日本の朝

日本の食にかかわる話題や風景、そしてトランプ大統領へのメールやホワイトハウスからのメール情報などを発信します

【障害者への理解を!】発達障害の率直な告白ベルギー王室 皇后陛下が、ファビオラ元王妃の葬儀で訪れたベルギー王室。

2017-07-11 06:16:49 | コーヒータイム

【障害者への理解を!】発達障害の率直な告白ベルギー王室
皇后陛下が、ファビオラ元王妃の葬儀で訪れたベルギー王室。


フィリップ王とマティルド王妃の次男(第3子)が発達障害で特別療育を受けていることは国民は無論のこと、
世界中に率直に語られています。

左からエレオノール王女。手を繋いでいるのがガブリエル王子(11歳)
真ん中が将来のベルギー女王陛下、エリザベート王女(13歳)
エリザベート王女が手をつないでいるのが、エマニュエル王子(8歳)で、
この王子に発達障害があり、障害児専門療育を受けていらっしゃいます。

発達障害だからといって、むろんベルギー国民はそれを貶めないし
淡々と受け入れ見守っています。
世界も、ただ単なる事実として受け止めているだけで、そしる人は誰もいません。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/c17b4fa3ee27e175aca1694402f6265d

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!
【風が吹けば桶屋が儲かる論法】日本の司法行政と政治家
http://oyazimirai.hatenablog.com/entry/2017/04/14/160627
FB:障害者交流の部屋
https://www.facebook.com/groups/888234321212896/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【国民の生活を守る憲法25... | トップ | 【ラジオ好き】ラジオ名作劇... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コーヒータイム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL