存在としての断章

真の自己と覚醒を求めて幾星霜、
その求道から解放された前後あたりからの日常の断章。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

踊る

2016-12-28 00:05:04 | 開悟後・断章日記 (2012~)
心を閉じて
自分以外に何も認めないのも良い
心を開いて
自分以外の魅惑に溺れるのも良い
魂の中のオーガズムのスイッチを
独りきり自分で押すか
弄られて開いて人様に委ねるか
どちらにせよ気が狂いそうになるだけのこと
狂ってしまえばどちらでも変わりはしない
感覚の中で生きる
神経が灼き切れそうだ
心臓を止めろ
呼吸を棄てろ

踊るんだ
落下は飛翔だと思いしれ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『空っぽの勝利者』  | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。