The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

An undercurrent of the society of Korea・韓国社会の底流 中

2016-12-10 05:15:07 | 世界経済

South Korea is said to be managed by Confucianism , but I think that it might be constituted strongly with Taoism .
Of course , there are various types of Taoism , among them the most cruel one is the primitive Taoism .
It recommend to kill and perish small group , tribes and people easily .
Four thousand years ago , China was small country besides a big river . but now-a-days it becomes such big country , it depends on the primitive Taoism which had an aggressive theory .
It recommend to attack and occupy other's as possible as they can .


紀元前の2世紀、漢の7代皇帝・武帝(在位 BC141-BC87)が朝鮮半島を侵略し支配する、楽浪郡などは、その後4百年以上に渡って占拠された、この時、漢民族の民族宗教・原始道教によって、徹底的に洗脳されたのではあるまいか。

 黄河の中流域に成立した漢民族は、世界の中心にいるものは彼等一族であり、四囲の人々を人間扱いしない、これを殺しても「罪の意識を持たない」、ムシやケダモノ扱いである、あの空海や道元、この点については触れていない、千年の後に禍根を残した。

 大切なものは自分一族・宗族(そうぞく)であり、己の幸福と繁栄のためなら、ありとある手段を弄する、すなわち、
 1、だます  
 2、おどす  
 3、侵略し強奪する

 そこには、「真実と正義」に対する尊崇はない、
 「自分のものは 自分のもの  
  他人のものも 自分のもの 」
 さらに、
 「自分は 絶対に 正しい 
  間違っていても 正しい 」

 これの半島的展開こそが、あの国であり、あの国の混乱の根本的原因ではあるまいか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« An undercurrent of the soci... | トップ | An undercurrent of the soci... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。