すぐ告げ口する石田三成

本人がそばにいるのも知らず
秀吉のことを猿と悪口言ってたら
後に処刑されてしまった
子供まで・・・

どこかの独裁者を思い出してしまう
怖!!

キャラクター

似合わない坊主頭でおどけて見せる専好役
野村萬斎さん
記憶力が悪くて
少しおつむが足りない人かと思えば
秀吉に毅然と立ち向かう正義感

秀吉の暴君に耐える千利休の
苦悩を表現する佐藤浩市さん

そして本心は利休に謝ってほしいのに
反対に自害され
自らの過ちに気づくまでの秀吉を演ずるは
市川猿之助さん

石田三成(吉田栄作)のしたたかさ

前田利家(佐々木蔵之介)の人の好さ

ストーリーもいいけど
素晴らしい役者の方々の演技を楽しめたって感じでしょうか

エンドロールには
池坊家の幹部のお名前がズラリ

お茶の方は
表千家
裏千家
武者小路千家の三千家

これも印象的
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いまさら翼といわれても  米... | トップ | 草花たちの静かな誓い  宮本輝 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 2017年」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
花戦さ  監督/篠原 哲雄  (西京極 紫の館)
【出演】  野村 萬斎  佐藤 浩市  市川 猿之助  森川 葵 【ストーリー】 戦国時代の京都。花を生けることで世の平穏を祈る「池坊」と呼ばれる僧侶の中でも、専好は名手とうたわ......