おばちゃんの映画と本の備忘録 

いつ何を読み
何を観たかの記録
+雑記


ゲド戦記

2018-01-28 09:48:43 | レンタル・テレビ
多島海世界のアースシー

いろんな異変が起こり始めたので
大賢人ハイタカ(ゲド)が
世界のバランスを崩す原因を突き止めるための旅に出ていて
国を捨てた王子アレンと出会う

アレンは国王である父親を殺していた

そしてクモと名乗る魔法使いが
彼らを狙いハイタカに復讐しようとしていた

クモは
永遠の命を得るために
生死の境の扉を開いてしまったため
ハイタカから追放されていた

結局最後はクモをやっつけてしまうんだが

名前が二つあったり
顔に傷があったり

その理由がわからない

千と千尋の神隠し同様
竜がお好きで


見どころは
吹き替えの方々

アレンが岡田准一さん
ハイタカが菅原文太さん
クモが田中裕子さん
クモの子分のウサギが香川照之さん

ほかにも風吹ジュンさん 倍賞美津子さん
内藤剛志さん 小林薫さんなど
錚々たる役者さんたち

その中で
ヒロイン テルーの声が手島葵さん
吹き替えは初々しいが
挿入歌も歌っていてこれがすごくいい
YouTubeでずっと聞いていたい!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハリー・ポッター 死の秘宝 1~2

2018-01-17 13:06:15 | レンタル・テレビ
何回かレンタルショップに通って
ようやく借りられた

ハリー・ポッターシリーズの最後の話

死の秘宝1が146分
2が130分

やっと見終わったと
ホッとしたら
撮影秘話なるものが2時間ちょっと?
疲れてすぐには見る気にならず


ストーリーは長々書くのはやめておく

ヴォルデモートとの最後の戦いの話である

だがよく理解できない箇所多々あり

死の秘宝は3つ

ニワトコの杖
蘇りの石
透明マント

それだけ見つければ
敵を倒せるのかと思いきや
いつの間にか
剣やら分霊箱やら髪飾り
探す対象増えてたり
どうしてだっけ?

わかったようなわからないような?

死んだふりをしていたハリー
捕らえられていたハグリット

why?

ネタバレや解説見ながら鑑賞してこれだよ

映画館で観たら一度で理解できるんかい?

もう理由わかんなくてもいいかも
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハリー・ポッターと謎のプリンス

2017-11-21 12:33:05 | レンタル・テレビ
ハリー・ポッターシリーズの6作目

原作だと分厚い本で2冊
映画だと約2時間半
それがテレビだとCM入れて2時間24分

どれだけ省略されてるのか?

案の定
CM開け
訳の分からない動物が突然死んでいた
ここカットされた感じ

やはり映画は映画館がいい

録画して観ると
戻して観られるのは長所だけど・・・

あらすじは

ホグワーツ魔法魔術学校の6年生になったハリーが
この先彼との戦いに勝つため
ヴォルデモートの過去と弱点を調べたり
ダンブルドアに魔法の個別指導を受けるという話

そして
ライバルのドラコ・マルフォイが
死喰い人の仲間になってしまう
(という表現でいいのかな)

壁にリンゴ入れて
また開けたらそれがなくなってて
また開けたら誰かが食べた後があるリンゴがあった

その次は小鳥
最後には死んでた(もしくは意識失くしてたか)

寮の中か学校の中に(その区別すらつかない)
死喰い人が侵入したということを見せたい?

この話ではとうとう
校長のダンブルドアが倒されてしまう

ダーク・ファンタジーですなぁ


ハリーが特別な存在か、しらんが
贔屓されてる感じも好かないし
緊張の緩和みたいに
恋愛話いれてくるけど
名前が覚えられないので
訳が分からなくなる

というわけで
好みではないが
やはり最後が気になる
「死の秘宝」は放送しないのか?




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

2017-11-20 13:22:01 | レンタル・テレビ
シリーズ5作目

夏休み中
人間界に戻ってきていて
吸魂鬼に襲われ魔法を使って追い払う

未成年の魔法使いは、自衛以外の魔法の使用を禁じられているとして
魔法省で尋問される

自衛に使ったことが証明され無罪放免となる

ハリーはホグワーツ魔法魔術学校の5年生になった

その時の尋問官の一人
ドローレンス・アンブリッジが
ホグワーツに赴任してくる

魔法省は
ハリーが唱えるヴォルデモート復活を信じず
アンブリッジを校長にして
ダンブルドアを追い出す

魔法省と戦いながら
襲って来るヴォルデモートの恐怖とも戦う

毎回新しい生き物が登場

この話では
巨人やケンタウロスなど

原作とは違うところが多く
理解できないところもたくさんあった

予言を狙う目的といつから狙うことになったのか
ハリーの予言を奪って何をするのか

あんなに壊されちゃって
どんな影響があるのか
魔法で元に戻せる?

ハグリッドの行動
巨人たちに協力してもらおうとした

弟分の巨人は異父兄弟らしいのだが
ハグリッドの父は魔法使いで母は半巨人ということらしい

相変わらず
名前が覚えられず
名前が出てくるたび
画像検索しながら観る始末・・・

原作では
ハリーは
4作で死んじゃったセドリックの恋人のチョウ・チャンと
付き合うことになったみたいだけど
映画ではキスだけしてその後がない!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

2017-11-19 12:11:45 | レンタル・テレビ
ハリー・ポッターシリーズの第4作

ハリーはホグワーツ魔法魔術学校の4年生になった

三大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)

ホグワーツのほか
ダームストラング専門学校
ボーバトン魔法アカデミー
の3校

代表選手は各校の17歳以上の生徒から
一人ずつ選ばれる

立候補する生徒が
「炎のゴブレット」の中に名前を書いた紙を入れると
代表選手のみがゴブレットから出るという仕組み

それぞれ3人が選ばれたが
炎が消えない

なんと4人目に
立候補もしていないのに
17歳にもなっていないハリーが選ばれてしまう

その理由は後で明らかになる

ハリーも含め
4人で3つの課題を競い合って
優勝者が決まる

ポリジュース薬(変身薬)で他人になれたり
真実薬で白状させられたり

あったらいいなという物が
いろいろ出てくる

ん?
本当にあったらいいか?
周りが信用できなくなるかも


この話で宿敵ヴァルデモートが復活してしまう

子供向けファンタジーということなのに
死者が出てしまう
それも善人が・・・

アメリカではこの話が13歳未満注意だって
納得

原作と違って
妖精ウィンキーが出てこない

クラウチの屋敷の召使が彼だと思ったら
違った

その話はまるごとカットされていた

魔法学校3校でダンスパーティーがあるのだが
ハーマイオニー役のエマ・ワトソンがドレスを着て登場
このころから
すでに「美女と野獣」にふさわしい
美しさが溢れていた

相変わらず
登場人物の名前が覚えられず
またストーリーもなかなか理解できず
ネットの解説を見ながらの鑑賞
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

2017-11-18 17:28:58 | レンタル・テレビ
本も読んでない
映画も観ていない

テレビで放送したのを録画して
今日ようやく観終わった

こんなにおもしろかったのかと
驚き

実は家には本が全シリーズ揃っているのである・・・

ネットであらすじと登場人物を調べながらの鑑賞
これは在宅ならでは!!

ホグワーツ魔法魔術学校の3年生になったハリー・ポッター

アズガバンを脱獄したシリウス・ブラックが
自分の命を狙っていると知ったハリー

ブラックはヴォルデモートの部下で
ハリーの両親を裏切って
そのために両親は死んだとされていた

そして後に
ブラックは父の親友だったこと
ハリーの名付け親だったことを知る
そんなブラックの裏切り・・・


相変わらずの伯母の家での虐待

ハーマイオニーの賢さ

いろんなところに使われる魔法を見ていると
本当にこんなことができたらなと思う

一番は辞職する先生が
引越しの荷物を魔法で
パタパタと片づけていくところ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワーキング・ホリデー

2017-05-20 10:17:53 | レンタル・テレビ
前回読んだ「ホリデー・イン」のシリーズもの
「ワーキング・ホリデー」の映画

その原作は今読んでいる所!!

ホストをやっている大和(AKIRA)の所へ
息子だと名乗る小学5年生の進(林遼威)が
訪ねてくる

家の中で
偶然見つけた父親の情報を元に
母親に内緒で
春休みを利用してやってきたのだ

お調子者でだらしなく気の荒い大和と
賢くて母子家庭で育ったため
家事を完ぺきにこなす進との
同居生活が始まった


ホストの同僚で仲がいいのは雪夜(綾野剛)
時々遊びに来る

ホストクラブのオーナー
ジャスミン(ガリ)は
親子の生活を考えてか
進に昼間の仕事を紹介する


宅配会社で働き始めた大和
会社の社長役はほんこんさん

今問題になっている
宅配業界の大変さがわかる

ちょい役で
荷物を届けた家の夫婦
夫役はキングコング西野さん
妻役は忽那汐里さん

仕事に進が同行したら
いろいろ助けられた
ヤマトは地図が苦手だったし
一般常識に欠けているところもあるので


進は母の由希子(ちすん)に置き手紙をしてきたのに
ヤマトの所へ
連れ戻しに来ない

どうしてか?

二人が分かれた理由を話し出す大和
由希子は黙って去っていったと・・・

次第に大和と進の絆が深まっていった

と思われたが
言い争いになり
大和は家を出て
夜遅くなっても帰らない
心配する大和

必死で探す大和

進が見つかった所へ
ジャスミンが由希子を連れてくる
進は疲れ切って寝てしまっていた

進の近況を話し出す由希子
片親ということで
周りから孤立し学校も休みがちだと・・・

大和に似ないように頑張って育ててきたけど
進は父親である大和を必要としてたんだと

春休みも終わりに近づき
別れの時が来る


進の気持ち
普通
父親は子供にいろんなことを
教えてくれる
僕は何を教わったんだろう
まあいいや

あんなお父さんに負けていられないと
元気に登校していく進であった

反面教師ということね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストリート・オーケストラ

2017-03-30 05:28:26 | レンタル・テレビ
舞台はブラジル

バイオリニストのラエルチ(ラザロ・ハーモス)

小さい頃から神童と言われ

家族からも期待されて

サンパウロ交響楽団のオーディションを受けるが
緊張して手が震え演奏できずに落ちてしまう

家族に仕送りもできず
家賃も滞納するほどお金に困ったラエルチは
スラム街の学校で
バイオリンを教える仕事を引き受ける

しかしそこは屋根もない教室
生徒たちはやる気もなく
楽譜も読めない 楽器の持ち方もわからない

帰り道
二人組のギャングに銃を突きつけられて脅され
バイオリンを弾いてみろと言われる

ラエルチは素晴らしい演奏をして感動させ
その場を逃れた

その噂はあっという間に子供たちにも広まり
恐ろしいギャングを黙らせた音楽の力に驚き
そのおかげで練習にも熱が入るようになる

めきめきと上達する子供たち

しかし校長から
次の演奏会で最高の演奏ができなければ
学校は存続できないかもしれないと言われる

ラエルチは土曜日も特訓しようとするが
子供たちはいろいろな家庭の事情を抱えていた

子供の一人VRが関わっているギャングの親分から
パーティーで演奏してくれと言われる
そのための猛練習
VRの借金を減らすためだった

そんな中
サムエルは州交響楽団のパート首席奏者の
オーディションを受けることになり
もし受かったらあまり練習には来られないと
生徒の一人サムエルに話すと
見放すのかと言われる

直後
VRが後ろにサムエルを乗せてバイクを運転
走っている時
警察の取り締まりに引っかかる
逃走するVR
追いかけるパトカー

サムエルは止まるように言うが
盗難車なんだとそのまま逃げていると
警察が発砲
サムエルに当たり
死んでしまう

無抵抗な子供を撃ったということで
住民が暴徒化

街は警察と住民のにらみ合いとなる

どうやって収まったのか?

ラエルチはオーディションに合格
しかし子供たちのことが気になって
練習に身が入らない

子供たちは予定していた演奏会を
サムエル追悼の演奏会にしようとしていた

ラエルチは
やっぱり子供たちを見捨てることができず
指導しに来てしまう

演奏会は大成功

そして交響楽団の演奏会でも
ラエルチは見事な演奏をする

客席には子供たちが
カードで22枚のチケットを買って・・・

さんざん悪いことしてきたVRのカード
これって本物か不安になる

エピソードの中から気になったものを
いくつか

主役のラエルチ演ずる大物俳優ラザロ・ハーモスは
自分もスラム街出身だったそうで
本当はラエルチの友人役だったのに
自ら希望してやらせてもらったそうな

スラム街の本当の姿を描くため
子供たちはサムエル以外は
演技経験のない子供たちが
オーディションで選ばれた

人々が暴動を起こすシーンは
数年前に実際に起きた
警察と住民の争いをもとに描かれていて
その時のエリオポリスの住民は
トラウマが残っているので
エキストラはエリオポリスから連れて行った

そのシーンが始まると
撮影していることを忘れて本気で警官役に
向かっていった

作中
練習曲に私の大好きなパッヘルベルのカノンが使われていて
音楽は世界中どこでも共通なのだと
再認識しました

サムエル死なせなくてもいいのに
誰も殺さないでほしい

でもそれがないと暴動も起こらず
薄っぺらい作品になってしまったでしょうか・・・


満足に楽器が弾けない人を指導する

その傍ら大きな楽団のオーディションを受ける

「オケ老人」思い出します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーバー・フェンス

2017-03-29 06:07:30 | レンタル・テレビ
原作 

佐藤泰志

彼は芥川賞候補に5度もノミネートされながら
1990年10月に41歳という若さで自殺している

映画の方

第8回 TAMA映画祭
最優秀作品賞 
最優秀男優賞 オダギリジョー
最優秀女優賞 蒼井優
 
3冠達成!!

ストーリー

白岩義男(オダギリジョー)

東京でゼネコンに勤務していて
家庭生活をおろそかにしたため
妻はノイローゼみたいになり
子供を殺そうとしていた
そして妻は子供を連れて出て行ってしまった
義父からは絶縁を言い渡される

その直後 仕事を辞め
実家のある函館へ戻る

親とは仲が良くないのか
実家には顔を出さず
失業保険をもらいながら
職業訓練校に通っている

そこでは大工の仕事の訓練を受けている

どこでもこんな?
同じ作業服着て帽子かぶって
一瞬刑務所か?と思ってしまった

大工の仕事をやりたいというわけではなく
訓練校に通えば
失業保険の受給期間が延長になるから

なんの楽しみもなく
ただ働いて死ぬだけ
そんな人生

もう感情もなくなっている感じ

訓練校の同期代島(松田翔太)に誘われて
キャバクラへ

代島はキャバクラを経営しようと計画中
白岩を仲間に入れようとしている

そこで出会ったホステス
聡 さとし(蒼井優)

白岩が女性なのに聡?と驚くと
「名前で苦労したけど 親のこと悪く言わないで
頭悪いだけだから」という聡

ちょっと失礼かも
知り合いに女性でサトシさんがいる
聡ではなくサトシ
おばあちゃんですけど・・・

聡は愛情に飢えているのか?
変わりたいとは言っていた
いろんな奇妙な行動にドン引き

キャバクラの客が
妻子に冷たいと言って
怒り出すし
その怒り方も
鳥の求愛はこうだとか言って
所かまわず路上でもその鳥の真似をして見せる奇妙さ

体を洗うのが
台所
これやらないと体が腐る気がしてとか言って

白岩と聡
 
関係を持ってから
白岩の過去のことを聞き出し
怒り出す聡

なんでまだ結婚指輪してんのよとか
奥さんを殴ったんでしょとか

深夜に自宅で大声で罵倒する


この映画に登場する人物は
みんな変わりたいと思っている

職業訓練校に通う人々も・・・


そして訓練校で行われたソフトボール大会

白岩はホームランを打つ
フェンスオーバーのやつを

自分の壁を越えた瞬間?

それを見て喜ぶ聡・・・

他に印象に残った人物を一部だけ記載

白岩の元妻(優香)
久しぶりに会ったら
すごく明るくなっていた
白岩のことを普通になったねって

訓練校同期の森(満島真之介)
訓練になかなかついて行けず
みんなとも打ち解けず
セリフらしいセリフもなく
途中で訓練校をやめてしまう

年金をもらいながら通っている人
勝間田(鈴木常吉)
自分で家を建てたいからだって
それもあり?

それぞれの心の闇は深いような気がして
ぜひ原作読んでみたくなりました

前回の「函館珈琲」に続き
舞台は函館

坂が多い街
どちらも季節は夏

それからタバコを吸うシーンが多すぎ

訓練校でも
キャバクラでも
自宅でも

今もこんなに吸う人いるのか?

たしかに球場の喫煙室は
いつもいっぱい

自分の周りにいないだけかも
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フラワーショウ!

2017-03-27 05:30:02 | レンタル・テレビ
ランドスケープデザイナー
メアリー・レイノルズの実話

ランドスケープデザイナーとは
公園 家の外観 ビルの外構
広場 庭園など
環境デザインとか景観設計と呼ばれる
様々な屋外空間をデザインする人たちのこと



チェルシー・フラワーショー

エリザベス女王が総裁を務める
英国王立園芸協会主催

世界最古にして最高峰の豪華絢爛たる舞台


アイルランドの田舎で育ったメアリー

人と自然の共存
自然を生かした庭

自分がデザインした庭で世界を変えたい

そんな夢を持って
メアリーは売れっ子ガーデンデザイナーの
シャーロットのアシスタントになる

しかしシャーロットは
メアリーがデザインしたものを
自分の作品として売った上に
これまで描きためてきたメアリーの
デザインノートを盗み
メアリーをクビにしてしまった

失意の中
なんとかチェルシー・フラワー・ショーに
応募しようとするが
無名のメアリーは応募用紙すら
手に入れることができない

その主催者の秘書に電話している時
彼女がアレルギー性鼻炎だとわかり
それに効くハーブを送ったことから
彼女の好意で無事応募できた

お金がなく電話代が払えないので止められた時も

ショーの主催者に電話するため近くのお店で
使わせてほしいと頼んだとき
お店のおじさん
国際電話だと言ったのに
無言で使わせてくれた

デザインが盗まれたと言った時も
デザインはメアリーの頭の中にあると
励ましてくれた友人

そんな人々の助けがあって
審査に合格
ショーに参加できることになった

スタッフと資金集め

ここからがダラダラと長い

スタッフの一人として協力してもらいたい男
イケメンの植物学者クリスティ

彼はエチオピアで砂漠に緑を増やす活動をしていた

メアリーも現地へ行き
活動に協力しながら
なんとかクリスティをスタッフにしようとする

ウンと言わないクリスティ

二人のラブも近づきそうで近づかない
キスするんじゃないか
みたいなシーンでもさっと離れてしまう

じらしてじらして

地元の祈りだか踊りだかを
みんなで踊っている時
突然二人の心が結ばれるんだ

なんで?

君にアフリカの可能性を見せたい
とか言って
人生のゆりかごだとか言って
自然の壮大さを見せる

アフリカの緑化にかかる費用は
戦争にかかる費用よりずっと少ないって

メアリーは立ち上がり
雄たけびをあげ
木が戻って来たと言って
家に帰っていく

エチオピアで自信をもらったと・・・

ラジオで自分の活動を話したことから
スポンサーがついた
ホスピス
限られた命というメッセージ
誰かは最後まで語られていない

無事資金もでき
当然の成り行きで
クリスティも協力してくれることになる

ショーの準備で
塩素をスプーン2杯入れるところ
ボトル2本入れるミス

シャーロットもショーに参加していて
邪魔するんじゃないかと
ハラハラしていたが
メアリーの作品を見て
盗んだデザインノートを返してくる

しかし
ショーの審査って夜にやるもんなのか?
全然美しさとか見えないよ

審査結果発表の前夜
クリスティとメアリーは
ベットで愛し合って
次の日寝坊

メアリーが金メダルだと発表されたとき
遅れてくるんだ
なんというおまぬけ

ショーが主催の
お祝いのパーティみたいなのに
金メダルを取っているのに
リストに名前がないという理由で
入れないなど
トラブルばかり

メアリーの好きな植物はサンザシ
花言葉は希望

ショーの庭にもサンザシが使われているんだが
その作品の全体像が見えない
それを作る工夫が観てる側に伝わらない

エチオピアシーンが長くて
そこがそんなに必要かという感想

あとがき観ると
二人は友人のままで終わるらしい

「フラワーショウ!」という題名にも疑問が・・・

原題はDARE TO BE WILD

あえて野生であれとか
野生に挑戦とかいう意味みたい

まったく意味が違う

だからと言って
いい案は浮かばないけれど
コメント
この記事をはてなブックマークに追加