日本の朝

日本の食にかかわる話題や風景、そしてトランプ大統領へのメールやホワイトハウスからのメール情報などを発信します

メディアへ共通配信:日本からニュースのヒント2件、 日本は、今、安倍首相が言い出した憲法9条の改正で、大議論です。 私は、G7の議論の方も気になります。2017年5月10日

2017-05-14 12:47:45 | 世界のメディアへの配信(日本語)

メディアへ共通配信:日本からニュースのヒント2件、
日本は、今、安倍首相が言い出した憲法9条の改正で、大議論です。
私は、G7の議論の方も気になります。2017年5月10日

 

§1.下記は、4月30日にトランプ大統領へ送信したメールです。

拝啓、私は日本人です。偉大な大統領を尊敬しています。
 5月26、27日、イタリアのシチリア島で主要国首脳会議が開かれますね。ロシアも中国もいませんので、アメリカ主導で会議をすすめてください。

1.北朝鮮の核・ミサイル開発問題については、日米だけでなく欧州も危機感を共有するように勧めてください。
2.自由貿易問題について、貿易不均衡は自由貿易の精神ではない。互いの国や国々が互いの利益を共有できる仕組みが必要だ。特定の国の巨額の赤字、黒字は、自由貿易を阻害するものだ!特にアメリカは、この点を主張して保護主義批判をかわしてください。
3.シリア問題は、シリア大統領に責任があるとして、シリア大統領の追放を主張してください。ロシアへの亡命が適当と思います。
4.移民・難民問題について、
移民については、合法的な移民については、国際法に基づき、各国が認定し、権利を与えるが、不法移民については、厳しい処分とすることを決議してください。
難民については、難民の発生を止めることが先決です。シリア難民については、シリア大統領を追放して、新しい大統領のもとで国造りを提唱してください。

5.日本については、 「市民的及び政治的権利に関する国際規約」に反した、合法的移民に対する処罰が続いています。法の下での統治、基本的人権の尊重、国際法の遵守が行われていないのです。
 少なくとも、 「市民的及び政治的権利に関する国際規約」に反した処罰が行われた場合は、
国民が「個人通報制度」で提訴できるように、緊急に「個人通報制度」の批准を行うように糾弾してください。
 私は、2010年「入管法違反幇助事件」日本政府から受けた、不法な扱いに対して、国連の人権高等弁務官事務所に、「個人通報制度」で告訴したいのですが、「個人通報制度」の批准をしていないのでできません。入管法違反幇助事件の支援をお願いします。提出書類は下記にあります。詳しくはこの資料を読んでください。http://www.miraico.jp/?????/
大統領に、幸多かれと祈る!
                                敬具、

§2.憲法改正議論は、今日、5月10日にフェイスブックに投稿した2件の記事です。

1.FB:穏健、中道派議論の部屋「青の党」への投稿
私はネ、憲法25条の生存権で自衛隊を認め、自衛隊法を改正し、25条により・・・と存在根拠を記載し、専守防衛を明確にすればいいと思うよ!
社民 又市幹事長 自衛隊の条文追加 時代錯誤と批判

社民 又市幹事長は「発議権は国会にあり、行政府の長が改憲の中身まで言うのは行きすぎだ。誰よりも、憲法擁護義務を負っている人が、中身に触れるのは越権だ」と批判しました。
社民党の又市幹事長は記者会見で、安倍総理大臣が憲法の改正項目として、9条への自衛隊に関する条文の追加を例示したことについて、「戦争ができて一人前の国だ」という時代錯誤の認識に基づくもので、認められないという考えを示しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170509/k10010974841000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_003

 

2.FB:生粋の日本人会 への投稿
あんたも惚けたことを言うねえ!
国会の憲法審査会に擁護する国会議員がいるのが不自然だろう!
民進 山井氏 首相の改憲発言は憲法審の議論の妨げに

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、
この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
・・・
民進党の山井国会対策委員長は、記者会見で、安倍総理大臣が憲法を改正して2020年の施行を目指す意向を明らかにしたことについて、国会の憲法審査会の議論の妨げになると指摘するとともに、
安倍総理大臣に国会で十分に説明するよう求めました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170509/k10010974671000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_007

以上

長野恭博

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メディアへ共通配信:日本か... | トップ | メディアへ共通配信:日本か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL