日本の朝

日本の朝に、食の話題、トンネルなど癒し写真、テレビやラジオの話題、そして社会の話題などを提供していきます。

【 滋賀の受給者12人が集団訴訟】 滋賀の受給者33~83歳の受給者12人が集団訴訟! 生活保護費は3年間で平均6・5%削減されており、最低限度の生活を営めない。

2017-09-24 07:03:05 | コーヒータイム

【 滋賀の受給者12人が集団訴訟】
滋賀の受給者33~83歳の受給者12人が集団訴訟!
生活保護費は3年間で平均6・5%削減されており、最低限度の生活を営めない。


滋賀県の大津市、守山市の生活保護受給者12人が22日、両市に訴訟を起こした
生活保護費の引き下げは、憲法に定める生存権を侵害していると主張
原告の83歳男性は「食費を切り詰めて生活している」と訴えた
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
第25条:すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、
社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

生活保護費の引き下げは憲法に定める生存権を侵害しているとして、
滋賀県の大津市、守山市の受給者らが22日、両市を相手取り、引き下げ処分の取り消しと国に1人1万円の慰謝料を求める訴訟を大津地裁に起こした。

訴えを起こしたのは、両市に住む33~83歳の受給者12人。
訴状によると、生活保護費は3年間で平均6・5%削減されており、
憲法が保障する最低限度の生活を営めないとしている。

弁護団の永芳明事務局長は「国は『物価が下がっている』と引き下げ理由を説明するが、
計算方法が統計学上の初歩的なルールを逸脱しており恣意(しい)的だ」と指摘。
原告の男性(83)は「食費を切り詰めて生活している」と訴えた。

同地裁では平成26年10月にも、
大津市、草津市の男性受給者5人が両市と国に同様の訴訟を起こしており、
現在係争中。生活保護費の引き下げは25年から3段階に分けて実施されており、
各地で同様の集団訴訟が起こされている。

永芳明事務局長は「生活保護基準は保育料の算定など、
市民生活に広く関わる。受給していない方にも関心を持ってほしい」と話していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13651792/

自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!
憲法第31条:何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

国際刑事裁判所(ICC)に(司法関係者による人道上の犯罪)の申立てをしましたので、ご覧ください!
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【松方弘樹さんの元妻で女優... | トップ | 【障害者への理解を!】すべ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コーヒータイム」カテゴリの最新記事