日本の朝

日本の食にかかわる話題や風景、そしてトランプ大統領へのメールやホワイトハウスからのメール情報などを発信します

【安心して暮らせる国にするために】職業選択の自由ですけど、違法行為をしないように・・女子高生の「なりたい職業ランキング」で、キャバクラ嬢がトップ10入りするようになって久しい。

2017-07-18 06:26:26 | コーヒータイム


【安心して暮らせる国にするために】職業選択の自由ですけど、違法行為をしないように・・女子高生の「なりたい職業ランキング」で、キャバクラ嬢がトップ10入りするようになって久しい。キャバクラ、クラブ、ガールズバー、ラウンジの違い


女子高生の「なりたい職業ランキング」で、キャバクラ嬢がトップ10入りするようになって久しい。
きらびやかな世界、高収入と、今や「夜の仕事」は女の子の憧れとなっている。

だが実のところ、その仕事の中身は知らないことばかり。
キャバクラとクラブは何が違うのか。近年流行するラウンジとは何か。ガールズバーは単なるバーなのか…。

まず法律の観点から夜の仕事を見ると、「接待行為」の有無に行き着く。行政書士の前場亮氏の話。

「隣に座ってお酒を作って談笑する、カラオケでデュエットする。
これらは接待行為と位置づけられ、該当する行為を提供する店は、
『風俗営業許可1号』を取得しなければいけません。
キャバクラやクラブはこの風営1号を取っている店のことをいい、両者に法律上の違いはありません」

風営1号を取ると接待行為が許可されるが、営業時間が深夜1時までに規制される。

「給与体系は、時給の子もいるし、シートバックの子もいます。
1回男性の席につくと2000円、指名が入れば1万円といった具合で、
そこにドリンクバックが加わる。一日に5~6席回れば3万円ほどにはなります」(あるラウンジのマネジャー)

http://news.livedoor.com/article/image_detail/13348685/?img_id=13336965

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!
憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
日本を法の下で統治、基本的人権の尊重、国際法を遵守する国にしましょう
http://oyazimirai.hatenablog.com/entry/2017/04/14/160627
FB「安心して暮らせる国を皆で作ろう会
https://www.facebook.com/groups/1646117169026947/?notif_t=added_to_group_reminder¬if_id=1487670196126273

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【黙秘権】【神戸5人殺傷】... | トップ | 【国民の生活を守る憲法25... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL