ニセコ移住を夢見て

ニセコに魅せられて移住を決意した夫婦のアクセクストーリー

イチゴの防護

2017年06月17日 20時39分00秒 | 田舎暮らし
イチゴの実もだんだん大きくなってきました。
赤くて甘いイチゴは毎年必ずカラス、アライグマ、タヌキに狙われます。

大きいものは3cmくらいになってほんのり赤みが差し始めています。

“ヤツ”はもうやって来ていました。
まだ青いのに2粒ほど食べられていました。

ネットで覆い、裾をレンガや木材でガッチリ固定します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 赤いルバーブ | トップ | 電気柵の製作(1) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いちごが‥ (エフ)
2017-06-18 21:34:51
せっかく育てたいちごが‥
アライグマかタヌキでしょうか?

我が家にも、少しだけいちごを植えています。
今日、見ると、少し色づき始めたいちごもありました。
カラスはよく見かけるので、早く何とかしなければいけませんね
エフさん こんにちは (ニセコヨーテ)
2017-06-19 16:47:21
イチゴは生で良し、ジャムにして長期保存もできるので毎年楽しみにしています。
植え始めた頃はカラスに狙われて、それ以降ネットで防御しています。
そのうちに「四つ足」に狙われるようになり、ネットも押しのけて食べられた事も。犯人は特定できていませんが、たぶん狸かアライグマだと思います。
エフさんのところも十分ご注意を!!

コメントを投稿

田舎暮らし」カテゴリの最新記事