日本の朝

日本の朝に、食の話題、トンネルなど癒し写真、テレビやラジオの話題、そして社会の話題などを提供していきます。

【国民の生活を守る憲法25条】生きづらさを抱えている生徒が多い! 「死にたい」とつぶやいた18歳少女を救った母親の言動 押し付けずに待つ

2017-12-16 07:20:13 | コーヒータイム

【国民の生活を守る憲法25条】生きづらさを抱えている生徒が多い!
「死にたい」とつぶやいた18歳少女を救った母親の言動 押し付けずに待つ


「死にたい」とつぶやいた18歳少女と、その母親のエピソードを紹介している
母親は学校の先生のように「押し付け」たりはせず、ただ待っていたという
待ってくれるのは「信じてくれている」という信頼に繋がったと少女は語った

http://news.livedoor.com/article/image_detail/14031169/?img_id=15856819

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
第25条:すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

不法な拉致による人道上の犯罪を、知って下さい!
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

未来への懸け橋
http://www.miraico.jp/kakehasi/index.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【安心して暮らせる日本に】2... | トップ | 【障害者への理解を!】国は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コーヒータイム」カテゴリの最新記事