日本の朝

日本の食にかかわる話題や風景、そしてトランプ大統領へのメールやホワイトハウスからのメール情報などを発信します

【今日のトンネル】『やや日韓カルトトンネル』 統一教会の進める日韓トンネルは“ハリボテ?”、 現地視察の全国弁連弁護士に独占インタビュー! 本紙は『やや日韓カルトトンネル』と命名

2017-06-17 06:10:26 | 旅・風景

【今日のトンネル】『やや日韓カルトトンネル』
統一教会の進める日韓トンネルは“ハリボテ?”、
現地視察の全国弁連弁護士に独占インタビュー!
本紙は『やや日韓カルトトンネル』と命名


統一教会の内部機関である国際ハイウェイ財団が前身の“国際ハイウェイ建設事業団”
“日韓トンネル研究会”時代から30年以上に渡って推し進めてきた日韓海底トンネル構想。

佐賀県から対馬~韓国南部を海底トンネルで結ぶというこの荒唐無稽なプロジェクトに関しては、
趣旨に賛同する政治家が日韓海底トンネル推進議員連盟を結成、
に同プロジェクトが信者からの献金集めの手段として使われてきたという側面もあるなど、
様々な問題点が指摘されてきた。

統一教会サイドは昨年9月、トンネル構想の“重要中継地点”である対馬に於いて
「日韓海底トンネル調査斜坑起工式」を開催。順調な進展ぶりをアピールしていたが、
現地を視察した全国弁連の弁護士によって、その欺瞞性が明らかとなった。

全国弁連の弁護士が現地で目の当たりにした驚くべき実態とは?

『国際ハイウェイプロジェクト』は1981年に統一教会の故・文鮮明教祖が提唱、
以降『日韓トンネル建設摂理』として信者から多額の献金を集めてきた。
そして、その一部を使って関連する事業に数十億円が費やされてきたと言われている。
この手の“摂理献金”については、霊感商法や財産収奪目的の正体隠し勧誘の横行や
借金までして献金させられる信者の存在が指摘されるなど、度々問題となってきた。

統一教会は、日韓トンネル構想を周辺自治体や政治家に働きかけており、
現在に至るまで継続してロビー活動を行なっている。

http://dailycult.blogspot.jp/2015/02/blog-post.html

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
【風が吹けば桶屋が儲かる論法】日本の司法行政と政治家
http://oyazimirai.hatenablog.com/entry/2017/04/14/160627
トンネルの話題
https://www.facebook.com/groups/1061831530557301/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ラジオ好き】「辛坊治郎ズ... | トップ | 【ブラジルとの友好】ブラジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL