日本の朝

日本の朝に、食の話題、トンネルなど癒し写真、テレビやラジオの話題、そして社会の話題などを提供していきます。

【障害者への理解を!】障害者の「日本の常識は、世界の非常識」 (ファストフード・障害者手帳・公共交通機関編) 障害者もファストフード店に入れるか?・・・・・

2017-06-02 06:30:47 | コーヒータイム

【障害者への理解を!】障害者の「日本の常識は、世界の非常識」
(ファストフード・障害者手帳・公共交通機関編)
障害者もファストフード店に入れるか?・・・・・


ハンバーガーショップでは、狭いため「車椅子で店内を利用するのは、事実上無理」という店舗が珍しくありません。
1階は販売カウンターのみ、座席は2階以上にしかない店舗もあります。
階段を登れない人は店内での飲食ができません。
狭い店舗に数多くのお客さんを回転率高く迎えるための必然、ではあります。
しかし国によっては、障害者を事実上排除する店舗の存在が、法により許されていないことがあります。
米国の場合、どのようにコスト削減の努力を重ねる低価格帯の飲食店であろうとも、
スロープの設置・椅子を取り外すことの可能な席の設置・店内の車椅子でのアクセシビリティの確保が連邦法
(米国障害者法(ADA))によって義務付けられています。

https://news.yahoo.co.jp/byline/miwayoshiko/20150428-00045214/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!
【風が吹けば桶屋が儲かる論法】日本の司法行政と政治家
http://oyazimirai.hatenablog.com/entry/2017/04/14/160627
FB:障害者交流の部屋
https://www.facebook.com/groups/888234321212896/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【国民の生活を守る憲法25... | トップ | 【モーニング】酒飲みもOLも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コーヒータイム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL