The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

AKIYAMAさんの講義 上

2016-10-29 01:34:09 | 世界経済
 
 賛否の割れた秋山さんの大学の講義を紹介してみよう、
 「レポートを出せば 単位は上げます」

 これで学生が出て行き、残ったのは2~3人、しかし、教室には3~40人がいた、これっ、みんな外人部隊、「外人部隊」とは東京いや日本中から集まってきたメンバーで、タダで講義を聞く、これが、すごいのだ、百花繚乱か百鬼夜行か、
 1、マンガ家 
 2、芸術やマスコミの関係者 
 3、有名女子大出のマダーム  
 4、フリーのジャーナリスト  
 5、かつての財閥の御曹司たち
 6、マチのやり手のサイミン屋 
 7、軽いレベルの引きこもり・自閉症・登校拒否・・・  

 1・2は、今やっている作品・仕事のヒントやアイデアをキャッチしようとしていた、だから、それなりに真剣、学生とは迫力がちがう。

 3は津田女やお茶女、おもてなしの青山はランク外、4はナナメに座り、上から目線、息がつまった、5は数人来ていた、ちょっと前のエリートなんだが元気がない、女性は、ミョーに古ぼけたファッションだった。
 6はやり手で、問題の子供を扱い、かなりの金額をゲット、ここに来たのはユングの箱庭療法の解釈を深めるためらしい。
 7は、治りかけなんだろうがクラーイ・・・

 そうそう、心理療法の連中を忘れていた、教室は黒やピンクの怨念いや感情がウズを巻いて、行き場のないエトスでむんむんだ、教室のはじっこに座った、
 「ここなら 息ができる」

 大学は面白くなかったはずだ、授業料を払った学生ではなく、タダで講義を聞いていく連中ばかり、しかし、そんな非難はどこ吹く風、カエルのツラにナントカ、
 「ヨーロッパでは これはと思う先生についていくんですよ」
 「思想が立ち上がってくる時 それに参加する喜び これほどの幸福はありません」

 その頃、お茶大の講師もやっていたのだが、
 「地方に行くとこんな肩書きが 役に立つんです」
 「おどろく程のレベルなんですよ トーキョーだってたいしたことはない だが ニッポンの田舎はどうしようもない」
 そして、
 「人間の顔をしているのが フシギなくらいです」

 秋山ブシが、炸裂(さくれつ)している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« My green ageー3枚の絵ー 下 | トップ | AKIYAMAさんの講義 下 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。