日本の朝

日本の食にかかわる話題や風景、そしてトランプ大統領へのメールやホワイトハウスからのメール情報などを発信します

【憲法九条改憲反対】治安維持法:治安維持法の下、1925年(大正14年)から1945年(昭和20年)の間に、 70,000人以上が逮捕され、その10パーセントだけが起訴された。

2017-07-01 06:07:06 | 日本の夜明け

【憲法九条改憲反対】治安維持法:治安維持法の下、1925年(大正14年)から1945年(昭和20年)の間に、
70,000人以上が逮捕され、その10パーセントだけが起訴された。
日本本土での検挙者は約7万人、


当時の植民地の朝鮮半島では民族の独立運動の弾圧に用い、2万3千人以上が検挙された。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説
1925年4月公布。「国体(国家の体制)」の変革と
私有財産制度の否認を目的とする結社を組織したり、参加したりすることを取り締まることを定めた。
28年にはある行為が結社の目的遂行のためになっていると当局が見なせば、
本人の意図に関わらず検挙できる「目的遂行罪」が加わった。
逮捕者は数十万人、7万人以上が送検され、刑務所や拘置所の獄死者は400人余に上ったとされる。
「蟹工船」で知られる作家、小林多喜二も逮捕され、拷問死した。
1945年に廃止された。

ウィキペディア
治安維持法(ちあんいじほう、昭和16年(1941年)3月10日法律第54号)は、
国体(皇室)や私有財産制を否定する運動を取り締まることを目的として制定された日本の法律。
当初は、1925年に大正14年4月22日法律第46号として制定され、1941年に全部改正された。
とくに共産主義革命運動の激化を懸念したものといわれているが、やがて宗教団体や、
右翼活動、自由主義等、政府批判はすべて弾圧・粛清の対象となっていった。

https://kotobank.jp/word/%E6%B2%BB%E5%AE%89%E7%B6%AD%E6%8C%81%E6%B3%95-95574

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%BB%E5%AE%89%E7%B6%AD%E6%8C%81%E6%B3%95

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!
憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
【風が吹けば桶屋が儲かる論法】日本の司法行政と政治家
http://oyazimirai.hatenablog.com/entry/2017/04/14/160627
FB:FB憲法九条の会
https://www.facebook.com/groups/kenpo9/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  【安心して暮らせる国にする... | トップ | 【国民の生活を守る憲法25... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本の夜明け」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL