The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

The doll and the quantum mechanicsー人形と量子力学ー 上

2016-10-12 04:06:45 | 世界経済

How is an episode of that doll understood by the quantum mechanics ?

There are 5 points of this episode,
1, I felt uneasy about it before arriving the old woman's home.
2, Her home were depressive and extraordinary. 
3, It was very strange the relation between a doll and an old woman.
4, I was so suprized that the doll came to my room.
5, A doll and the old woman's world were destroyed.

An achiexement of Jung psychologist worked as expected,
" There was a person who could handle such thing before. "
" Because every kind of reason is so good, decline.
" The old woman isn't a good person. "
A boundary fence seems to have ripped at the moment.

 最初に、電子は量子の代表である、原子よりも大きな世界では原因と結果の普通の世界が成立しているが、原子より小さな量子の次元では、この原因と結果の関係はない、原因が結果・結果が原因の「状態」が展開している、全く異なっているのだ。

 「胸騒ぎ」は、そういう場が、すでに成立していたからか。

 さて今回のエピソードは、量子力学ではどのように理解できるか、まず、5つのポイント、
 1、バスの中から胸騒ぎ   
 2、家がブキミな印象    
 3、人形と老女の関係   
 4、ヨコハマまで着いてきた  
 5、ユング心理学者の直観    

 空間的には、葉山・横浜・西早稲田であり、あるいは、あの時間帯、ここが「ひとつの場」になっていたのかもしれない、つまり、この物質的現実世界だけではなく、「もうひとつの世界」が成立していた。

 1は、バスの中から胸騒ぎ、
 2は、うららかな春の日差しの中で、なんとも不気味なたたずまい、
 3は、人形が老女で、老女が人形か、  
 4だが、これには困った、ついてきたのか、それとも「瞬間移動」か、バスに乗り電車を乗り換え人ごみを通り抜けてきた、それなのに、部屋の隅にうずくまっていた、
 「フホー(不法) カタク(家宅)侵入だぞー」
 「ケ・ケ・ケ」
 ピタリと貼りついてしまった。   

 そして5だが、たったヒトコトで理解する、
 「むかしは こういうことに対処できるヒトがいたんです」
 一瞬で、本質を見抜く、
 「どんな理由でもいいから ことわりなさい」
 「そのひと いいひとではないわよ」

 この声は、葉山の老女に届いたのかもしれない、人形がブルブルと震えている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« The doll of five dimensions... | トップ | The doll and the quantum me... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。