おばちゃんの映画と本の備忘録 

いつ何を読み
何を観たかの記録
+雑記


パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

2017-07-14 19:18:25 | 映画 2017年
登場人物

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)

船を亡くし無一文になってしまった伝説の海賊

銀行の開業式で
金庫を開けたら
泥酔している状態でジャック登場


ヘンリー・ターナー(ブレントン・スウェイツ)

ジャックの元相棒ウィル・ターナーの息子
10年に一度しか陸に上がることができない父の呪いを
解くためにはジャックの力が必要
「ポセイドンの槍」をみつけるため
奔走する


過去に観た映画では
マレフィセントのフィリップ王子役
キング・オブ・エジプトのコソ泥の青年ベック役


カリーナ・スミス(カヤ・スコデラリオ)

聡明な天文学者

「ポセイドンの槍」を見つける秘密が隠されている
ガリレオの日記を持つ
それは幼い頃に生き別れた父親が残した日記だった
彼女の天文学の知識を駆使して
謎を解いていく

ヘンリーとは恋仲になるのだが
どう見てもヘンリー役より年上だよなあ
それもかなり・・・
とか思って
帰ってから調べたら
ブレントン・スウェイツ1989年生まれ
カヤ・スコデラリオ1992年生まれでした

髪形や服装のせい?

下着姿になって
船から海に飛び込んで泳ぎだすんだけど
陸に上がったら
いつのまにか別の服を着てませんでした?

サラザール(ハビエル・バルデム)

かつては海賊絶滅に力を注ぎ
「海の処刑人」として名を馳せた人間の将校だったが
ジャックにハメられ
海の地獄“魔の三角海域”に長年幽閉されてきた
その呪いから解き放たれた今
凶暴な死者の軍団を引き連れ
ジャックへの復讐に燃える

キャプテン・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)

ジャックのライバル海賊
落ちぶれたジャックとは逆に
船内は金銀財宝に溢れ
優雅な暮らしをしている

更に宝を増やすため
「ポセイドンの槍」を手に入れようとする

他にも
ジャックのおじさん役が
ポール・マッカートニーだって?
まったくわからずがっかり

MY見どころアクション

金庫の金を盗もうとしたのか
銀行の建物ごと引きずり逃亡するシーン

ボトルに詰められたブラック・パール号が
元に戻って海に放されるシーン

サメの亡霊と戦うシーン

サラザールとの戦いのシーン
さらっと書いたけど
ここがすごい!!


そして
予告にもあるように
ラストに用意された予想外の感動ドラマに
胸が熱くなりました

そしてそして
長いエンドロール中
いつもは退席する鬱陶しい人は
なんと一人もいなくて
皆さんわかってらっしゃるのか?
最後の海賊と言いながら
しっかり続きが・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忍びの国 | トップ | どこかでベートーヴェン 中... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 2017年」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(吹替版) 監督/ヨアヒム・ローニング&エス...... (西京極 紫の館)
【出演】  ジョニー・デップ   (ジャック/声:平田広明)  ブレントン・スウェイツ(ヘンリー/声:中川大志)  カヤ・スコデラリオ  (カリーナ/声:栗山千明)  ジェフ......
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (本と映画、ときどき日常)
監督 ヨアヒム・ローニング     エスペン・サンドベソ 出演 ジョニー・デップ     ブレントン・スウェイツ     カヤ・スコデラーリオ シリーズ第5弾。 父ウィル・......