The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

WASPと IRISH 上

2017-03-13 06:29:21 | 世界経済
 
 グローバリズムで、マーケットを拡大し、巨額の利益を自分たちのグループに流れこむようにする、条例・法律・金融制度、綿密に構築された巧妙なシステムだ、その極みが「タックスヘイブン(租税回避地)」、しかし、国民の側には回らない、
 ヒラリーなら、このまま。
 トランプなら、変えてくれるかもしれない。

 ところで、辛辣(しんらつ)で適確(てっかく)な寸評があった、
 「WASP は 教会から天国へ行く  
  IRISH は 酒場から地獄に堕(お)ちる」

 アメリカの上流クラスを形成するアングロサクソン・プロテスタント、着飾って教会に集い、友情を確認する、一方、Catholicの Irish 、酒場で飲んだくれ、そんな金があったら子供のことを考えたらどうだ、
 「だんなは なんにもわかっちゃあいないんだ」
 「・・・」
 「子供のことを考えたら 飲まずにはいられないんだ」

 Irelandでの生活、教育・技術・職業の訓練がなかった、アメリカに来ても単純な肉体労働がせいぜい、だからニューヨークの港湾労働者、だが、南北戦争で解放された黒人たちが北上してきて、港湾の jobs の奪いあい、血で血を洗う闘争になった、エリア・カザンの「波止場」に詳しい、やがて、彼らの一部がニューヨーク市警や消防署に就職する、9・11では、ずいぶん亡くなっている。

 ところで、WASP の若者たちのデート、
 「だれもが納得する 優秀な若者と美しい女性から 順番に結婚していく」
 牧畜社会の伝統をもつ彼らには、優秀な子孫を残す文化が確立しているようだ。

 WASPのパーテイで、若い政治家がかいがいしく老婦人の世話をしている、やさしく手を取り席まで導く、嫌味(いやみ)がない、暗い義務感がない、少年のように明るく純真だ、彼の回りは楽しい空気に包まれる、すると長老が彼を手招きして、
 「次の大統領を お願いしますよ」

 かつては、こういう空気があった、この大統領はだれか、共和党だろう。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Contraption of America・ア... | トップ | WASPと IRISH 下 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。